ライコ大宮にて 

October 31 [Wed], 2007, 20:28
今日は、昼頃ちょっと時間ができたので
せっかく気持ちのよいお天気だしっ
ってことで、ちょいと走ることに。

相変わらずいくとこもないので
とりあえず、ライコまでひとっ走りしようと決定。


さて、ライコにつくと
いきなり話かけられました。
「これ、新車ですか?」
聞くと、その方はV-MAXに乗ってられると。

ワタクシ、V-RODに出会うまでは
V-MAXが大好きだったわけで♪


08年モデルのスポーツスターの方も参戦し
3人でライコ駐車場にてバイク談義。

スポの方は、なんとつくばから足を伸ばしているとのことで
片道60Kmの道のりを、わざわざライコまで・・・。
みんな、好きですねー(笑

スポにも跨らせてもらいました。
やっぱり、ステップの位置は楽ですねー。

でも、スポ(L)、V-MAX、V-RODの3台のうち
スタンド状態からバイクを起こすのは
なんと車重が一番重いであろう、
V-RODが一番楽だ・・・ということが判明しました。

これには、スポの御方もおどろいてましたね。
(かくいう、自分もですが・・・)

また、スポのアイドリング見ましたが
V-RODが如何に振動が無いか・・・を再認識してしまいました(笑
スポは、ドコドコいいながら
ハンドルがブルブルしてました。
走っている途中は、どうなんでしょう・・・。




しばし、ライコ駐車場で話した後、
スポの御方は、帰途へ。


V-MAXの御方から「コーヒーでものみましょう」のお誘い。
てっきり、喫茶店にでもいくのかな?と思いきや
なんと「キャンプセット持参してます(笑」と(笑

ライコから5分ほどはしり
見沼用水沿いの休憩所で、あたたかいコーヒーを頂きました♪



あこがれの、V-MAXと
・・・V-RODが華奢に見えます。
それにしても、V-RODのスタンドの傾き具合・・・
とめる時、気を使います。



今度は正面から。
V-MAX中心(笑
タンク(ではないけど)の両サイドにある
如何にも「吸気するぞ!」なやつは
なんと「ダミー」だと判明。。。
無知はワタクシはプチショックを受ける・・・



V-MAXは、アメリカ版らしいです。
もう10年乗ってられるらしいのですが、とても、きれいです。
Vブーストがどうの、
ものすごい扁平率のリアタイヤがどうの、、、
と、話題は尽きることなく・・・

帰るころには、とっぷりと日も暮れてしまいました。


それにしても、V-MAX。かっこいいです。
20年近く前のデザインのものとは思えないですね・・・。
シビれます。



PS
今日は、ウィンドシールド無しでの走行でした。
やはり、体感スピードが全く違います。
また、今日気づきましたが
ウィンドシールド装着時は、エンジン音に耳を傾けやすいな・・・と。
ちょっとした異音も、シールド有だと
早期発見できるかもしれません。

シート加工 インプレ1 

October 28 [Sun], 2007, 19:22
お願いしていたシート加工。
完了しました。
これが、、、見た目はほとんど変わっていない
にもかかわらず、、、効果絶大!

シートバックをビテイコツ辺りに感じながらも、
ほどよい位置でステップで「踏ん張る」ことが出来ます。

身長の高い人(足の長い人)には
なんでもないことかもしれませんが
160cmちょいしかない自分には、これは効果絶大です。

何にも増して、V-RODとの「一体感」が違います。
乗っていてとても安心できます。
乗りなれてきたということを差し引いても
腰下で感じるフィット感は、加工前とは、まったく別物です。

しっかし・・・
この加工は職人芸ですな。
はっきりいって、見た目には、なにも変わってないように見えます。
なのに、乗ってみると、明らかに違いが分かる。
これで¥13Kは、とてもリーズナブル♪

ん〜。
この加工、身長の低い人には、超オススメかも。

久々のV-ROD 

October 28 [Sun], 2007, 19:16
やっと、My V-Rodが帰ってきましたo(^-^)o
ほんとは、26日の金曜に戻ってきてたんですが、
昨日はあいにくの天気でオアズケ。
でもって、今日は、午前中から走りまくってきました。

といっても、相変わらず地理に疎いワタクシ
またも、目的地もルートも考えず
ただただ、ひた走ってまいりましたとさ。

国道17を、1時間半ほど北へいき・・・
んでもって、戻ってきた。
それだけ(爆

お天気の良い休日とあって
車の量がスゴい。
半分以上、渋滞にハマってました・・・(>_<)
でもまぁ、これも訓練。
シート加工の効果もありますが
おかげさまで、低速安定運転に自信を持つことができました。


