ハワイアンなカルトナージュ☆

February 26 [Sun], 2012, 0:21
今日はHulaレッスンのあと、カルトナージュのワークをしました

講師はHulaシスターでもある入江先生

本日作ったのは、ティッシュボックスです。

あらかじめ先生が用意してくださったキットを使用します。

厚紙も水貼りテープも、事前に準備してくださっている、ありがたいワークです
布も先生が様々な布を準備してくださった中から選びました。
先日作った台形ダストボックスと似た色味を選択

  



まず、基本になるボックスを組み立てていきます。
木工用ボンドを水で溶いたものを、ペタペタ塗って、
水貼りテープを貼って、形作っていきます。


芯になるボックス完成
ちょこっとアクシデントで水濡れさせてしまいましたが、何とかなると信じて続行。
(ボックスの上のほうのシミ・・・わかるかな?)




外側にハワイアン柄の布を貼っていきます




まだティッシュの取り出し口は無いわ


取り出し口も作って、ティッシュを支えるベルトも取り付けます。
ベルトは外れないように、ボンドを薄めずに使用して貼ります。



外側が終わったら、内側にも布を貼っていきます。
コレは片面が布で片面が紙になっているシートです。
(名前を度忘れしちゃった 先生教えてください
作るサイズにはカットしていただいているので、折ったり角を取ったりが私の作業。




ペタペタ貼っていきます。
写真は撮り忘れたけど、裏面全て貼ります。




完成ー
所要時間は約2時間
可愛いティッシュボックスの出来上がりー



これ、先生が下準備をしてくださってるから2時間ですが
台紙つくりからやったら大変な作業だわ。

入江先生、本当に ありがとうございます



この素敵なカルトナージュのワークは月に一度
青葉台のkupulauで行われています。
スケジュール&お申し込みはこちらからどうぞ


五反田のUMAHANAさんでもやっていらっしゃいますよ。
(Kupulauさんはリンクの許可を頂いているのですが、
 UMAHANAさんにはうかがっていないので、検索してみてくださいね



大人の遠足 in 上田♪ その4

December 07 [Wed], 2011, 23:21
Iさんの運転するジャガーは戸隠神社奥社の駐車場へ到着。
車を降りると、空気が凛として、気持ち良いー♪

帰りのバスに乗る予定時刻まで一時間と少し。
奥社参道入り口から奥社までは約2Km!
ちょっと早足で奥社へと向かいます。
つくづく、ウォーキングやってて良かったと思いましたわ。

参道では鳥の声や水の音が聞こえてきます。

同じ鳥でも東京で聞こえる囀りとは全く違います。

ギュウちゃんさんが空を指差して「ほら、龍がいる」と教えてくださいます。

そちらを見ると「あ、本当だー♪」と自然に声が出ます。
これはいったい何なのだろう?


約1km歩いて、随神門に到着。



門をくぐると目の前に樹齢400年を越える立派な杉並木が続きます。

緩やかな上り坂です。

奥社まであと450メートルの辺りから、階段になります。


「ここで空気をいっぱいに、体中に取り込んでおいたら
 気管支炎は良くなる」と、イメージが浮かんだので
階段を登りながらもしっかり体中に空気を吸い込み
深呼吸しながら登りました。
そうしたら苦しくなくて、楽だったー♪

自然のうるおい♪


階段の辺りから風が吹き始め、進むのを応援してくださってる感じがしました♪
全てが気持ち良い♪

そして奥社へ到着。

こちらには天手力雄命(あめのたぢからおのみこと)様がいらっしゃいます。
天照大神が天岩屋にお隠れになっていたとき、天岩戸を引き開けた神様です。


参拝の作法をPeruさんから教えていただいたので、きちんとした2礼2拍手1礼の作法を行い
住所と名前を申し上げてからお祈りします。

が、「初めまして。東京の○○〜から来ました、もーと申します」と申告した瞬間


真っ白。。。
いきなり頭の中が「空」になりました。
1・・2・・3・・あれ?私、何を申し上げるんだったっけ?
あまりの純粋な「空」を感じた私には、言葉が思い出せません。
「空」が3秒ほど続いたでしょうか?

