本当にかかってしまう前に予防していきましょう

December 02 [Thu], 2010, 16:39
太っているおじさんがなるというイメージのある糖尿病は、確かに肥満であるとかかりやすい病気ではありますが、実際には見た目にはスリムな人であってもかかりますし、若年層にも見られるものです。
初期には大した自覚症状がないために本人も気付かないということもよくありますし、
「予備軍」と呼ばれる要注意な状態の人もたくさんいます。
長時間の空腹が続く場合には血中の糖分濃度は低下し、食後30分から1時間くらいは最も濃度が高くなります。
この糖分濃度のことを血糖値と言い、この数値が高い人のことを予備軍であると呼んでいます。
何もしないで放っておけば悪化し本当に病気になってしまいます。
そして、一度かかってしまうと完治することが難しいと言われているのも糖尿病の特徴でもあり、
その後、本当に怖いのが合併症。
命にかかわるようなこともあります。
例えば、脳梗塞の発症率なんかは通常の人の4倍にまで跳ね上がると言われています。
そのような恐怖と一生付き合っていかなくて良くするためにも、自覚のないうちからでも早めに気をつけておく必要があります。
問題だと言われる生活習慣の見直しが重要で、不規則は生活、運動不足、そして食生活の乱れを正していかなければなりません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆう
読者になる
2010年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tobectl/index1_0.rdf