スキ。 

June 22 [Fri], 2007, 2:08
一度だけ過去に戻ることができるのなら
僕は君に出逢ったあの日に戻りたい
今も思い出すよ 君と過ごした日々を
でも 出てくるものは後悔の言葉ばかり

その笑顔が何より好きで
目を閉じれば君に逢えるのに

スキという二文字が
こんなに重く苦しくて
あの時君に伝えられたら
どんな明日を迎えられたのかな

君が降りる駅で姿を捜してしまう
また逢えることを少し祈ったり
雪のように積もっていく
君がスキという想い

たとえ違う人と付き合っても
君を忘れはしないだろう

スキという二文字よ
どうか君に届いて欲しい
それがずっと先の未来でも
僕の想いは変わることなく
君をスキでいるでしょう

シンプル。 

June 22 [Fri], 2007, 1:55
もうここには君はいないんだね
まだそれが信じられなくて
いつも元気で笑っていたのに
ずっと傍にいたのに

「幸せ」というシンプルなことが
今は何も感じなくて

甘えてくる君も
怒る君も
すべてが愛しくて
いつまでも一緒にいたかった
名前を呼んでも今はもう何も聞こえない
またどこかで会えたのなら
優しく抱きしめるから

まだ夢を見ているみたいなんだ
君のいない世界をまっすぐ見れなくて
僕の思い出の中に君はいるのに
それも色褪せていくことがとても怖くて

「笑う」というシンプルなことが
今はとても難しくて

行きたかった場所
話したいこと
たくさんありすぎて
もうそれもできないんだね
この世界にはたくさんの人がいるのに
君がいない世界はとても淋しくて

君がいない。 

June 22 [Fri], 2007, 1:41
なにもしない
そんな日々が続く中で
僕は生きていた
周りのまぶしい光に
ただ憧れてるだけで

欲しいものは手に入れても
何も感じなくて
今この両手には何があるのかな?

淋しくて苦しくて
どうしてこんな気持ちになるのだろう?
それでも笑うことだけは上手くなった

夢の中も 覚めた世界でも
僕は涙を流してた
君がいない
ただそれだけで
景色がまったく違うんだ

07.6/11 

June 12 [Tue], 2007, 2:35
怖いんです。

今なにも手にしてない自分。他人に自慢できるものなんてなにもない。

だから、今あるものを失っていくのがとても怖い。

このままでは、いつかは、何もなくなってしまう。

今見えるものが当たり前と思っている。

親がいることを、みんながいることを。

空気のように思っていた。

でも、違う。

いつかは失うんだ。

それがとても怖い。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:to-myself
読者になる
2007年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる