チータだけど三原綱木

March 20 [Mon], 2017, 15:43
赤ちゃんを授かっている時はもちろん、受胎した時に、十分な摂取が必要である葉酸ですが、普段通りの生活を送っていると、摂取が不十分になってしまう、などの困りごとが出てくる方が多いです。
こうした摂取不足に関する悩みは多くの方が抱えていますが、簡単な解決方法があります。
それがサプリです。
容易な摂取が可能ですから、仮に食事での摂取が不十分だとしても安心です。
冷え性の人は妊娠しにくいと言われています。
体温低下で血行不順になると栄養不良に代謝不良が重なって、ホルモンのバランスが崩れたり生殖機能が低下して妊娠しづらくなるのです。
こういった症状の改善には昔からお灸が使われてきました。
お灸は緊張をほぐして血行を良くして新陳代謝を促し、ツボ刺激による癒し効果もあります。
ホルモンバランスが整うと自然と温かな体になりますよ。
妊娠を計画しているときにも、妊娠しやすい体づくりの為に出来る事ってたくさんありますよね。
例えば、葉酸です。
妊活中の時から葉酸を摂取するように、と何かの雑誌に書いてあったので、意外でした。
葉酸は、赤ちゃんの障害を発症するリスクを下げてくれる必要不可欠な栄養素だと書いてありました。
野菜を十分に摂れない時は、サプリを使うのも良いそうですから、ちょっと安心しました。
食事や栄養についての不安が無くなるように、自分に合ったサプリを選んで妊娠に向けて頑張っていきたいと思ってます。
一般的に、野菜の中でも葉酸が多いと言われているのは、冬が旬の小松菜、初春に店頭に並ぶ菜の花や、夏のモロヘイヤなど、青菜系の葉菜が多いようです。
赤ちゃんを授かったあと、なるだけ早く、こうした食材を積極的に食べた方が良いと思います。
葉酸の摂取で、先天異常の発症リスクが抑えられるという報告があります。
毎日野菜を食べるのがつらい場合には、他の食材で葉酸を摂取しても良いでしょう。
納豆あるいはホタテなどの貝類からの摂取をオススメしたいです。
あまり頑なに考えすぎず、臨機応変に葉酸を摂取するのが良いでしょう。
葉酸は、妊娠に最も重要な栄養素であることで有名です。
しかし、妊娠において必要となる栄養素は、葉酸だけでは無いですよね。
さらに、葉酸単体での体内利用率は低く、それ自体では効果が働きにくくなってしまうため、サプリによる葉酸摂取を考えている方は、ビタミンやミネラルといった、妊娠初期に欠乏しやすい栄養素を25種類ほど配合したサプリを選べば、栄養をしっかりと補給できますし、それぞれの成分が効率的に働いてくれるでしょう。
このようなサプリは、妊娠中の方だけに必要なものだと考える方もいらっしゃるかと思いますが、サプリの摂取によって妊娠しやすい体がつくられますから、「まだ妊娠はしていなけれど、もうそろそろ授かりたい」とお考えの妊活中の方も早めの摂取を心がけてください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Mona
読者になる
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる