歯科医の技量患者の体調などの条件によって

March 16 [Thu], 2017, 19:25
歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療もある程度のリスクを伴う治療です。どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体に生じた問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど見た目を損なってしまう問題もあります。このような危険をできるだけ避けるために、歯科医はともかく慎重に決めてください。少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。インプラント治療は、あごの骨を掘って、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。見た目の問題を考えるとインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優っていると考えられます。ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという覚悟もしなければなりません。基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。高額の費用を一度に用意できない方も決して少なくありません。クレジットカード利用ができる歯科医院や、いわゆるデンタルローンのような信販会社のローン商品を使える歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。手持ちの資金が十分でなくても、治療を始めることはできるケースが増えました。どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は治療全体を通して、相当な出費になります。場合によっては、保険診療にもできるようですが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。ほとんど全て自費診療だというのが負担が大きくなる原因です。現状では最低線が十数万円、困難な治療が含まれると数倍の費用がかかるケースもあることを覚悟した上で始めなければなりません。一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。地域によってかなり料金は異なります。また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も料金はずいぶん違ってきます。複数の医院の費用を調べて比較検討し、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。ここで重視すべきなのはインプラント治療経験者の口コミです。費用が高額なので、多くは一括払いだけでなくクレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。その耐用年数は、普通にしていれば一生物などと言われますが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、担当医の技量によっても変わるようです。ろくに歯磨きもしないでいると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうすると人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。インプラント治療は、まず何が大切かというと、どこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるため様々な症例を診てきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。また、それに加えて、費用面での疑問に応えてくれる、きちんと感染症対策がなされている、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが最終的に歯科医を選ぶ決め手です。全てのインプラント患者にとって、治療にかかる費用は気がかりでしょう。実際のところ、費用の総額は歯科医院ごとに幅があるのが普通です。なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、費用を自由に決められるのが建前です。それでも、相場はあると言えます。インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが相場だと押さえておきましょう。人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがお手入れなしで長持ちするとは誰も言っていません。特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。インプラント以外の自分の歯と同じように必要なお手入れをきちんと指導してもらい、まずは口腔内をきれいに保ってください。そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。耐久性の面で、インプラントはどうかというと、まだ定説になっていませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって本来の歯同様の耐久性を得られるというのが多くの意見です。要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期にわたって維持できますが、ひとたびケアを怠れば取り返しのつかない事態が起こってしまうと考えなければなりません。近年、インプラントの治療件数が増えてきました。これは虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯づくりを指します。ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯の根元が骨に埋まっているので強度や使用感が天然歯に近く、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。現状では、インプラント治療は全て自費診療となるのでその治療にはどうしてもお金がかかります。インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医に出会おうとすれば、海外で治療を受けるという手段もあります。そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、そう簡単に断念せず、できる限りの情報を手に入れるのが成就への第一歩です。虫歯がかなり悪化して、抜くしかなくなってしまいました。ブリッジという選択肢もありましたが、歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、インプラントの方が良いと考えました。自費診療なので、かなりの額になりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。治療後、噛めるようになると、ほどなく隣の歯と同じように使えたのでこれで良かったと実感しています。インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は無視できないものがあります。インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが治療の一大関門となります。そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。インプラント治療の成功を願うなら、思い切って、治療が終わるまでの間はしっかり禁煙するべきでしょう。気になるインプラント手術の内容とは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から義歯を付けるものです。入れ歯などの方法と比べると、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの高レベルの医療技術を置いて語れません。それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法ということです。いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。技術の進歩した今では、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、それも皆無とはいきません。人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、歯がグラついて違和感を覚えるなどといったトラブルの事例もあるようです。そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足のせいといえるでしょう。インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。インプラント治療を希望する代表例として、他の歯に影響を及ぼしたくないといったケースです。ブリッジ治療で考えると、両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、該当する歯の分だけ治療することになります。他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという事情のケースなら、他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。どんな完璧なインプラント治療でも、治療が終わるとその状態を保たなければならず、デンタルケアを欠かさないことが重要です。毎日丁寧にブラッシングすることによる完璧なプラークコントロールが必要で、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらう必要はずっと続きます。人工物のインプラントでも、日頃のケア次第で歯周病になることは珍しくありません。手術して人工歯根を埋め込んだ後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることが圧倒的に多いです。しかし、他の原因から生じることもあるので、インプラントがなじむまでの間は特に、すぐに歯科医に連絡することを心がけてください。ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは自分の歯に近い感じで噛めるので、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはインプラントにして良かった点の一つです。自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。だから歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに強度を備えています。たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が損なわれていなければ自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。根元から歯を抜いたときの選択としては、もし、入れ歯を採用しない場合、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むインプラント治療を適用する可能性があります。義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので異常がなくても維持費は必要になります。特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診を受けるように言われます。この定期検診に必要なお金は基本的に保険が適用されるのでたいていは三千円程度に収まります。全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの出費は必要です。インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。チタンの他、セラミック、金といったアレルギーの原因となることはほとんどない素材を用いているのです。健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、その全額が自費になるのが普通です。ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方がベストだと思います。手術によってインプラントを埋め込んだ後は手術箇所が落ち着くように、安静に過ごすのが無難です。日常生活では力をかけないように努め、身体に負荷をかけるくらいの運動は控えることが望ましいです。血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。日常的に運動を続けている方なら、どうなったら再開できるか、歯科医と話し合うと安心できます。人工歯としてのインプラントは当然、虫歯にはなりませんが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスはずっと続きます。もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればインプラント周囲炎を疑ってください。自然に治ることはありませんので、早急に診察を受けましょう。高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。保険が適用されればありがたいのですが、この人工歯治療は他の人工歯を使った治療に比べて歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。治療の一部を保険適用にするだけでも、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。インプラント手術の未経験者にとってかなりの痛さを想像してしまうでしょう。どこの歯科医の手術でも、大して痛くないのが普通です。麻酔が効いたことを確認した上で手術の本番に入るためです。麻酔が切れれば、処置の仕方によってだんだん痛くなってくることもありますが、痛み止めは頓服として処方されますので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院する必要はまずありません。糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、入院が必要になることもあるので、注意してください。自分が当てはまるという方は、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、必ず守るようにしてください。結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなくインプラントの埋入まで行けないこともあります。ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であればまだあきらめなくて良いかもしれません。最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療可能になっています。現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探して、問い合わせてみましょう。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/tnmir4anotu0s1/index1_0.rdf