最初に思い出した言葉は「今日、一緒にきたみんな」でした。
そこから連想してで思いつくものを懸命に唱えました。

ふぅ。

久々に「空」を体験しちゃった。



次に奥社の左側にある九頭竜社にも参拝いたします。
こちらにはちゃんと参拝すると連絡をして下さっていたそうなので
解りやすく、シンプルで、とても大事な、自分の事をお願いします。
きちんとお願いしないと、神様が願いを叶えたくても叶えられないからね。

そこで願いをしました。
自分の事をストレートにお願いすることに、最初は抵抗があったのですが
とにかく、ここではちゃんと自分の事をお願いするのだと教えていただいたので
しっかり「願い事」をしました。

そしたらね。私の場合は、胸の前で合わせている手のひらが離れなくなったのです。
両腕が身体から離れない。
全体が押さえられている様な。。。
羽交い絞めのような、でも包まれてるような。。。
これはしっかり確実に願わなきゃダメなんだー と思ったので、
身体からフッと力が抜けるまで、何度も繰り返しお願いしました。

内容は、ナイショね。


全員が参拝を終え、お守りも購入し、コンちゃんさんがスマートフォンで
バスの時刻表を調べようとしてたら、スマホの画面が真っ暗になっちゃった!
これはきっと、「大丈夫だから、時間を気にせずに、あわてずに帰りなさい」という
メッセージだろう・・・と理解して、行きよりも落ち着いた歩みで戻る事にしました。

ゆっくり歩いているから、杉の木の色や、随神門の氷柱等、細かい部分に目を向けることが出来ました。



参道を歩きながら、フッと右手の木立を見ると、スゥーッと青い光の帯が後ろから前に通り過ぎていきました。
あれ?
今、確かに青い光が通って行った。
気のせい?思い込み過ぎ?

後になって、ギュウちゃんさんのアルバムを拝見したら、その光が写真に写っていました。
写真を見た瞬間に「あっ!あの通り過ぎていった光、これ!」と感じましたので
思い込みではなかったようです♪

また、歩きながら『こういう自然がいっぱいある所に住みたいなー。上田とか〜佐賀とか〜。引越しは・・・』と考えた瞬間にガツンと躓いてしまいました。
AYU☆さんに「どうしたのー?メッセージ?」と聞かれて、多分・・・と答えたものの、ハッキリとは聞いていません。
何だったのかなー。

それとね。明るい空にクッキリハッキリ月が出ていて、太陽もちゃんと出てて日差しがキラキラしてて
そんな中で地球上を歩いていたので、「私達は何て絶妙なバランスの中で生きているのだろう。素晴らしいなー」と
考えてました。
そして、今という時を共有できている皆様の存在を、とてもありがたく感じました。
今回の旅行に係わってくださった皆様が、みんなみんな愛おしくなりました。
戸隠参拝に参加した皆さま、上田の皆さま東京の皆さま、快く送り出してくださったご家族の皆様・・・
全ての人が愛おしくなりました
とってもとっても、嬉しい幸せな感動が私の中にありました



