ゲンゴロウが松平

December 30 [Fri], 2016, 0:31

1995年に公布された保険業法の定めに従い、保険を販売する会社は生命保険会社、損害保険会社に分かれることとされており、2つの会社とも内閣総理大臣による免許(監督および規制は金融庁)を受けている者のほかは経営してはいけないのである。

保険業法(改正1995年)の定めに則り、保険を販売する企業は生命保険会社あるいは損害保険会社、2つのうちどちらかに分かれ、いずれの場合も内閣総理大臣による免許(監督および規制は金融庁)を受けている会社のほかは経営できないという規則。

巷で言う「失われた10年」とは本来、国とかどこかの地域における経済が10年くらい以上の長期間にわたって不況並びに停滞に襲われていた時代を語るときに使う語である。

未来のためにもわが国にあるほとんどの銀行は、強い関心を持って国際的な規制等が強化されることも視野に入れつつ、経営の一段の強化や金融機関の合併・統合等を含めた組織再編成などに活発な取り組みが行われています。

金融庁の管轄下にある日本証券業協会とは、協会員(国内にあるすべての証券会社および登録金融機関)の行う株券や債券など有価証券の売買の際の取引を厳正、さらには円滑にし、金融商品取引業が堅実なますますの振興を図り、投資者を守ることを協会の目的としている。



アメリカの連邦預金保険公社(FDIC)をモデルに設立された預金保険機構が保険金として支払うペイオフ解禁後の補償額は"預金者1人当たり1000万円(決済用預金は全額)"なのです。この機構は日本政府そして日銀そして民間金融機関全体の三者ががだいたい同じ割合で

今はタンス預金なのか?物価が高くなっている局面では、物価が上昇した分現金は価値が目減りするので、当面の生活に必要なとしていない資金なら、タンス預金ではなく安全なうえ金利が付く商品に資金を移した方がよいだろう。

平成10年6月、大蔵省(当時)銀行局や証券局等が所掌する事務のうち、民間金融機関等の検査・監督に関するものを区分して、当時の総理府の強力な外局として金融監督庁というこれまでになかった組織ができあがったという歴史がある。

タンス預金の常識⇒物価上昇の(インフレ)局面では、その上昇分現金は価値が目減りすることになる。すぐには生活に必要なとしていないお金は、どうせなら安全性が高くて金利が付く商品にした方がよい。

よく聞くFXとは、最近利用者が多い、外国の通貨を売買することで補償金の何倍もの利益を出す取引のことである。外貨預金または外貨MMFに比べてみて利回りが高いことに加え、為替コストも安いという特徴がある。FXを始めるには証券会社またはFX会社で相談を。



よく聞くコトバ、外貨両替というのは例えば海外へ旅行にいくとき、その他手元に外貨を置かなければならない場合に活用します。近頃は円に対して不安を感じて、外貨を現金で保有する場合も増えている。為替手数料はFX会社と銀行で大きく異なるので気をつけよう。

麻生内閣が発足した平成20年9月に、アメリカで老舗投資銀行であるリーマン・ブラザーズの経営が立ち行かなくなったのだ。このショッキングな出来事がその後の全世界を巻き込んだ金融危機のきっかけになったのでその名から「リーマン・ショック」と呼ぶようになったわけだ。

MMF(マネー・マネジメント・ファンド)とは、公社債(国債など)や短期金融資産での運用をする投資信託のこと。気を付けよう、取得後30日未満に解約の場合、手数料になんとペナルティが上乗せされるのです。

大部分の株式公開済みの上場企業なら、事業活動の上で必要になることから、株式に加えて社債も発行するのが一般的。株式と社債の違いは何か?それは、返済義務に関することなのです。

約40年前に設立された預金保険機構が保険金として支払うペイオフ解禁後の補償限度額は"預金者1人当たり(名寄せ、融資の相殺がされた上で)1000万円以内(但し決済用預金は全額)"までである。預金保険機構に対しては日本政府だけではなく日銀合わせて民間金融機関全体がほぼ同程度の割合で


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ハルト
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる