みんなmixiってやってるんだねぇ… 

October 30 [Mon], 2006, 21:45
今日のネタは「海と毒薬」(遠藤周作・新潮文庫)。

言わずと知れた、遠藤周作の代表作である。

大学入学時から「読もう〜読もう〜」と思っていたのだが、ここまで伸び伸びになってしまった。

しかし、意を決して本屋で購入。
思ったよりも薄いな、というのが印象だった。
400円未満と、値段もお手頃。

自分は、ぬるま湯に浸かりながらゆっくり文庫本を読むことが多い。

そんなこともあり、普段から何冊か洗面台の中に文庫本を常備している。
今、この本以外にあるのは「照柿」上・下(高村薫、講談社文庫)と「格闘する者に○(マル)」(三浦しをん、新潮文庫)である。
前者は読了、後者も読んでいる途中であり、この二つの感想も追々書くかもしれない。

閑話休題。

で、「海と毒薬」であるが、

この間洗濯機の中に落ちてたのを気づかずに洗ってしまった。

見事に濡れた。

頑張って乾かしたけど読めなくなった。

というわけで、自分の中で「海と毒薬」は67ページで終わっているのである。






とりあえず、もう一冊買おうと思う。


第4のブログは読書日記にしよう 

August 15 [Tue], 2006, 15:37
今日読んだのは「PS」9月号。(小学館)
想定読者17・8〜23歳くらいまでの女性ファッション誌です。
実は10日も前に購入してはいたのですが、読む暇がなく、やっと読むことができました。

この雑誌、びっくりするほど中島美嘉とaikoを推しています。
今月号の表紙はまた中島美嘉です。この1年で3回目になります。
そこまで彼女を推す理由、私には残念ながらわかりません。

今年はトラッドな服装が流行る(らしい)とのこと。
そういったアイテムにリボンやレースのついたインナーを合わせるのが大好きな私としては、嬉しい限りです。

あと、ワークブーツが好きなのですが、一つ「これ欲しいなぁ」と思うブーツが掲載されていました。
カーキ色のワークブーツ。
今のブーツがもう履けなさそうなので、購入を考えたいのですが、如何せん値段が…。

しかし、今からブーツは暑い気がしますよ九州地方。


こちらも始動させてみた 

August 14 [Mon], 2006, 19:34
とりあえず書いてみます。

今日、「ホタルノヒカリ」(ひうらさとる作/講談社)の6巻を買いました。
一人暮らしになってから集め始めた、数少ないシリーズの1つです。

話の内容は、
「20代の人生を恋愛を半ば放棄してぐうたらに過ごす(作中では干物女と呼ばれている)主人公・雨宮蛍(あめみやほたる)の恋愛を描く」(Wikipediaより)
という感じです。

新聞のコミック書評欄にもかなり出てきている作品なので、ご存知の方もいるやもしれません。

まぁ何で集めるようになったかといいますと、私もこの干物女だからに他なりません。
最初新聞の紹介を見たときは、「うわー、私みたいな主人公なんだな…」と、激しく共感したものです。

個人的には、どうも主人公逆ハーレムな感が強いので、女子キャラをもっと全面に押し出して「この年代の女の友情」を見たかったり、「それは都合よすぎだろ!」というシーンが多かったりするのですが、それでも「あるある!!」とうなずいてしまう言葉やシーンが多いですわ。

例えば6巻の表紙裏、作者の言葉。

「わたしも蛍と同じくまんがで育った子供だったので、なんの疑いもなく
『高校生になったら(ステキな)彼が出来て青春』
『25歳くらいになったら(ステキな)だんな様がどこからともなく現れて幸せな結婚』
するものだと思い…                                     」


読んだ瞬間「アイタタター」でした。
特に『高校生〜』は、もろ同じ事考えてましたからねハハハ。

自分が「干物女」であることを自覚する人は、読んでみて損はない、かもしれないですよ。
2006年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像とある女
» こちらも始動させてみた (2006年08月16日)
アイコン画像苺ちゃん
» こちらも始動させてみた (2006年08月16日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:toaruonna605
読者になる
Yapme!一覧
読者になる