奥社の駐車場から中社まで、またIさんが車で送ってくださいました。

後に用事がおありになって、残念ながらIさんとは中社前でお別れ。
またお会いしましょうねー!お世話になりました。

Iさんとお別れした後に中社参拝。
こちらには思金神(おもいかねのかみ)様がいらっしゃいます。

天照大御神さまが天岩戸にこもってしまわれたとき、女神を岩戸から出すための
計画を立てたのが思金神様です。


樹齢700年の御神木。


三本杉。



700年前って鎌倉幕府。花園天皇。
そんな頃から生きている樹。
感慨深いものがありました。


ご縁があって、戸隠という地に訪れる事が出来た事
素晴らしい体験でしたよ。

本当にありがとうございます







次回は、こぼれ話編〜♪














大人の遠足 in 上田♪ その3

December 06 [Tue], 2011, 22:52
上田で朝の目覚めを頂きました
晴天

雲の色も徐々に変化していきます。
下の写真、雲の中に、エンジェルさまが写ってるって、Peruさんに教えていただきました。

わかるかな?私、ちゃんとわかりましたよ

朝食は皆で一緒にいただきま〜す

美味しかったから、しっかり残さずいただきましたよ。
今日は、戸隠まで行くのですもの
エネルギーを準備しておかなくちゃ


まず、8時50分にお迎えにきていただいたHさんと共に、車2台で創造館へと向かいます。
こちらでは、マックさんの動体療法プレセミナーと施術、Peruさんのオーラ鑑定、
柚優香先生の姓名判断、健康チェックを受けることが出来るイベントが開催されたのです。

一緒に戸隠へ行く、ギュウちゃんさんの同級生Iさんも上越より到着。
マックさんがプレセミナーを行っている間に
PeruさんはIさんのスピリチュアルカウンセリングを行い
AYUさんと私は柚優香先生の姓名判断を受け
コンちゃんさんはマックさんのセミナーを撮影して記録するという
皆それぞれの時間を過ごしたのでした


柚優香先生の姓名判断は、優しい笑顔でこちらを安心させつつも
きちんと正直にお話くださる判断でした。
自分が今まで繰り返し躓いてきた部分が、名前の出す波動から来るものだったと知って
むしろホッとしました。
私自身が悪いわけじゃないってことは、変われるってことだものね。
話しながら柚優香先生が
「ではここに、ご両親と妹さんのお名前を書いてくださいね」
と仰った時、えっと驚きました。
だって、家族構成なんて、話していないのに
うふふ、わかっちゃうのよーって感じの笑顔で、あたりまえのようにお話くださる柚優香先生。
そして、大切な部分はきっちり説明してくださるのです。
信頼感って大事ね。
それで改名依頼しちゃいましたよ

昔の人は位が変わるたびに改名していたのだものね。出世魚みたいに
だから執着するのをやめて、自分の気持ちがそう向いたときに改名するのも良いと思うのです。
初めての改名、新しい名前が決まったらまたお知らせしますね。
あ、でも音は変わらないので、「もー」は「もー」です


お昼になって、午後もイベントを行うPeruさん、マックさん、施術を受けるチッチさんらと別れを告げ
Iさん、AYUさん、ギュウちゃんさん、コンちゃんさん、そして私の5人は、戸隠へと出発
Iさんの車、憧れのジャガーに乗ってドライブです
一番乗りたい車に乗れちゃったIさま、ありがとうございます
乗り心地は良いし、お天気も良いし、遠くに見える冠雪の山々に感動しながら一時間半ほどがあっという間でした。

お昼ごはんは戸隠のお蕎麦。


昭和天皇も召し上がったことのあるお蕎麦屋さんで、てんぷら蕎麦を頂きました。
美味しかったー



お腹もいっぱいになりまして、予定では15時半のバスで帰宅の途につく予定でしたので
急ぎ戸隠神社奥社に向かいました。



戸隠神社での出来事は、その4に続きますー

大人の遠足 in 上田♪ その2

December 06 [Tue], 2011, 0:02
大人の遠足、初日夜の部は、佐賀んもんと長野の皆様の交流会

女子4人(AYUさん、Peruさん、Daviさん&私)は東京からの後発部隊、ギュウちゃんさん&コンちゃんさん&マックさんと合流して、宴の場へ向かいます。

そこで先日スピリチュアルセミナーでご一緒した上田出身のチッチさんとも再会
長野県にお住まいのTさん、Tさんのお子様達2人、Hさん、Sさんもご一緒して、12人での宴となりました

マックさんの自己紹介にお子様がとても良い反応をしてくれて、大人も大笑い
あ、でも子供の前だからと結構窘められていらっしゃいました

何度も仕切りなおししつつ自己紹介して、おしゃべりにも花が咲きました

あ、自己紹介って大事なのよ。
全く知らない人だと緊張するけれど、自己紹介してお互いに少しでも相手を知ることが出来ると、打ち解ける時間が短いんです。
これは、解らないものには恐怖、わかるものには安心するという人間の心理であり、真理であります

お腹が満たされると始まるのは凄腕整体師・マックさんの実演。

お子様やDaviさんの不調を、あっという間に改善してくださいました

気のバランスの実演もあって、まず私がモデルでやると、長野のみなさんみんなが我も我もと体験なさいました。
翌日の施術の集客が増えてました流石だ



一次会の後はカラオケ・・・ということで、カラオケボックスに行ってみると結構な人出です。
カラオケで「ソフトクリーム食べ放題」ってのが、かなり気になりましたが、待ち時間が長かったので
ホテルに戻り、部屋飲みすることに。
部屋でも3時間近くおしゃべりしてました。
武勇伝や手相やテレビの話などなど、いーっぱい
珍しい手相の持ち主の方々がいらっしゃって、興味深かったです。
あの手相は「ますかけ線」だったっけ?すごかった。


さんざんおしゃべりした後はホテルの温泉へ。

大浴場が一箇所のため、男性陣が入浴した後に女性陣が入りました。
本来は午前1時までの入浴時間だったようですが、ホテルの方にお話しすると、ちゃんと入れるようにしてくださいました。
とてもありがたかったです
そして女性三人で大浴場を満喫しました。気持ちよかった〜
本当に、2ヶ月と10日前は、裸のお付き合いするなんて考えてなかったものね。
でも、あの9月にお会いした時、嬉しくて嬉しくてしょうがない感覚があったから、やっぱりご縁があるのだろうな


さて、その後。
明日の目覚めの準備をして、皆お布団に入り、消灯したのであります。

が。

急に風の音が気になりました。

びゅうびゅうごうごう、音を立てています。
風の又三郎だっけ?『どっどど どどうど どどうど どどう』って音は。
そんな感じでしたよ。

「凄い風だねー」「2重サッシ、閉めたほうがいいかな?」「そうだよね」と、AYUさんが窓辺に行ってくださいました。
そして外を眺めて「うわー!星が綺麗
即座に私も窓辺にいき、空を眺めましたら、なんて素晴らしい星空
うわー、美しいなー
と、眺めていたその時、流れ星が
それも、クッキリ、ハッキリ、尾の長い、しっかりした流れ星
今までの人生で見た流れ星の中でもベスト3に入ると思われる、完璧な流れ星でした
「きゃー、流れ星ー!」と声をキャーキャー出してたので、お祈りする時間は無かったな

不思議な事に、星が流れた後は風もピタリと治まり、静寂に包まれました。

まるで私達にお知らせしてくださったかのような風
ありがとうございます

そうして目の奥にキラキラしたものを感じながら、初日の夜は更けていったのでありました。

ありがとうございます


大人の遠足 in 上田♪ その3へ続きます☆

大人の遠足 in 上田♪ その1

December 04 [Sun], 2011, 22:31
今年の9月24日・・・
新宿三丁目でとある飲み会がありました。

それは、高校同窓の先輩方と、そのお友達の方々と、11人で集まった飲み会でした。
二人の方とは二回目、それ以外の方々とは、初めまして・・・の宴でした。

その2ヶ月と10日後、こんな日がくると、誰が想像していたでしょうか



その日の宴に参加していた、AYUさん、ギュウちゃんさん、コンちゃんさん、マックさん、Peruさんと一緒に
長野県上田市に宿泊してきました

元々はギュウちゃんさんと、その大学時代のお友達が戸隠に行くという計画があり
凄腕整体師のマックさんがPeruさんお住まいの上田で動体療法のセミナーを開催するという話があり
24日に参加していらした方数名が、身体に痛みを感じる部分がある・・・ということで話が盛り上がり

