グリンピアというかつてちょっと賑わった地元のレジャー施設に行った話。

September 28 [Fri], 2012, 15:33
夏休みの思い出をひとつ。


かなたは乗り物が好きで、運転したいと常々言ってる。
んで、ゴーカートに乗れるとこに連れて行こうと思って、そこに行ったわけです。

が、行ってみたら寂れてた…( ̄Д ̄;)


いや、夏場だし、プールとか海水浴場は賑わってたと思う。
そういうのが今やメインなんだろう。

けど、反対側の私たちが向かった方はがらーーんとしてた。
かつて在った子どもの遊び場は、スカイサイクルだの小さいジェットコースターだのという乗り物があり、焼きそばとかかき氷のようなものが売られるお店もあった。

んだけど、半分以上は無くなってて、お店も無かった…(ToT)

それでも、アンパンマンのバッテリーカーが健気に音を鳴らしていたので、とりあえず乗ったら途中で止まった…
係のおじさんにあれこれしてもらって、何度か止まり結局はカードを一枚多くもらったのでま、いっか。


それから、他に生き残ってる乗り物は無いものかと歩くと、スワンボート発見!
乗せたことないし熱望したので、先ほどのおじさんに聞いてみたら乗れるらしい。
つか、よくみたらスワンではなくパンダだった。

なぜ…

パンダは水上に浮く動物だったっけ…


とりあえず、3人までだったので私は桟橋でカメラ係りを務めることにし、父子3人が乗った。


この頃は夏真っ盛りでガンガンに暑かったけど、桟橋は水面を走る風がよく吹いて、とても心地好い。
座り込み、水筒のお茶を飲みつつカメラマン。

しかし、船内は案の定、揉めたり叱られたりしながら頑張っていた(笑)


それでも楽しかったようで、かなたに何度ももう一度乗りたいと言われた。来た甲斐があった…(*´∇`*)


それから浜辺にある、大河ドラマ『平清盛』のロケに使われた海賊船を眺める。
家族で私だけしか観てないので、盛り上がりに欠ける(´-ω-`)
みんなどーでもよい感が漂ってたんで、船内の見学はとても出来る雰囲気ではなかった。


それから戻りつつゴーカートを発見!
ヤッターと思ったら、身長が足りなくて乗れずΣ(゜д゜;)
わぁぁぁ…メインの目的がぁぁ…

ということで、悔しさを写真に刻む。
代わりに、何故かこちらはひなでも乗れるそうなので、ジェットコースターに乗る。

私は無理だから、待つ。
ひな大丈夫かしら、と思ってたら全然平気だった。
びっくり。

ま、緩やかなものだけどさ、そんでも浮き上がるような感じはあったんじゃない?
加えて古いので、むしろ見てるほうがドキドキしたかも(苦笑)

かなたはもちろん、ひなもキャッキャ喜んでたので、よしとする。


猛烈に暑い中、車のほうに戻ろうと思ったら園内のシャトルバスが行ってしまい、下ってきた坂道を延々登ることに。
子どもらが抱っこを求めて来た時、もう夏にここに来るのはやめようと思った(´-ω-`)


とりあえず、ひーこら言いながら駐車場に戻り、余りの暑さに帰り道アイスクリーム屋さんに寄って休憩しました。


因みに前述の通り、かなたはいたく気に入ったようで
「パンダボート乗りに行こう!」
と、しょっちゅう悪魔の呪文を唱えてます( ̄▽ ̄;)

やー、楽しんでもらえて、よかったぁーー…



絵本と平和と祈り

September 24 [Mon], 2012, 13:58
めっちゃ前の日記です(汗)
グダグダしてたら夏休みが過ぎてしまい、日記たまりまくり。
頑張って更新しなくては!



8月6日はかなたの登園日でしたが、旦那さんが有休だったのでお休みしました。

朝テレビで中継を見ながら8時15分には黙祷。
毎年だけど、たくさんの人が一瞬にして命を落とし、また地獄を味わったことを思うと胸が痛い。
そのたくさんの中に、幼い子どもたちが含まれていたことも、なおさら悲しいです。

子どもたちやそのまた子どもたちが生涯、こんな悲惨な目に遭わずに過ごすためにも、平和って本当に大切であり常に希求すべきものだな、と感じます。



諸々支度して、車で広島市内に向かい、まずは県立美術館へ。


絵本の原画の企画展が催されていて、見に行った友人が絶賛していたのと、同時開催のフレデリック・バック展も見たかったので、生協でチケットを予約して行きました。


道中、広島に初めて出来たスタバのドライブスルーに寄ったりも。


先にフレデリック・バック展を観ることにして入場。
『木を植えた男』で有名なアニメーション作家さんね。あの作品のイメージ通り、穏やかで無口な雰囲気の会場で、小さな子どもたちはうるさくて超浮いてた( ̄▽ ̄;)
走り回って学芸員さんに注意されたりしたし、やっぱり美術館はまだ難しいのかなぁ、と思いました。
多分かなた一人なら大丈夫だけど、ひながいると一緒にはしゃいでしまうんだよね。
或る意味、悪友(苦笑)


