バラの誘い

June 02 [Sat], 2012, 21:12
薬指から丸い玉のような血液のひとしずくが落ちてきた赤いバラよりなお赤く白いバラのひとひらへと招かれた逃げ場を失った哀れなうさぎの赤い目玉のような血のしずく断頭台に膝間つき静かに首を差しだして凝固する王女ギロチンの落下と共に彼女の首もその胴を離れるだろう血に酔った人間という名前の怪物がその時を待っているバラの棘が深く指に刺さったまま少年は立ち止まっているかっこうの呼ぶ声が庭の向こうから幾度か届き昼の食事がバラの園の匂いと絡み合い少年を招いている死刑執行人の冷厳な眼差しが太陽へと一瞬間注がれるギロチンは瞬きをする間もないまま垂直に正確に落下するバラより美しいと言われ続けた王女の首に飾りの花はない少年は血のしずくを家出掲示板白いバラに振りかけながら歩きだす春の盛りから夏の暗い緑のトンネルを抜け出すように乾いた血のしずくを踏みにじり後ろも振り返らず駆けだした
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tnnebqlx1n
読者になる
2012年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tnnebqlx1n/index1_0.rdf