桑田と蝦名

June 10 [Sun], 2018, 0:29
完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるインプラント。ですが、便利な反面、制約もあるので覚えておきましょう。

まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があるという事実です。糠喜びにならないためにも知っておきましょう。どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりするかもしれません。



喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は無視できないものがあります。


インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが治療の成否を分けます。

組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは例外なく阻害する働きをします。

インプラント治療のために何でもできると思うなら、最低でも手術から治療終了までの間、禁煙を決意してください。人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。
インプラントは、各パーツがどのように繋がっているかによって、以下に示す何通りかに分かれています。アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているのが1ピースタイプと呼ばれるもの。
そして、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。



2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれており、それぞれ特性が異なります。
インプラント治療にかかる費用を合計するとトータルで30万円から40万円と考えてください。


相場は地域によって異なります。歯科医院の規模や、歯科医の評判も治療費は相当変わってくるので、事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、治療に取りかかることをすすめます。歯科医院決定に大事なのはインプラント治療経験者の口コミです。近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。

年々進化を続けるインプラントの技術。



近頃では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、それも皆無とはいきません。

埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、食事の際にグラグラと動いてしまうというケースも稀に報告されています。


そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足に原因があると言ってよいでしょう。

インプラント手術の経験と実績のある歯科で治療を受けるようにしましょう。

現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。



金属の中では、骨との親和性が高い方で材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。
インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて本格的に治療をすすめていくので納得した上で治療を始められます。一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全で、快適な使用が続くことを期待できます。

近年市民権を得てきたインプラント。



人工歯の組成には、多くの場合、セラミックが使用されています。セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。人工歯の製作には、高い技術と美的センスが要求される作業です。これには大変な手間と時間がかかりますから、その分、インプラントの人工歯は、従来の金歯よりも高額になるのです。
どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。

他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根とあごの骨を結合させてしまうのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントが定着しなければ同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。
それに、埋入手術の際には手術時に神経を損傷する危険を伴います。インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行うごく一般的なインプラント治療でも、院内感染が起きないと言えません。


このため、歯科医院を探すときに感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが命に関わる大事な問題です。


院内感染防止の対策をきちんとホームページに載せている歯科医院もどんどん増えているので、まずはそこを見てください。入れ歯では噛んだ感じがしない方や、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にも選択肢としてインプラント治療があります。外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。何よりも見た目の自然さや快適な使用感を譲れない方にふさわしい治療です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Kaede
読者になる
2018年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる