折田とたっちゃん

March 13 [Sun], 2016, 20:42
昔はあまりメジャーではなかった看護師の能力評価に関して、近年ではだいぶ行なう病院が増えてきました。個人ごとの能力を評価することを可能にするため、評価の基準になるものを、しっかりと一から作った病院もたくさんあります。評価を行なうのは、毎月の病院や、一年に一度だけということもあります。なんにせよ、定期的に評価が行われることによって、自分が次はどこまで能力評価を上げたいか、など目標を持つことができます。また、高いモチベーションを保てます。医療機関で働く看護師は、病棟勤務か外来勤務のどちらかに就くことになりますが、残業はあっても、日勤だけで済むのが外来勤務です。保育園や学童に子供を預けて働けるため、子供のいる人には良い環境です。また、病棟勤務と違い、夜勤がないのはもとより、大体は土日祝日が休めるという点が嬉しいところです。外来勤務が忙しくなるかどうかは、病院による部分もありますが、混みやすい小児科や、人気のある医師のいる診療科だと大勢の人で待合室が飽和状態になるほどで、その対応にかなりの時間を取られることになるでしょう。求められるスキルも病院や、診療科によっても違います。街コンはもうご存知の方が多いと思いますが、そこではたくさんの出会いが待っています。こういったイベントに出る看護師は多く存在しています。同僚の大多数が女性、ということも多く、どうにも男性に出会うことが難しく、結婚相手を見つける目的などのある看護師が、街コンに参戦しています。街コンの場面でも、看護師は人気があります。とは言え、せっかくいい相手が見つかっても、後々になって仕事柄、休みの予定が合わない場合もあり、破局をむかえることが多いと言われています。患者という立場から見ると不安を解消し支えてくれる看護師の存在は本当にありがたいものです。でも、その労働は過酷なものであることが多いのです。具体的には、たくさんの覚えなけばいけない事や確認作業など、命にかかわる仕事をいくつもこなす必要があるため、常に緊張を強いられる状態なのです。そのため、うつ病を患う看護師も今では珍しくありません。看護師に多いのですが、真面目で責任感が強いタイプやストレス発散方法がないという場合は要注意だと言えます。なぜ看護師をやるのかといわれたときに、よくいわれる動機の一つにお給料を多くもらえるということがあると思います。初任給で考えても、大体同じくらいの世代の、普通の会社に就職した人たちの相場と比べた時にもより高い給与を得ていることが分るはずです。しかし、そのように高給をいただくということは自分の腕を磨いて、患者さんに貢献していかなければなりません。働き方を色々と変えることも可能な看護師ですが、それでも、殆どの人は医療機関で働いているわけです。看護師といえば病院で働くもの、というイメージがありますが他でも、多くの場所で、看護師資格を持つ人材は求められています。例を挙げると、大きな企業内にある医務室、保育園の保健室、あるいは介護施設や市の保健センターなどになります。こうした職場で看護師として腕を振るう人もじわじわ増えています。看護師はこんな風に仕事をすることが可能であり、結婚や出産をした、子育てが終わったなど、ライフステージの変化に合わせるようにして転職し、仕事をしやすいようにすることも可能なのです。多くの看護師は、病気を患っている患者やその家族と接する場合が多いので、不潔な印象にならないよう、髪形にも配慮しなくてはなりません。看護師として、自分が患者ならどう思うのかを考えつつ、清潔な印象を与えるヘアスタイルにすることが良いでしょう。勤務先によって、ルールがそれぞれ異なるケースがあると忘れないでください。一般的に人気が高いと思われる看護師ですが、独身の女性も多いです。看護師がどのくらいの年齢で結婚しているのかを調べてみますと、全体的に、早い人と遅い人の差が大きい事が言えるようです。晩婚の理由として多いものは、出会いが無かったり、自分の出世を考えて結婚が遅くなるという事も珍しいことではありません。夜勤シフトもあって、看護師の勤務時間は一定しません。休日や時間休も取れますが、身体的に辛いということもあって、結婚、出産を理由に退職に至る人はかなり多い、というのが問題となっています。特に子供ができるといつでも託児を引き受けてくれる場所がないとそもそも夜勤などはできないものです。けれども、ここ何年かのことですが、育児を終えてもう一度看護師として働くことを希望する人も増加傾向にあり、ブランクはあれど経験者ですから、期待されています。看護師として患者から信頼してもらうためにも、看護師は服装や髪形など、外見を整えておく事が必須になります。メイクをする女性の場合、派手なお化粧は控えて、印象の良いナチュラルメイクにするのが相応しいと思います。ノーメイクという訳でもありませんから、きちんとした雰囲気になるので、周りに与える印象が変わりますよ。スキルを上げて「有能な看護師になりたい」と願うのなら、一にも経験、二にも経験となります。どんなことが起こっても、問題を解決できる方法が確立されている、といったものではなく、臨機応変さが必要になってきますので、たゆまぬ努力と、研鑽を重ねていくしかないのです。ところで、更なるスキル向上を狙って転職を希望する場合があります。規模の大きい病院に移って技術を吸収したいと希望する、とてもアグレッシブな転職になります。看護師は、他業種と比べても給金は良い方ですが、それでも、より稼ぎたいということで、Wワークを始める人も意外に多いです。Wワークに向いた仕事も様々で、健康診断をサポートしたり、修学旅行などに同行するツアーナース等々、単発の仕事や短期の仕事も、正によりどりみどりで、休日を利用してWワークをしたければ、できてしまいます。ですが、本業で勤めている病院で副業をしないように、というお達しが出ていることがあります。そして、何と言っても、看護師の仕事そのものが大変な激務なので、本業に支障が出るまで副業に励むのは、止めておくべきです。日夜、仕事に打ち込む看護師の給料は、他業種と比べると高めですが、大病院や個人病院など、どういったところで勤務しているかにより、金額は相当変わってくるのが普通です。退職する時に出る手当である、退職金については、国立や公立の医療機関の場合は、きちんと勤続年数や仕事内容による退職金の算出方法が確立していますので、それを支払ってもらえるでしょう。個人病院はどうなっているかというと、病院にもよりますが、たいていは退職金の取り決めがはっきりしていないようで、どうやらその辺は、トップの胸三寸といったところがあるようです。公立病院なら、決まりに沿った額の退職金をもらうことができますが、他はそうとは限らないということが言えます。こことは別のところで働きたい、と転職を真剣に考えている看護師はそこそこいます。たいていの医療機関では、看護師の需要が大変高く、そういう訳ですから、求人数は安定して多めです。勤務している今の職場でハードワークに見合う給料をもらっていないと感じていたり、例えば残業が多すぎるといったように、労働環境が劣悪であるなど、転職に至る理由は、人それぞれ事情があるようです。もしその理由が、現状よりも環境や待遇を好転させたいというものなら、給料や労働条件の確認も大事ですが、それだけではなく、どういった評判があるか、ということも知っておきたいですね。看護師の勉強をするための学校には広く知られているとは思いますが、看護大学または看護専門学校という、二つの機関があります。カリキュラムの内容に大きな違いはありませんが大卒の場合、キャリアを上げるのに有利な要素となり、専門学校に行った場合より、少し高い給料をもらえることが多いです。それに対して、専門学校の利点は何でしょうか。それは、学費が大学に比べて安いということと実習が多いので、すぐに戦力として使える人材になれることだと思います。看護師を題材にしたドラマがよくありますが、あの様にはいかないのが現実なのです。普段から大変な仕事量をこなしているところにさらに、実は決まった労働時間以外にもしなければならない仕事が多くあるため、残って仕事をしなければならないことがよくあります。それでも、多忙を極めていてくたびれている時でも常に患者さんやご家族の前では笑顔を忘れません。ほんの少し前まで文句を言っていた人がすぐに笑顔になれるので、看護師は女優顔負けだなと感じてしまうことさえあります。年々志望者の増える看護師ですが、この職業につくためには、そのための学校、看護専門学校や短大、大学といった機関で勉強し、さらに国家試験を受けて合格しなければなりません。ところでこの国家試験ですが、合格率はほぼ9割といったところであり、在学中きちんと勉学に勤しんでいた学生にとっては、たやすい部類に入るのではないでしょうか。看護師を養成する学校というのは複数あります。看護学校、短大、大学や学部などですが、近年、より広く深く学べる上に各種関連資格も取得できる看護の4年制大学に進学する人が、多くなってきているようです。病院という場所で働く看護師は片時も気を抜くことはできないでしょうし、そうしたことにより自覚の有る無しに関わらず、ストレスを溜めていることが多いです。なので、あまり体にやさしくない仕事なのは当然として、メンタルの部分にもかなりのプレッシャーがあるということです。自分なりにそうしたストレスを処理できる手段を知っているかどうかということは、この先も長く続けたい場合はかなり重視するべき点ではないでしょうか。働く看護師の休日に関してですが、本人が働いている医療機関でそれぞれ異なるようです。3交代勤務の場合、シフトを組んで働きますので、休日や出勤日が変則的なことも普通です。一見大変そうなシフト勤務ですが、環境が許せばご自分の予定に合わせたシフトを組むことが出来るので、上手く活用して、平日に旅行に行く人もいるようです。看護師といったら、昔は看護婦という呼び名の定着からも分かるように、女性の看護師がほとんどでした。ですが、ここ最近の傾向として看護師の名称が認知されていることからも分かるように、男性が働くことも多くなってきました。看護師に求められる能力を考えてみると、看護師に関する変化は、時代の流れとして自然なものだと言えます。