No title 

2006年08月17日(木) 10時05分
新サイトを立ち上げるため、しばらくオヤスミします☆
今度は友達との共同運営になりそうですが、
またそれについても書き込みます

寝過ごしたらおしまい 

2006年08月16日(水) 23時51分
今日も試合、勝てました☆
もう一つ明日の楽しみは友達に会いにいくことです。
彼女もおそらくじきに「幼馴染」になれると思われます。
なんだか音楽系がものすごくよくお出来になる方です。
エレクトーン、ピアノ、サックスを中心に他にもできるらしいです。
本人曰く「中途半端」だそうですが、
ピアノのさわらなすぎていつの間にか「猫踏んじゃった」も
弾けなくなった私よりは全然ましでしょう◎
京都に住んでいるんだけども家族が仲良しで、
私にとっては関西弁がいつもツボでこちらが笑い上戸になっちゃうのです。
顔立ちは昔っから大人っぽくて、マイペースな彼女は
いつもパアァァって瞬いて見えるぐらいです笑
お互い電話がすきで、たまに長時間話しすぎて電話機があっつあつに・・・・・。
どうやら最近は彼氏もできたみたいでオメデトウと伝えました。
さてさて、明日は大会があると同時に
京都に一人で新幹線に乗って行って参ります。
えーと、私は普段の登下校の各駅停車でも寝過ごすので新幹線でも
余裕こいて寝過ごすのではないかと心配です。
気づいたら博多・・・・とか笑  ぃゃ、笑えない。
しかも、チケットを乗車30分前くらいにとる予定なので
席がなかったら列車と列車の間にうずくまるとかあり得る↓
まぁ、着けばいいので↑
友達の家には泊まるけれども、まだ一泊か二泊かも決まってないトカ。
友達にとっては本当に迷惑な客ですわ。ごめんね、MK><

論外なことも 

2006年08月15日(火) 22時24分
昨日の続きです。試合はトーナメント式で1日一試合です。
そして とりあえず、一勝!出来ました><
1試合でダブルス(2人で1ペア)を2本やらなくてはならなくて、
私たちは4人1チームだったので全員ダブルスに出ました。
そして、公式戦で初めて部長と組みました。
ダブルスと言えば個々の力と同様、もしくはそれ以上に2人のチームワークが
上手くいかないと試合では勝てないんですね。
チームワークっていうのは、声を掛け合ったり、
1人がとり損ねたボールをもう1人がちゃんとケアできることを指します。
初戦だったので、相手がそこまで強くないのもあったんですが部長が
「ともとはハイタッチがしやすい」「絶対負けないでしょ、だってうちら強いもん」
って試合中におっしゃってくださいました。
強い方だし、それと部長だからこそ 本当に嬉しかったです。
嬉しくて試合中にやにやしていたんではないかと心配なくらいです笑
今日は私の学校の2チームが同じ会場でした。
帰りにファミレスに寄ったんですが、その時は7人で6人が先輩でした。
私の学校は大学がついていて難しくなく上がれるので、
受験か内部進学か迷っているので先輩方に
「もう決まってらっしゃいます?」ってお尋ねしました。
そしたら、悩んでらっしゃるのが副部長さんと例の部長だったんです。
しかも、部長とは内部進学で行きたい学部と
外部受験にしても気にしている学部が私も同じでこれまた嬉しかったんです。
でも、それだけじゃなくて普段コートでは話せない進路のことや
親のこと、勉強のことをたっぷり先輩方と話せました。
恋愛についても少しお話したり、笑ったり、
コートでは論外なこともいっぱい話せました。
たまたま私と同学年の子もいなくて、少しリラックスできました。
テニスのこと以外にも「こういう考え方を持ってるんだぁ」ってことが
分かれて貴重な時間でした☆
でも、明日も試合があるので幸せを噛み締めるのはこれくらいにして
今夜もしっかり寝て 明日の試合に備えるとします。zzZZ

