アカエリヒレアシシギとアメリカンショートヘア

April 14 [Thu], 2016, 10:39
看護師の職場といえばホスピタルという印象が大部分が思うことでしょう。
しかし、ナースの資格を活かせる職場は、病院以外にもそれはあることです。


保健所で保健師とよく話し合って地域住民の健康上のいろいろなケアをするのもナースの役割です。また、福祉施設には医師が常に居るところは少なく、ほとんどの医療行為をナースが行います。看護師で、育児を優先させるために転職する人もかなりいます。特に看護師の場合には子育てと仕事とを両立させるのが大変なので、子どもを預けられる時間帯のみの勤務だったり、働く日の少ない仕事だったりが良いでしょう。育児に専念する間のみ看護師をやめるという人も多くいますが、育児をするにはお金がなくてはならないので、できれば看護師の資格を活かすことのできる仕事を探してみましょう。
看護師をやるからにはほぼ夜勤の必要が出てくるわけで子育てをしながら働く看護師にしてみると不安材料となります。未就学児であれば、費用はかかりますが、24時間保育が可能な保育所を頼ったり、病院に託児室があるのなら、そちらを使うということもできます。それでも、現実問題として、就学してしまうと預け先が極端に減るということがあります。そういう理由でやむを得ずパートで勤務を続けるという看護師の方も少なからずいます。
結婚と同時に転職を考える看護師もかなり多いです。


配偶者とうまくいかなくなって離婚を選択するよりは、転職する方が良い選択でしょう。
いずれ育児をする気であれば、結婚のタイミングで自由となる時間の多い職場へ転職しておくと良いでしょう。

ストレスが蓄積されていると子どもがなかなかできなくなってしまうので、要注意です。病院などで働く看護専門職が違う仕事先へ変わる際のミスマッチを避けるためには、契約内容でどのような点を大切にしたいのかをとりあえずはっきりさせておきましょう。夜の勤務は難しい、充分な休みが欲しい、患者さんの息をひきとる場は遠慮したいなど、望む職場環境は人それぞれです。



看護職員の価値は市場では高い状態なので、ストレスのたまる勤務場所で辛さに耐え続けることはありません。少子高齢化が深刻化してきている日本で危機とされ続けているのが医療スタッフの不足です。新聞やインターネット上でも深刻な問題として取り上げられることが増えています。

看護師に憧れて、難関の国家資格を手にすることができたのに、辞職する人が後を絶ちません。
その理由は、理想と現実との差が思っていたよりも大きかったということがあるのでしょう。日本国内の看護師の年収は平均してみると437万円ほどです。しかし、国立、私立、県立などの公立病院で勤務する看護師は、公務員として働いているため、平均年収は593万円ほどになります。

公務員看護師は給与上昇率も民間病院より上で、福利厚生も完備しています。



準看護師の場合をみてみると、看護師と比べると平均年収がだいたい70万円ほど低いです。

外来の看護師の業務は、病院を訪れた方なら知っているように、注射や点滴、問診、血圧を測ったり、患者さんに医師の指示に基づき、処置を行っています。


そして、検査や手術といった場合の移送も看護師がやるわけです。
患者と過ごす時間も多いため、病気の治療だけではなく精神面でもケアをする必要があるでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:サクヤ
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tnongyhnetdoil/index1_0.rdf