母性を感じるような優しさはもちろんですが、それ以上に緊急を要する現場で必要になる判断力や体力も、看護師にとって大事なポイントになっています。昨今、ますます看護師は不足気味です。看護師の免許を持っていても、今は、看護の仕事についていないという人も多数います。看護師不足が起こる原因は最終的には、看護師の離職率というものが、はるかに高いということに起因していると言えます。実際の離職率はどのくらいなのでしょう。なんと、常勤看護師で約11%にも上るのです。女性の方が圧倒的に多い仕事のため、出産や育児に専念するために退職、ということもままありますが、それ以外にも、労働環境の過酷さも、離職率アップに加担しているのではないでしょうか。気になる看護師資格の難易度ですが、どの程度だと思いますか?看護師国家試験の受験生の合格率ですが、毎年90%前後ですから、決して低くありません。試験そのものも、今までの授業で普通に勉強していた人だったらそれほど苦労なく合格できるものですから、それほど高難度な資格ではありません。世間から見ると、看護師は比較的稼ぎの良いイメージがつきものです。もちろん、病院では責任のある仕事を任されることもありますし、夜勤が必須になるなど厳しい仕事も多いですが、実際の年収にのみ注目するのであれば、他の業種の収入に比べると平均的に高水準を維持できることが特徴として挙げられます。安定性といえば、看護師という職業が景気の影響を受けにくい点もメリットとして挙げられますね。このような高給で安定した職場という面では看護師は他にないくらい優秀な職業だと言えます。友人は看護師として病院に勤めていたのですが、大病を患ってしまってしばらく看護師を辞めていました。でも、病気を治したら早めに復職して医療施設で看護師として今も元気に働いています。数か月間、仕事から離れていても、資格を取得しておけば復帰も早いと思います。私も時間のあるうちに就職に有利な資格を取っておけば良かったと後悔しています。高齢者はケガや病気のリスクが高く、高齢者人口が増加していくことで、近年においては一段と病院を利用する必要のある人たちが増えていっています。ということはつまり、医療機関で働く看護師に関してもさらに多く必要とされていますが、看護師が足りなくて困っている、という病院はたいへん多いのです。しかしながら、業界で人材が不足しているのなら、そんな状況を打開しようと、求人募集が増えますので、転職を希望している看護師にとっては、転職先を見つけやすい等の大きなメリットもあります。実は、看護師にはちゃんとした階級が存在するのです。高い階級から言うと、ほとんどの病院では看護部長、総看護師長といわれる階級です。具体的に、どのように階級が上がるのかというと、同じ職場に長く勤務して実績を重ねて、周囲の信頼を得ることが必須になります。もちろん、出世して階級が上がれば、それだけより多くの給料を受け取れるはずです。看護師が活躍できる場所は、病院以外にもあります。どういったところかというと、グループホームという介護施設です。こういったところでもまだまだ看護師は足りていません。グループホームで介護サービスを受けている方というのは、高齢者の中でも認知症で生活に困難を抱えている方ですから、それを十分考慮してかかわりを持つということが必要になってきます。介護関係に携わりたいという看護師の方は、職場としてグループホームを選ぶということもいいのではないでしょうか。看護師という職業は勤務時間が一定でないことに加え、キツい仕事だということも原因となり、他職種に転職する人も少なくないという話ですが、実をいうと、看護師の資格を持っているとそれ以外の職場にとっても役立てられることがよくあるといいます。いくつか例を挙げるならば、人体や病気についての過去の経験や知識を役立てることができるので、未経験でも働きやすい職場といえば、保育関係やリラクゼーションサロンなどです。交代制で病棟勤務をしていると、土日も何もあったものではありませんが、一応、土日祝日を休みにするようにもできます。簡単なのは、病棟勤務から外来勤務に移ることで、そうすると、外来の診療は土日は休みですから看護師も一緒に休みとなるのです。変則的な出勤があったり、休日診療に出ることになったりもしますが、それでも、土日はかなり休める印象です。他には、個人の病院で入院施設がなければ、大抵の場合は土日祝日は休みをとれるでしょう。一口に看護師といっても、その職場は多種多様で、複数の科を持っている総合病院から、地域の町医者まで規模は様々です。病院に限らず、保育園や介護施設といった場所も看護師の勤務先です。会社員も会社によって給与が違うように、もちろん、看護師も同様です。大きな総合病院と町医者を比較すれば、貰える給与に違いがあるのです。これらの事を考慮すると、平均的な看護師の年収がいくらだと言うのも、難しいものだと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ハルカ
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tnroasrtewyoun/index1_0.rdf