報い 

2006年08月14日(月) 19時23分
再びのF先生の話なんですが(7月27日参照)正直まだまだ復活しきれてません。
ふっとすれば泣けてくるのは今でもちょくちょくあります。
今日もぐすぐすしていたんですが、明日が学校から出場する
団体戦の公式戦なので一通先輩にメールを打ちました。
※テニスは基本的に個人戦だけど、団体戦では何人かで組んで1グループを作って
 相手チームと何試合かをして総合でどちらかのチームの勝ちを決める
ぶっちゃけ同じ部活の同じ学年の子とはあんまり仲良くできていないんです。
っていうか、F先生の話を聞いたときにボロボロ泣いていたのが
学年で私だけだったんです。
でも、私は試合の時にメンタルが弱い上に団体戦では
自分の負けがチームの勝敗に響くので増して軽率に試合は出来ません。
やっとの思いで部長にメールを打ちました。
中学でも同じ部だったけど、悩んでメールを打つのは初めてでした。
返信は来ないかもしれないし、バカにされるだけかもしれない。
それでも、先輩は素敵な人ですから 賭けてみました。
そしたら、返信が来たんです。しかも
「すごい分かるよ。」「これから一緒に頑張っていこう?」って書いてあって
これにも感動して涙もんでした。
高校の部活は厳しいって中学生の時から聞いていましたし、
しょっぱなのトレーニングはメチャメチャきつくて
合宿とかも働き蟻状態で、書いた通り同学年の子とはあんまり仲良く出来ないときもあるし
何度も本気でテニスも部活も もうやめよう と思ったことがありましたが
続けていて良かったと思いました。
私の実力はその部長の足元にも及ばないくらいだろうに、
「一緒に頑張っていこう?」っていう一言が胸にジンジンきました涙
こういう人がいてくれるから自分は色んなこと、
テニスだけじゃなくて辛いことも頑張って来れたんだろうなって改めて思いました。
それは家族だったかもしれない、先生、友達、先輩・・・・。
どんな方であったにしても、それがきっと自分の生きる活力だったと思えば
本当に感謝したいものです。明日の試合で私は部長と同じチームなので
感謝を勝利として部長に返したいと思います。

あと一ヶ月で・・・・ 

2006年08月13日(日) 20時48分
昔、引越しが多かったせいで私は異常に「幼馴染」に憧れていました。
私の中にはいつのまにか定義があって「7年間友達でいられたら幼馴染」笑
「今日何書こうかな」と、思いながら今日会った友達が
あと一ヶ月で私の定義に基づく「幼馴染」になることに気付きました。
いやぁ、長かったようなあっという間なような・・・・・。
小学校の頃は私も彼女もタイにいて、中学に入って私が日本に帰国して
彼女は高校生になるまでタイにいました。
だから、お互いの距離が長い時は長期休暇(夏休みとか)で
彼女が帰ってくる時以外は会えないし、
国際電話は高いから本当に困った時しかできないし、
メールを交えながら付き合っていました。
でも「たまに」だからこそ毎度本当に嬉しくて、感謝の気持ちでいっぱいになるんです。
タイと日本は時差がA時間で、日本の方が早いんですが
時差関係なしにいきなり彼女から電話が掛かってくると本当に嬉しいんです!
時間も構わずに、一心に私の家のダイヤルを回してくれたことに。
滅多に 滅多にないことだからこそ、自分も全部ほっぽりなげて
電話の先の彼女の声に集中するんです。
自分以外の人にあそこまで思い入れることが出来ることも自分で嬉しいんです。
 さて、今日はお買い物と題して原宿で待ち合わせたんですが
もう話したくて話したくてどうしようもなくなっちゃって買い物もそこそこに
早めのお昼の時間から一番近いお店に入って
ドリンクバーを頼んで延々と話してきました。
でも彼女の家は千葉なのでD時間ぐらいして、席を立ちました。
お互いの話を聞きたくて、話したくて もう充実しまくりでした↑
ずっと友達でいられて良かったって体感しました。

