リタリン 京成江戸川クリニック画像送ります
2007.10.20 [Sat] 12:51

リタリン 売買
リタリン ロト6 関ジャニ∞ 岩崎 トヨタ リコール トヨタ自動車 トリンプ ドラゴノーツ ナヴァラサ ネッシー マカ モーニング娘。 リタリン ロト6 関ジャニ それか トリンプ ドラゴノーツ ナヴァラサ ネッシー マカ モーニング娘。 ...(続きを読む) ...(続きを読む)

リタリンの適応症は?
最近の新聞記事でリタリンのうつ病に対する適応が外れてナルコレプシーのみが適応症となるとありました。 また、これまでにADHDの患者に有効として処方されていたとのことです。 じゃあ、どうしてADHDは適応症にならないのですか? ...(続きを読む)

リタリンうつ病適応削除へ
けさの毎日新聞に、精神薬理学の権威である風祭元帝京大名誉教授のインタビュー記事(...(続きを読む)

リタリン うつ病
しかし、皆様もご存知かと思いますが、リタリンの乱用や密売が明るみになり、製薬会社はうつ病に対するリタリンの適応を止める方向で調整をしているようで、早ければ今月中にもリタリンの効能からうつ病に対するものが消えるようです。 ...(続きを読む) ...(続きを読む)

テレビでリタリン特集やってた
リタリンってそんなに効くの? 自分も日中眠い、というか、そもそも、朝起きられなくて12時ごろに一回起きて、昼食とって二度寝してる。一日15時間ぐらい寝てるんだけど、眠気がなくならない。リタリンのんでみたいなー。だけど、薬物中毒の怖さはしっ ...(続きを読む)


 

みなみけ 4 (4)について
2007.10.15 [Mon] 14:06

前の巻よりパラパラとすぐに読み終わってしまった4巻。 お気に入りなハルカの出番が他の姉妹より格段に少なくなっているという個人的な理由はどうあれ(苦笑) なんだか絵が1巻の和み絵に比べたら凛々しく(?)、たまのギャグで使われているリアルに近い顔と大差ありません。 1巻の絵に惹かれて買い始めた人はちょっと抵抗があるかと。 また、マコちゃんやトウマの出番が多いですが笑いのオチが一緒なのはいただけないところ。 確かに登場人物は増え会話は大勢になり賑やかなんですが、その分姉妹のほんわか笑いの世界が格段に薄くなっている気がします。 他にも、巻が増す度にハルカとチアキの性格が変わっていますが、ハルカの穏やかさとチアキの無表情系ツッコミだった初期の二人が好きだったのなら、更に変化が増して悲しく感じるのではないでしょうか。 そして最後に、カラー絵の顔が怖い。 特にハルカの表情はファンが減りそうです。 確かに不思議で癒しと笑いをくれる良い作品とは思うのですが、色々と違和感を感じて次巻が出たら買うか悩みます。
 

BLEACH 30 (30)について
2007.10.15 [Mon] 14:03

ルキアが初めて本格的に戦っていたらしいので、読んでみました。 悪くはなかった、と思います。 この巻のサブタイトルも納得。 何かに気づいて、何かが変わる、流れがみえたと思います。 ただし、全体として一回読むだけでいいかな、と。 特に、チャドが安っぽく見える。 彼は何故かすべてのエピソードにおいて真っ先にやられちゃうキャラになってる。 特訓の成果もいまいち感じない。雨竜も。 戦って次、戦って次、ではもう間が持ちませんし、合間にギャグを入れてもたいした潤いになっていないので、今後は待機中の死神さん達が何か違う流れを作ってくれないかな、と期待をこめて星2こ。
 

21世紀少年 下 (2)について
2007.10.15 [Mon] 14:00

終盤、22巻以降は、それまでの執筆スタイルで描いていれば単行本10冊分は超えていたでしょう。 辛くも走りきった、とゆう印象が強いです。 この作品を"失敗作"と言わしめる原因はいくつかあります。 エピソードを量産し過ぎたばっかりに中心人物ではさばききれず、登場人物までも多産しなければならなくなり、 結果、それぞれ魅力的なはずのキャラクターが、皆カカシになってしまったこと。 元々ファンタジーの強い作品に無理矢理憎悪や怒り、涙等生々しい感情を詰め込み過ぎたこと。 上記2点があるため、作品世界の隙間にうまく入り込めず、読者がケンヂにさえも感情移入できなかったこと・・。 本来ならもっと生き生きと動き回れるであろうオッチョですら、後半ほとんど死んでましたね。 何だかすごくもったいない気がして残念でなりません。 物語をちゃんと収束させることが第一義だとゆうなら、浦沢先生の力量に感動すら憶えますが、 結局は自分で蒔いた種ですから。 唯一の救いは、コイズミの豪快なストライクが最後に花を添えていることでしょうか。 スッキリ・・? ええ、スッキリしましたとも!!
 

CLAYMORE 13 (13)について
2007.10.15 [Mon] 13:57

リフルが大ピンチで終わった12巻。本当にレイチェルの言うとおり 時代は変わってしまったのか・・・!とコミックス派なので心配して いましたがそうでもなくてよかった。クレアたちはリフルから空白の七年間の 情報を得て、新世代の戦士たちを助け出す。意外とあっさりとした幕引き。 リフルとクレアの駆け引きは面白かったですけど そして噂でうっすら知ってたガラテア粛清編ですが、雑誌の都合での番外編 始まるまである程度は収録されてるのかなと楽しみにしてたのに、正直 ここで終わるのか・・・と思ってしまった 仕方ないのですが でもやっぱり面白い。特にミアータ最強です。剣なしでも戦えます 番外編もよかったです。テレサは初期の味のある絵柄も良かったけど、 最近の絵柄で見れてうれしい。WJで掲載されたので、初めて見る人の ための説明を違和感無く話の中に入れられる八木先生は漫画家の鏡ですね (妖魔討伐の報酬システムとか黒の書の説明とか) ガラテア討伐編の続きは来月創刊のジャンプSQに掲載されますが、 さすがに気になって半年待てないので私は黙ってSQを買いに行きたいと 思います。ガラテアさん死なないでください・・・
 

働きマン 4 (4) について
2007.10.15 [Mon] 13:54

漫画家として文字通り「働きマン」で、常に第一線で頑張ってきた安野モヨコの快作。 彼女の大傑作「ハッピーマニア」は、シゲカヨの破天荒な「恋の道」と並んで、(密かに)「女が働くこと」が重要な意味をもっていましたが、「働きマン」では、そんな作者の価値観がストレートに描かれています。 (もちろん、シゲカヨと松方は生き方も性格も正反対のキャラですが) 安野は作品ごとに絵柄を変えますが、「働きマン」は青年誌の為か、絵柄が甘めでなく、また、(女性誌では、まずメインに描かれることのないであろう)いわゆる美男でない男性キャラがとても魅力的です。 そして、頑固な職人、仕事で挫折を味わった人、ニートの青年などの描写を通して、作者の眼差しの優しさも感じられる作品です。 (「美人画法」でみせた、彼女の美意識がすごく出ています) 女性は間違いなく、元気をもらえる作品。 そして、10代、20代でも楽しめますが、30代(作者と同年齢)になった時、松方の(ある意味不器用で)ひたむきな生き方が身につまされ、また、愛おしく感じられると思います。 さて、男性読者は? −決して、甘すぎず、アイロニーもきかせた、青年誌だからこそ可能だった、安野作品の魅力、だだ存分に楽しんでください。