おかげで、あまりゆっくり見れなかったけど、フレデリック・バックが意外に多様なタッチの絵を描く人なんだと知れて面白かったです。
色鉛筆の柔らかく繊細でパステルな、あの雰囲気ばかりかと思っていたら、原色をふんだんに使ったポップなものもあって、可愛かった。


子どもたちを追いかけるようにして慌ただしく見た一回戦を終え、不安と疲労を抱えながら続いて二回戦へ。

次は、絵本の原画展です。
此方はのっけから体感型の展示があって、子どもたちスイッチオン!
『おしいれのぼうけん』の押し入れを再現して登ったり覗いたりできるようなものやら、『クレヨンのくろくん』シリーズのクレヨンたちが子どもサイズに巨大化したものやら…

飛び跳ねてよろこんでた。
写真オッケーだし、触れるし、各部屋にそれぞれあるので、その間に親たちは本や展示を見れる仕組み( ̄▽ ̄)b

…しかし、ワークショップの切り絵のとこに、子どもたちが飛び込んで参加したときは、ハサミ使うし付き添ったので全然見れなかった(汗)


予想以上に楽しめて、時間がなくて駆け足で見たのが勿体なかったなー

結局子どもたちにそれぞれ一冊ずつ絵本を買って、美術館を後にしました。


お昼になったんで、市内に移動。
子どももオッケーなランチ…と思ってたら通りかかったカフェにお子さまランチの文字が(°Д°*)


地元じゃあ有名なカフェの何号店だかで、独身時代に友人と来たっきりの和カフェ。
カウンターのペア席か、小上がりの半個室で、完全にしっとり系だから、子連れとかあり得ないと思ってた。

聞いたら店員さんも親切な応対で、ベビーカーが入り口近くに置かれてたんで、他にもちびっこ連れが居るんだと安心した♪

大人はそれぞれランチ、にお子さまランチ、ひなは取り分けにしました。

ちょっと机が小さくて、子ども椅子とかはなかったんだけどね。


ランチを終えて、次は一番の目的地、平和記念公園へ。


まずは慰霊碑のところで祈ります。
お賽銭箱があるけど間違っても、願い事叶えてもらおうとしないでねー(苦笑)
慰霊なので、お墓参りみたいなものですよ。

8月6日はいつもながら、外国から来た人々と、マスコミのカメラがどっと増えます。

かなたとひなせが手を合わせて目を瞑っていたら、テレビカメラが向いた。
他にも、折り鶴の子の像という、千羽鶴を置く場所の鐘のところで子どもたちがやはり合掌してたら、外国人カメラマンの方が2人を撮ってました。

ひなは合掌したあと、石碑の文字を触ったりしてたんだけど、かなたは撮られてるのに気付いてずっと合掌したまま、薄目開けてまだかなーって見てました(笑)

その外国人のカメラマンさんは、私らに「お子さんの画像は消した方がいいですか?」的な事を聞いてくれたんで、「どーぞどーぞ」とダチョウ倶楽部的なゼスチュアしときました(^_^;)
やー、英語できたらなー。

灯籠流しの絵を描くのだけやって、原爆ドームの周りを歩いて平和記念公園を出ました。
小学生くらいになって、金曜日や土曜日が8月6日だったら、子どもたちと灯籠流し見に来たいなー。


最後はBOOK・OFFでハードカバーを数点売って帰りました。







P R
2012年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
アイコン画像慇懃無礼者
» 下関門司紀行(2:下関唐戸市場と海響館) (2012年01月24日)
アイコン画像たけじじ
» 祝☆6ヶ月! (2010年12月12日)
アイコン画像たけじじ
» テーマソング♪ (2009年06月25日)
アイコン画像慇懃無礼者
» 公園に散歩に行く理由。 (2009年05月19日)
アイコン画像つん
» かたんかたん、と僕。 (2009年04月20日)
アイコン画像おさ
» かたんかたん、と僕。 (2009年04月15日)
アイコン画像たけじじ
» 絵本会とフォーク (2008年07月30日)
アイコン画像たけじじ
» 10ヶ月になりました! (2008年03月27日)
アイコン画像つん
» 成長&三種二回目 (2008年03月21日)
アイコン画像亜沙美ママ
» 成長&三種二回目 (2008年03月19日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tntn705
  • アイコン画像 誕生日:1月14日
  • アイコン画像 趣味:
    ・読書-有栖川有栖にはまってます♪
    ・お守り集め-あちこちの寺社で可愛いお守りを見つけては、ついつい買ってしまいます
読者になる
2007年5月21日生まれの4歳男児と2010年6月9日生まれの1歳女児の母です。 かわいいけど、やんちゃな子供たちと日々格闘しています。
Yapme!一覧
読者になる