『みんなの痛みを東京で治した後、上田でセミナースクール&治療をするマックさんにくっついて、大人の遠足をしよう!おまけに女子はヘアメイクや姓名判断もやっちゃおうツアー』

が開催されたのでございます。(タイトルは女子目線です


さて、その一日目。
マックさんの施術を有楽町で受けたAYUさんと13時11分の新幹線に乗る約束をしていた私は
ほど良い時間に東京駅に到着する予定で、自宅最寄の駅で電車を待っていました。
その時、再度新幹線の時間を確認すると、画面には13時04分発・・・の文字が。

あれ?
どうして?

先日新幹線の時刻を検索したときは、13時11分発だったよね?
でも、どう検索しても、新幹線の東京駅発車予定時刻は13時04分
今から乗る電車で行くと・・・東京駅に電車が到着してから新幹線が発車するまで10分間しかない

大慌てでAYUさんに連絡
もし、電車に乗り遅れると、上田でヘアアレンジとエステメイクをしてくださるDAVIさん&Peruさんにもご迷惑がかかる

乗換駅で、一本でも早い電車に乗車が出来れば東京駅への到着が早くなると考えた私は
出来る限りめいっぱいの早足で乗り換え改札を通過
なんとか、東京駅への到着予定時刻を6分早め、無事にAYUさんと合流することが出来たのでした

新幹線の席も確保し、車内販売で高崎のだるま弁当も購入し、ウキウキ上田へ向かいます


上田駅ではPeruさんが迎えに来てくださっていました6週間ぶりの再会

そしてPeruさんのお友達で美容師のDaviさんともお会いし、一緒に宿泊予定のホテルへ向かいます。
駅からホテルまでは徒歩3分なのですが、Peruさんは折角だからと車で上田城まで行ってくださいました

ホテルに到着したら、しばし歓談タイム
よしちかさんが差し入れしてくださった鯛焼きや

Peruさんが差し入れしてくださった長野の林檎を、皆で頂きました


それからは楽しみにしていた美女エステティシャンのPeruさん、美容師Dav iさんのエステ&ヘアアレンジ大会。
Peruさんの手技は暖かく気持ち良く、おまけに素晴らしい効果があって、顎のラインがグッと引き上げられちゃいます
素晴らしいー

二人がかりでメイク&ヘアアレンジしてくださる姿は、まるで結婚式用のエステタイムのよう



で、エステ前とエステ後の比較の写真を比較すると♪

自分の脳が「違う人」と認識するほどに変化してました
髪をまとめているほうが施術前です。
ツヤツヤプルプルでございます

そうこうしているうちに、東京からの後発チームが上田へ到着。
このあと、宴へと続くのでした


「大人の遠足 in 上田 その2へ続く」

誕生日ありがとう♪

November 19 [Sat], 2011, 23:47
今日、11月19日は、私の誕生日でした。
調度人生半分です

朝から(と言うか深夜から)お祝いのメール、メッセージ、電話、沢山いただきました

皆様の愛情に支えられて、ここまで生きてこられた事に、心より感謝いたします。
ありがとうございます


本日は大江亞紀香さん主催の「コーチングに活かすNLP」のセミナーを受講してきました。
NLPはマスタープラクティショナーですが、コーチングは受講した事がなかったので
とても勉強になりました。

誕生日に深い学びや、自分を見つめ言語化することで、これからの生き方に
新たな空白が出来、パワフルな力が生まれました
ありがとうございます

そしてセミナーのあと、銀座阪急の「Mother House」に寄って
自分への誕生日プレゼントを購入。


長財布と名刺入れです


Mother Houseの店員さんは、会員ポイント入力中に気づいて
「お誕生日なんですねおめでとうございます
袋に赤いリボンを付けてくれました


新しい魅力を増やして、新しい一年も楽しく生きます

皆様、これからもご指導よろしくお願いいたします。

                                        もー。

大宰府の旅 (後編)

October 17 [Mon], 2011, 23:18
天開稲荷社の次は、竈門(かまど)神社へと向かいます。

木々の中の小道をどんどん下っていきます。


そして、お石茶屋の先にあるトンネルを抜けていきます。


トンネルの反対側はこんな感じ。
紅葉にはまだちょっと早いわね。



それからずーっと、ずーっと、車道を歩きます。
途中には石垣があって、そこからけなげに咲いている花も。


ガードレール沿いに密集して咲いている彼岸花。


後で調べたら、天開稲荷から竈門神社までって、
約2kmあったのですよ。
毎日ウォーキングしてて良かったと思ったわー

ひたすら歩いて・・・体内感覚では30分ほど歩いて
竈門神社の参道に到着。


こちらもあと数年で1300年祭なんですね。


何故か、ここには鹿さんカップルもいました。


牛さんの仲間、偶蹄目だから?(笑)

竈門神社の本殿に到着



こちらは神武天皇の生母、玉依姫命を祀ってある、縁結びの神社だそうです。


宝満山の山頂に上宮があるそうです。
(今回参拝したのは、麓にある下宮です)

傍には須佐神社も。


しっかり参拝した後、御神籤をひいてみましたら「大吉」でした
しかしながら「待ち人、来れど遅い」「失せ物、出てこず」などなど、本当に大吉?って文章ばかり。
これは「大吉ってことに浮かれてんじゃない!」って事だと思い、結んできたのでありました。
あ、でも良いことも書いてあったのよ
それはナイショ


社務所で小皿に入った鹿さんの餌も販売していたので、購入。

白い小皿が餌の入れ物だと知っているのでしょう。
私が小屋に近づくと、それまでのんびりしていた2頭がものすごい勢いでおねだりにきました(笑)



参拝も出来て、鹿さんとも触れ合えて
楽しかった



参道の入り口まで降りると、一時間に一本しかないコミュニティバスが調度到着した所
帰りはバスに乗って、大宰府駅まで戻り、梅が枝餅を買って、佐賀へと向かったのでありました。

天満宮、天開稲荷社、竈門神社と巡った旅。
約4時間の、充実した旅でしたよ


大宰府の旅 (中編)

October 16 [Sun], 2011, 17:21
10月2日に行った太宰府天満宮。

丑年生まれの菅原道真公を祭ってあるので
牛さん達もたいそう大事にされているご様子。

敷地内の様々な所に牛さんの像が置かれています。


これは表参道の突き当たりに設置されている御神牛。


こちらは手水舎の神殿寄り、桜門の右手に置かれている牛さん。


本殿から右に出た中島神社の前の牛さん。


誠の滝の近くの牛さん。


くすのき千年の碑の近くの牛さん。


もしかしたら、他にも沢山いらっしゃるのかな?
どの牛さんも歴史を感じる牛さんでした。

沢山の末社も祭られているので、皆様にご挨拶してすすみましたよ。

こちらはくすのき千年の碑

太宰府天満宮には国天然記念物に指定された樹齢1000年の樟があります。
樹齢専念でも毎年若葉をつける樟。
大好きな木です。


さて、ここから何だかとても気になる「天開稲荷社」へ。

天開稲荷社・かまど神社はこちら→
という表示を見つけて、とても行ってみたくなったのです。


さだまさしさんの歌「飛梅」の歌詞にも出てくる
お石茶屋の前を進みます。


このお石茶屋は、大正時代から昭和にかけて、イシさんという
とても美しい女将さんが切り盛りしていらっしゃったらしい。
地元の名士さんや、政治家の方々も足を運んでいらっしゃったとか。