途中で休憩したコンビニにて(笑

それにしても、
ウィンドシールド、一度使うと病みつきになってしまいますね。。。
あたりまえのことですが
これを付けたときの、かぜの受け方は、ほんとにマイルドです。
「風と格闘」というイメージは、ほとんど感じませんね。
・・・もう、はずせないかも・・・

C#.NET ハマる 

October 23 [Tue], 2007, 5:16
いやはや。
現在 早朝5:00頃。

ハマりに、ハマってしまいました。

タダイマ、ノータッチデプロイメントなシステムを構築中。

ASP.NET WebServiceを使うワケですが・・・
今回はSeaser2.NET F/W なんかも一緒に使ってみてます。

以前、Javaの時 S2F/W 使ってみて「DI」「AOP」に興味がわいて、
一度.NETでも使ってみたかったのです。。。


さてさて、
WebServiceをつかったシステムを作っていると
まぁ、いろんな問題にブチあたるわけですが
その一つとして
「Exception(例外)を、クライアントでどうキャッチするか?」
というのが挙げられると思います。

サービス側でどんな例外が発生しても
クライアントではSOAPExceptionになってしまう・・・
あたりまえっちゃあ、あたりまえっすが。

そこで
今回は、AOPを使って、このヘンをウマくしてやろうと画策したのです。

マズ前提として、asmxファイルでは業務ロジックを書かない。
なぜかというと、、、Interceptできないから・・・
(やりかた、ある?)

ので、WebMethodが呼ばれたら、ソッコー、他のコンポーネントへ処理を委譲。
ここでは、Bizコンポーネントとする。
この、BizコンポーネントをMarshalByRefObjectのサブクラスとして、
SeaserがInterceptできるようにする。

で、BizのMethodInterceptorで
System.Exceptionを継承した
ユーザ定義の例外「XXException」をキャッチする・・・と。

で、このXXExceptionのエラーコードかなんかを
SoapHeaderDirection.Faultな、SOAPヘッダに書き込む。


クライアント側も、、、

クライアント側は「Web参照」なるものがあって
WebMethodをコールするためのプロキシクラスが
自動生成されますよね。

このプロキシクラスのメソッドをInterceptしたいので一工夫。
(やり方が、カッコイイかどうかは別として)
まず、プロキシクラスを継承した、なーんにもないラッパクラスを作成。
で、そこにInterfaceも継承。
そのInterfaceは、プロキシクラスと同じメソッドを定義。

こうすることで、SeaserがAOPできる準備が整う・・・と。


で、
プロキシメソッドをInterceptして、
SOAPExceptionをキャッチする。
その時点で、まずSOAPヘッダにあるエラーコードを確認して、
もし、設定されていたら、所定のユーザ定義例外をThrowする。
設定されていないなら、そのままなげちゃえ。。。と。


んー。
なかなか、よいデキではないですか・・・
と思いきや。

ん?
ApplicationExceptionになってしまうぞ?
おかしいな・・・
サービス側で、確実にXXExceptionをThrowしてるのに、、、
SOAPExceptionになるはずなのに・・・



なぜだ?
なぜだ?
なぜだ・・・?

さっきは、うまくいってたのに・・・



ん?

そういえば、
XXExceptionのMessageプロパティをOverrideしてたな。
ありゃ、これは、Messageプロパティがnullになっとるな。

あ!
・・・・そういうコトね。
サービス側で、なにかしらのExceptionをThrowする場合は
Messageプロパティがnullだと、
SOAPExceptionになってくれないのね・・・

。。。そうかぁ。。。
XMLのメッセージだからなぁ。。。
nullだったら、マズいよねぇ。。。

わかるけどさぁ・・・

気づくのに、2時間ほどかかってしまったじゃないのぉ。。。(TwT)

うわー。
寝る時間がないー。

F1 2008年を振り返り。 

October 22 [Mon], 2007, 5:17
久しぶりに、終わるのが早いと思う(TV)観戦でした。

ライコネンの大逆転。
見ていてワクワクしました。

思えば、「悲運」のライコネン。
勝てる実力がありつつも
マクラーレン時代は、常にトラブルに泣かされ・・・

ワールドチャンピオンになることを目指し
フェラーリに移籍するも、、、
なんと、移籍した瞬間、古巣マクラーレンの信頼性が向上。
トラブルフリーで快走する、ハミルトンに
独走を許してしまいます。

しかも、フェラーリの風洞大破!のニュース。
序盤〜中盤は、苦しい戦いを強いられてしまう・・・


アロンソもマクラーレンへの移籍初年度。
実力が問われるシーズン。
しかも、MIからBSへと、タイヤも「移籍」。
序盤は対応に苦しんでいるのが分かりました。
しかし、そこは、ディフェンディングチャンピオン。
中盤以降は、しっかりと特性をつかんできたのか、
僚友ハミルトンへどんどん肉薄・・・。




最終戦を迎えるまでは、
ハミルトンが断然有利なのは、火を見るよりも明らか。。。

だったハズなのに。

なんと、終わってみれば、ライコネンの大逆転V・・・

いや〜〜〜〜。
レースって、ほんと終わってみないと分からないもんですねー。


最後の最後に逆転されてしまったハミルトン・・・。

スパイ疑惑によって、マクラーレンのコンストラクターズポイントが
剥奪されてから以降、アロンソは自分のセッティングデータを
ハミルトンとは共有しなくしたそうです。
ハミルトンの勢いが弱まったのもそこからの様な気がします。
また、時を同じくして、アロンソの「リアタイア」は綺麗に・・・
(序盤は、ハミルトンの方が、タイヤの使い方が上手かったそうで)
つまり、BSタイヤを使いこなせるようになってきた・・・と。
この辺りに、やはり「ディフェンディングチャンピオン」の
実力を感じます。

なぜ「リアタイア」かというと・・・

まったくもって、個人的見解ですが
上海でハミルトンがやっちまった「ピットロードオーバラン⇒リタイア」。
これが、ポイントだったと思うですよ・・・。
カーカスが見えるまで磨り減ったハミルトンのリアタイヤ。
これが、今シーズンを決定づけた、瞬間だったような。。。
そんな気がしています。

と、ここまで書くと
まるで、アロンソが逆転Vしたように聞こえてきてしまいますが、
・・・・何度も言うようですが、ライコネンなんですよね〜。

いや〜〜〜〜。
レースって、ほんと終わってみないと分からないもんですねー(再)



今年は、「ステップニー・ゲイト」から始まり
いろんなドラマがありましたね。

正直なところ、「ルーキー・ワールドチャンピオン」
を見てみたかった・・・
歴史の生き証人になりたかった・・・
という気もしましたが、
しかし、そこは、F1。
やはり、そう簡単にはいきませんでした。

もちろん、悲願のワールドチャンピオンになったライコネンにも感動ですけどね。


でも、今年のMVPならぬ、MVD(Driver)は
ハミルトンで決定でしょう!
今シーズン、こんなにもF1を面白くしてくれたのは
ハミルトン以外にいないと思います。


1シーズン通して、安定した強さを見せることの難しさ、
1ポイントの大事さ、、、
そんなこんなを痛感できるシーズンでした。

ライコネン
悲願達成、おめでとう!!

PS
もう早速、来シーズンが楽しみです。
さてさて、、、アロンソは、来シーズンはどのチームのステアリングを握るのでしょうか?
それによって、ストーブリーグも熱くなりそうです。

悶々とした日々・・・ 

October 21 [Sun], 2007, 5:18
V-RODが入院して、1週間ほどたちました。
きれいに晴れた空を見上げて
「はぁ・・・」
な毎日です

カタログばっかり眺めてしまって、ヤバス。
シート加工しているワケですが、
どんな感じになるんでしょ。
足つきも良くなるとは思うのですが、、、
今、リアローダウンサスがほしくてたまりません。
純正にもありますが、どうなんでしょ?


とにかく、戻ってくるのが楽しみです
今日ディーラーに電話してみよー

V-ROD 入院ついでにシート加工♪ 

October 15 [Mon], 2007, 0:12
今日は、昼過ぎから、ずーーっとスロッターでした。。。
閉店コースでした。
久々に、勝ちました

さて
「今日は、2万プラスはカタいなぁ〜」
と思いながら、
「あ〜あ〜、はやくV-ROD戻ってこないかなぁ」
なんて考えながら打っている途中
ちょいとヒラメク。

『お、そうだ。
どうせ1週間ほど入院するんなら、
ついでにシート加工お願いしちゃおうかな?』


ずっと、
ポジションのしっくりこなさを解消するためには
リーチシートに交換するしかない・・・と
思い込んでいたのですが、
乗りなれてくると「シートの前進」は
あまり必要がなさそうだということが分かってきました。
しかし、先日の日記にも書いたように
シート幅の問題はどうにかせねば・・・
とディーラーさんに相談したところ、
純正のシートを加工して、シート幅を狭くできる・・・とのこと。
予算も、リーチシートよりも安くすむ、と。

おお。願ったり叶ったりじゃないスか。

もうしばらく乗ってから考えよう・・・
と思っていたんですが、
シート加工をお願いすると
また1週間ほどV-RODに乗れなくなってしまいます。

・・・そんなこんなを考えた結果
「今日、加工のお願いしちゃおう」
ということにあいなりました。


加工前状態を、写真に撮るのを忘れてしまったので
比較はできないけど・・・
出来上がってきたら、写真のせよう♪

今日のデキゴト V-ROD入院 

October 13 [Sat], 2007, 21:40
今日は、気持ちのよい天気♪
やっと時間も空いたし、V-RODのりまわすぞー!っと。


出かける前に、先日買った「かて〜な」を
V-RODへ「積載」してみる。
・・・んー。
荷物をとめるネットがデカ過ぎて、いまいちしっくりこない。
こりゃ、バックレストにまきつけるか・・・?
それとも、キャリアにつけられるバッグが必要か・・・?
・・・ん〜。
・・・うん!
これは、ライコへ探しに行かないと!
・・・ってな具合に、無理やり走る理由を作成

先ずは、ディーラーへ顔を出す。
用もないのに。迷惑ブリを発揮。
ちょいとコーヒーを飲んでから、ライコへ向かう。
ちゃっかりコーヒーを頂くとこがorg。


途中の第二産業で80Kmほど出すと、タンクの上に
黒っぽい雫が、3、4滴「ぽつぽつっ」っと。
ん?雨か?
空を眺めるも・・・
晴天とは行かないまでも、雨は降りそうもない。
・・・ん〜。
メーター辺りに、水でも溜まってたかな。。。?


ライコへ到着。
ぐるぐる〜っと店内を「見てみる」。
予算の都合上、あくまでも「見てみる」。
800円ぐらいの、ヘルメットロックを衝動的に買おうとするもとりあえず、今日はヤメ。

さーて、次は何処へ?と思案しながら
ライコ駐車場でイップク。
・・・V-ROD、なかなか注目を集めております・・・
うふふふ・・・〜な、自意識過剰ブリを発揮。


とにかく、またそのヘンをグルグルしようとライコを後にする。
と、第二産業で、ウルトラに遭遇。
しばし併走・・・というか、後ろを走る。
ん〜!
やっぱり、空冷ハーレーの音、シビれます。

とか思いつつニヤけていると、またタンクの上に「ぽつぽつっ」っと。
・・・ん?
もう、雨じゃないことは確認済みだぞ。

・・・・ん〜・・・

・・・あ!
ガソリンがないぞ(といっても、3/4ほどしか減ってない)
よし、GSへ行こう!。
GS到着。ハイオク満タン。そんなに沢山入らない・・・。
よし。
「ガソリンは満タンでOK♪」(@ドリカム)よろしく、GSを後にする。

もう帰るか・・・?と思いつつ
ハンドルは家とは逆方向へ。
そういえば、新都心あたりは道がキレーだったな〜とぼんやりしつつ、
そっち方面へ走ってみる。。。

「ぽつっ」

ん〜〜〜〜!!!

いよいよ、おかしいぞ。
なんだ、この「雫」君は!
あ!
しかも、左手のグローブにもちょびっとついてるぞ!
ということは、左側のとこから、、、
あ!
クラッチレバーの内側が、なんか湿ってるぞ!
まさか・・・クラッチフルードがもれてる!?
あれれ?蓋の周りはブジだぞ。。。
ん〜〜。
一回止めて、液面点検でもすっか?
(以上、全部走りながらのチェック。。。危ない・・・)
・・・よし。
どーせ、新都心方面まで来たし、このままディーラーへ直行しよう。


ということで、10分ほどで、ディーラー着。
さっそく見てもらう。

・・・案の定、クラッチフルードが漏れている様。
しかも、マスターシリンダーの蓋・・・とかではなく、
クラッチレバーで圧す、ポンプみたいな(レバーをはずさないと見れない)ところから
ほんの少しづつ「じわぁ・・」っと来ている様・・・。



ディーラーの社長さんと相談した結果
クラッチマスタシリンダーを、ごっそり交換することに決定しました。
※もちろん、無償交換ですよ。
運良く(?)HDJに在庫があるということで来週木曜頃まで入院です。

クラッチフルードは、ブレーキフルードと同じ「DOT4」が使用されていますが、
なんでも、このオイルが塗装面に付いたままで放置しておくと
塗装が痛んでしまうらしいです。
もちろん、減ってくればクラッチが切れなくなってしまうので
そうなっては元も子もありませんしね。


しかし
納車されて、まだ1週間程ですが
いざ、V-RODが傍にいないと思うと、
すごい、寂しい感じがしてきます(笑
そんだけ、愛着がわいてきてるってことなんですかねぇ。
これで、明日がいい天気!とかだと、寂しさ倍増だなぁ。
※いまんとこ、予報ではあまり天気がよろしくなさそうなので。

あ〜あ。
どっちにしても
せっかくの週末に、乗れないのは残念です。

携帯ロック かてーなα 

October 12 [Fri], 2007, 13:00
またまたロックを買っちゃいました。
こんどは、出先用です。

ダンボールを開けると、
こんなボックスに入ってきました。

・・・使える・・・


広げるとこんな感じ。



自宅用ロックは、もう、重量とかも全く気にせず
とにかく「安心感」を得るための選択でしたが、
出先用のものは、そんなわけに行かず・・・

「携帯性」と「機能」とを
両方兼ね備えたものは?
と、探した挙句、行き着いたのが、この
「かてーな」シリーズでした。

チェーンの切りにくさはさることながら
この「投げ縄方式」は、ものすごくヨイと思います。
チェーンの長さは1.5mほどですが、普通の「輪」にする方式だと
ものすごく単純に考えて、1.5mの半分の75cmしか
「バイク」と「固定物」を離すことが出来ません。
固定物が多少離れている場合でも、
この「投げ縄方式」だと、かなりのシチュエーションに
堪えられるかな・・・と思います。

また、くるくるっとまとめると
ちょうど、V-RODのキャリアに収まるサイズぐらいまで
まとまってくれます。

んー。
これはよい。
次回は、V-RODにこの「かてーな」を「積載」した
写真でも載せようかな・・・


参考
『村の鍛冶屋』
衣川製鎖工業株式会社(きぬがわせいさ) 様
http://www.kanamonoya.co.jp/bike/


PS
10日の早朝 1時頃に注文のメールをだしたところ
その10日に即日配送して頂いたらしく、
なんと翌日11日の昼に届きました。
とても迅速・丁寧な対応で
気持ちよくなりましたよ。

V-ROD ちょっとダケ流す 

October 10 [Wed], 2007, 3:00
今日は、午前中に
金木犀のかほりの中を
小一時間ほどV-RODを流してみる。
よーやく、80Kmを超えて
7000rpmまでOKになりました。

いつもは、ウェストポーチをお尻のトコにもっていって
「なんちゃってリーチシート」的に使ってるんですが
今日は、あえてそれをはずしてみる。
・・・ん?
普通に乗れるぞ?

先日、日記に「足がとどかなーい」「リーチシート〜〜」
って言っていたのに・・・
なくても、イケるか・・・?

・・・もう少し乗ってみよう・・・

そうか。
「慣らし」とは
なにも、バイクだけでなく
人間にも必要なのね・・・



最近のマイブームは
「バーチャル一本橋」

信号待ちで止まる度に
(後ろの車に迷惑にならないレベルで)
少し手前で減速して
そこから、
ふらつない・あしつかない
を目標にして、如何にゆっくり・まっすぐ進めるか・・・
を練習しとります。

いまのところ「検定一発終了不合格」連発orz・・・

路面の轍がひどくて、なかなか上手くいきませんね。
でも、実際に応用が利く技術として
そういう道でこそ、単車を安定させられることが必要ですよね・・・。

いまだ、右足を先に地面についてしまったりして
フロントブレーキで「がく」っと止まる・・・
なんてことをやっちゃってたりします。
はずかすぃ・・・

練習・練習。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:to40
  • アイコン画像 趣味:
    ・バイク-ハーレー V-ROD(VRSCAW)2008
読者になる
2007年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像tetsu
» ライコ大宮にて (2010年12月06日)
アイコン画像盗賊
» ライコ大宮にて (2008年10月20日)
アイコン画像をとこ
» ライコ大宮にて (2008年10月06日)
アイコン画像汁大臣
» ライコ大宮にて (2008年09月30日)
アイコン画像みしゃ
» ライコ大宮にて (2008年09月26日)
アイコン画像ちちち
» ライコ大宮にて (2008年09月25日)
アイコン画像shin
» ライコ大宮にて (2007年11月01日)
アイコン画像to40
» シート加工 インプレ1 (2007年10月29日)
アイコン画像to40
» 久々のV-ROD (2007年10月29日)
アイコン画像shin
» シート加工 インプレ1 (2007年10月28日)
http://yaplog.jp/to40/index1_0.rdf