ポップアート 

2006年08月12日(土) 16時25分
私のお父さんは家族を温かくしようとしてくれる人です。
子どもがいない時にお母さんに対して、少し前にぽろっと話したそうです。
「家での食事では家族が揃って食べたい」と。
お母さんは「じゃああんたがどうにかしなさいよ」みたいに言ったそうですが。
でも、その話もお母さんから聞きました。
お父さんは夫婦でどうにかしたかったみたいなんですけどね。
私の母はお金のことを言いますが、お父さんはいつも寛大です。
しばらくして「たまには美術館に家族で行こうじゃないか」と
お父さんが言いました。
お姉ちゃんは「あぁ、いいんじゃない」とママは「え〜」という感じでした。
その「たまには」が今日だったんですが、
結局お姉ちゃんは行かなかったし、お母さんは先に出かけてしまいました。
お姉ちゃんは課題があるくせに朝から雑誌を読みふけっていたので
お父さんが「さぁ、いくか」と言い出すと「え〜行けない」と答えました。
口には出して言いません、寂しいも、計画性を持て、も なにも。
ただ「仕方ないな」と言って私を連れて行ってくれました。
美術館に着いて、絵を見て行くんですけど
正直お父さんはそういうセンスはあんまりありません。
一方、お母さんは美術科卒ですから娘の私は 少しそういうのを感じられます。
お父さんは私を待たずに「よくわからん」でパパッと次に行っちゃいます。
私はぉぃぉぃと思って「待って!ほら、ちゃんとよく見て」と促します。
自分があんまり「よくわからん」のに美術館に「家族で行こう」と言ってくれた
お父さんに対しての 現実は切ないものでした。
でも「お姉ちゃんが行かないから、いいや」じゃなくて
お父さんと美術館に行けたことに少し嬉しかったです。
夕方にはテニスが入っていて、逆方向に別れたんですが
「また行こうね」とお父さんに言ったら
「たまには家族でゆっくりな」と答えました。

おばあちゃん 

2006年08月11日(金) 21時13分
今日、電車に乗ってておばあちゃんが乗っていらしたんです。
電車の中はまぁまぁ混んでいて、自分は先が大分長かったんです。
正直自分もくたくたで「あ〜誰か譲るかな」って思っていたんです。
「自分だって疲れてるし・・・・」・・・・・・。おばあちゃんは?
彼女はもっと疲れているかもしれない、
小さな揺れも彼女には大きな衝撃になっているかもしれない。
そう思って重い腰を上げて一声掛けました。「どうぞ。」
電車の中で声を出すと、すぐ周りに気付かれちゃうんですよね。
ケータイに没頭していた人も、ちらって見たんです。
前に「優先席は自分優先じゃない」みたいなことを読んだんですね。
あぁ、自分のことかって思いました。
誰もがお年寄りや体が不自由な方、妊娠されている方に
気軽に席が譲れるようになれば優先席なんて出来ないはず。
「みんな」が少しずつ相手のことを思いやれるようになれば、
きっと世界は変わっていくんだなって思いました。
その後の電車で、またも私は運良く座れました。
本を読んでいたんですけど、パッと目をあげると婦人のカバンに
「私のおなかには赤ちゃんがいます」っていうプレートが下がっていたんです。
普段の目線じゃ気付かないところだったので、
そういうものがあるってことも初めて知りました。
おばあちゃんのことで敏感になっていたので、すぐに席をお譲りしました。
「誰かが」じゃなくて、「自分」が。
この先もなにか小さなこともあったとき、
そうやって自分から進んでものごとが出来るようになりたいと思いました。

ラブレターの下書き 

2006年08月10日(木) 23時13分
今日は一日中家の掃除でした。くたくた・・・・
しかも私の部屋にはクーラーを付けていません。
※付いていないのではなく、付けたくない。
部屋にいるだけで汗がぼたぼた滴れる、滴れる。
引越しをしたのはずいぶん前でしたが未だに片付いていないもの、
また その上から積みかせねてあったものなど ありとあらゆるものが出てきました。
お母さんが高校生のときに使っていた世界史の教科書とか、
こどもの頃集めた貝殻とか・・・。引越しで大分物が減ったのに、
なんでこんなものが残っているんだろう?!みたいな笑
机の引き出しの裏を拭こうとしたら、穴に消しゴムのかす詰めてあったし
お姉ちゃんが彼氏へ書いたラブレターの下書きとかが
私の部屋から出てきました。いつのまにか生活の中で
垢がたまっていたんだなぁって思いました。
でも、そのラブレターの下書きで可愛いのが
ひらがなに至って練習していたんです。「むむむむむむ」「ぜぜぜぜぜ」
もちろん漢字も練習していて「翔翔翔翔」「好好好好」
言葉も色々考えていたみたいです。
「世界で一番好き」 「時計の短針と長針みたいに」
これは却下例ですが、どうやら「一番」は「二番」がいるみたいでダメだそうです。
時計の短針と長針は追いかけっこしているんだけど、
必ず気持ちが重なる時があるらしいです笑
・・・・正直どの文字で何を書いても普段から態度に表していたら通じる気がします笑
※ちなみに彼氏宛のラブレターであって、告白のラブレターではない