立ち寄ろうかとも思ったけれど、なんだか興味はお稲荷さんに向いていたので
どんどん歩きます。

すると朱色の鳥居が見えてきました。


鳥居をくぐると、ぱあっと目の前が開けます。
なんだかいい気持ち。


いくつもの鳥居をくぐって進み、登っていきます。


急だよう


ようやく天開稲荷社に到着。

自分の干支の書かれた鈴を鳴らした後
奥にある大きな鈴を鳴らして参拝します。


こちらは鎌倉時代に京都の伏見稲荷から分け御霊をさずかり
お祭りした社だそうな。
宇迦之御魂神が祀ってあるそうです。

五穀豊穣と、御商売と、開運と幸福をもたらす神様だそうです。

雑誌に掲載されたらしく、パワースポットと書かれた記事も貼ってありました。
そうなんだ・・・

ふとお社の左側を見ると、奥にも登って進めます。

奥には石室のような院が。


中には御狐様が何体も並べられた祭壇がありました。
失礼かと思ったので、中の写真は撮りませんでしたよ。

遊園地「だざいふえん」の音楽は聞こえてくるけれど
感覚的にはとても静かな、気持ち良い場所でした。



この後は竈門神社(かまどじんじゃ)へと向かいます。
続く。




大宰府の旅 (前編)

October 16 [Sun], 2011, 11:50
10月2日 帰省の寄り道で、大宰府へ足を運んできました。

太宰府天満宮には小学生か中学生の頃に電車で行った記憶と
高校生のときに大学受験の祈願と合格御礼で行ったきり。
電車で行ったのは2回他は車で。
なので、二日市から太宰府天満宮へはJRから西鉄電車に乗り換えて行くって事
すっかり覚えていなかったのでありました。

なのでまず、まずJR二日市駅のコインロッカーに、沢山の荷物を預けました。

ちっちゃいロッカーしか見つからず、スーツケースだけ持って
小さい荷物だけロッカーに入れ、移動しようとしてたとこで、大型ロッカー発見!
ええー?小さいロッカーの300円がモッタイナイ・・・
しかししょうがない・・・大きいロッカーに荷物を入れ替え手荷物を最小限にして、施錠。

と、そこで気付いた。

携帯電話も腕時計もコインロッカーの中

もしかしたら、これは時間や俗世とのつながりを気にするなって事かもしれない・・・
と、気を取り直して、出発しました



10分ほど歩いて、西鉄二日市駅に到着。


西鉄二日市駅から大宰府駅へは2駅。
歩こうか・・・とも思ったのですが、いや、ここは東京23区内ではない。
知らずに歩くと大変な事になる(笑)と思い、電車に乗る事に。
大宰府への直通電車に乗って行きます


大宰府駅は、駅の看板も梅の花で彩られています。

この地にある太宰府天満宮の御神木は飛梅ですからね

駅を出て、右に曲がるとすぐに参道。

参道の両脇には様々なお店が並び、梅が枝餅やさんも沢山あります。
甘い梅が枝餅の香りを楽しみながら進みます。

途中にはこんなお店も・・・何故?



さて、太宰府天満宮、参拝口に到着。

こちらは菅原道真公が祭ってあります。


丑年生まれの道真公だから、牛さんの像がありました。

学問の神様、道真公への祈願で、沢山の方々が触っていらっしゃるんでしょう。
牛さん、あたまがピカピカ


こちらは敷地内にある心字池に架かる赤い太鼓橋。
三つの橋があって、過去、現在、未来なのだそうです。


さだまさしさんの歌「飛梅」でも歌われていますね。


カップルで渡るとお別れするという言い伝えも・・・
私には、何の問題も無いでしょう
パートナー募集中

橋を渡って手水舎へと向かいます。


あれ、何だか熱い視線が。
見られてる?と感じ、そちらへ目を向けると


麒麟さんと目が合いました


鷽鳥と麒麟の銅像です。カッコイイ

麒麟は聖人が現れ王道が行われるときに出現するといわれる瑞獣で
菅原道真公を称えられたもの。



こちらが鷽鳥。嘉永5年に奉納されたもの。

幸運を運ぶ天満宮の守り神。
一年中の嘘を天神様の真心と取り替えていただく鷽替え神事縁の鳥。


手水舎で清めた後、本殿にて参拝。

写真の右にあるのが飛梅です。

今現在も、学びたい事を学び続けていられる幸せに感謝し、
これからも精進いたしますと、お伝えいたしましたよ




携帯電話も腕時計も持っていない私。
今日の時間はお日様を感じて判断します。

まだまだいろんな所へ行きたいな・・・時間はたっぷりあるな・・・と思った私は
この後、今まで行った事のなかった場所へと進むことになるのでした・・・。 

続く。

お水が変化したよ!

October 10 [Mon], 2011, 13:03
昨日、ホ・オポノポノのセミナーに参加して、ブルー・ソーラー・ウォーターの作り方を教えてもらいました。
ブルー・ソーラー・ウォーターってのは、ホ・オポノポノを実践するのに大切なクリーニングツールです。

それは・・・
青い(インディゴブルー)瓶に、水道水を入れて、お日様に15分〜60分あてたもの。

曇り空でもOK。雲を越えたら空があって、お日様があるものね♪
お日様が当たらなければ、白熱灯でもOK。


で、早速青い瓶を使用して、作ってみました


初めてなんで、どう変わるのか知りたくて、水道水と比べてみました。

同じコップで同じ分量だけ、並べてみました。

そしたらね、まず、瓶からコップに注ぐ感覚がとろりとしているんですよ。
美味しい日本酒を一升瓶からグラスに注ぐ感覚と、良く似ているんです。
普通に一升瓶に水を注いだのを出すときと、全然違う!
(何故そんな感覚を知っているかと言うと、昔一升瓶からお酒を注ぐ音を水を使って録音してて、
水だと全く上手くいかなかったことを覚えているのです

で、この写真、よーくご覧になってください。


左側が水道水、右側がブルー・ソーラー・ウォーターなのですが、
お水のふちがギザギザとツルツルと違うようになっているの、解りますか?

この写真が水道水。


こっちがブルー・ソーラー・ウォーター。



でもって、飲んでみるとブルー・ソーラー・ウォーターが明らかに喉越しが良い!
舌触りもまろやか♪ほんのり甘味さえ感じます。
スルスル喉を通ります。

飲み終わったグラスの写真、水滴が付いているのが水道水。
右のグラスには水滴が残りませんでした。


コレ、凄いわー♪
このお水には、かなりはまりそうです。

ありがとうございます愛しています






ブルーソーラーウォーターの作り方は、ホ・オポノポノ アジアのHP、
ショップのブルーボトルのところに記載されています。
興味のあるかたは、そちらをご覧になってくださいね。

P R
最新コメント
アイコン画像もー
» 大人の遠足 in 上田♪ その3 (2011年12月07日)
アイコン画像Peru
» 大人の遠足 in 上田♪ その3 (2011年12月06日)
アイコン画像もー
» 誕生日ありがとう♪ (2011年11月29日)
アイコン画像もろもろ
» 誕生日ありがとう♪ (2011年11月27日)
アイコン画像もろもろ
» 太陽・地球・月 そして暦 (2011年05月30日)
アイコン画像みぃ
» 東北地方太平洋沖地震 (2011年03月12日)
アイコン画像もー
» 日本の神様 (2011年02月26日)
アイコン画像もろもろ
» 日本の神様 (2011年02月24日)
2012年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:to-moesan
読者になる
Yapme!一覧
読者になる