大きな2日間 

2006年08月09日(水) 19時28分
昨日の続きです☆
プレゼンは6人班で分かれて行ないました。
他校生に高3や高2が多い中で、私の班は他校生を交えても
たまたま全員高1になりました。
午前に少し時間をとって追加実験を行い、残りの午前いっぱいと
午後に割り入った時間でプレゼンを完成させて発表するという流れでした。
私たちは3つのテーマがあったので2人ずつで1つのことを分担して
まとめてそれをつなげてプレゼンするという手段をとりました。
私は一緒になった子と朝から実験の考察を話し合っていて、
かなりイイ線いっている気がして 絶対プレゼンでうまく伝えたいと思いました。
それで、お昼も買ってきてパソコンを前にして
プレゼンをまとめる作業しながらのご飯になりました。
「え、そうじゃなくない?!だってさ、イオン化してるからこうじゃね?!」
もう言葉とか男だし、ご飯の食べ方は乱れるしぐちゃんぐちゃんでした。
でも、そうして1つのことに熱中できたことが嬉しかったです。
合唱とか文化祭みたいな喜びを2日で味わうことが出来ました。
マイクロケミストリーの最前線に立つ方が仙台からいらしてくださったり、
大学院生が丁寧に教えてくれたり、
博士が鋭い質問をしてくださって もう一度考えることができたり。
まだまだ夏休みは終りません、宿題がやまもりてんこもり。
熱中できる環境を整えてくださった方に本当に感謝だなあって思いました。
こういう気持ちをエネルギーにしてエンジンをガンガン回していきたいと思います


世界でA番目! 

2006年08月08日(火) 21時25分

今日は科学の講習みたいなのに行きました。
「マイクロケミストリー」というタイプの
実験をしたんですが・・・・面白い。
マイクロケミストリーっていうのは、
通常試験管や
フラスコとかを使ってやる実験を小さい器具でやる という実験方法です。
規模が小さいので試薬が少量で済む、一人一人が自分で出来る、
本来あってはならない爆発などの体験も出来る、などの利点があります。
講師の方に聞いたら、学生でこの種類の実験をするのは世界でA番目だそうです!!
教授とか先生のような方がなさることはあるそうですが・・・・。
それでまぁ 小さいだけなんですが、実験が見ててなんとも可愛いんですょ☆
しかも、自分の手で実験できるから楽しいんです!
右の写真にあるパレットみたいな器具のマスの一つ一つをウェルと言うのですが、
ウェルがビーカーの役割を果たします。もっとウェル一つ一つが小さいのもあったり、
ウェルがたくさんくっついてる器具もあります。
でも、とりあえず繋がっているので写真のように、試薬で実験を並べて行い
色や音、においを比べることなども出来ます。
ちなみに左の写真は右側の器具で水素のみを作り出して、
左側のウェルで水素爆発を起こそうとしているところです。
シャボン液にチューブの先を入れて、水素を泡として保って後から火を近づけるわけです。
生徒の人数は30人弱で私の学校以外からも生徒が来ていたんですが、
本当に参加できて良かったと思いました。
講師や助手の先生が本当に充分な薬品や器具をそろえてくださっていて、
結構自由に実験をさせてくださったんです。
あれやってみたい、これやってみたいってことを
「もう本当に自由にやっていいよ〜」って言ってさせていただきました。
試料にヨーグルト、梨、ツツジ、洗剤、紅茶、緑茶、ジンジャーエール、腐った牛乳・・・・。
私たちの意欲に対応してくださった講師さん、助手さん、サポンサーさん、
本当にありがとうございました><
明日は、追加実験とパワーポイントでのプレゼンです! がんばります!
P R
2006年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像まりな
» No title (2006年09月21日)
アイコン画像とも
» 少し間をあけてから&青空の下で@ (2006年08月09日)
アイコン画像オムレット☆
» 少し間をあけてから&青空の下で@ (2006年08月05日)
アイコン画像とも
» まとまってね〜・・・・ (2006年07月30日)
アイコン画像まりな
» まとまってね〜・・・・ (2006年07月25日)
アイコン画像こーち
» まとまってね〜・・・・ (2006年07月23日)
アイコン画像たぬきさん★
» まとまってね〜・・・・ (2006年07月17日)
アイコン画像とも
» Sky blue (2006年07月13日)
アイコン画像ぶっちゃんです(笑)
» Sky blue (2006年07月13日)
アイコン画像とも
» ガキんちょバイリンガル〜続き@〜 (2006年07月12日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:to-v-mo
読者になる
Yapme!一覧
読者になる