サントリーのグルコサミン&コンドロイチンの特徴とは?

November 09 [Wed], 2016, 13:47
現在までの販売本数が、累計800万本という驚異的な売り上げを記録し、人気になっているサントリー(山崎や響、トリスウイスキー、サントリー角瓶などが有名ですね)の「グルコサミン(加齢と共に失われ、関節痛や炎症などを抑えると考えられています)&コンドロイチン(コンドロイチン硫酸というのが正式な名称です。グルコサミンと共に最近注目されている成分です)」。グルコサミン(たくさんのサプリメントが売られていますが、経口摂取による医学的な効果は証明されていないのだとか)サプリメント(頼りすぎはよくありませんが、不足しがちな栄養素を補うことで健康を維持できるかもしれません)の中でも、売上げがNO.1だと呼ねれるほどの人気です。実際に、このサプリメント(上手に組み合わせると、相乗効果が得られることもあるようです)の利用者からの評価も高く、利用者にアンケートを行った結果、96%の利用者がこの製品に満足したと答えていますね。このように、高い実績を誇っている「グルコサミン(ブドウ糖とアミノ酸が結びついたアミノ糖の一種です)&コンドロイチン(関節痛やアンチエイジングに効果の期待できる成分として、多?のサプリメントが販売されています)」の特徴は、ケルセチンプラスといったサントリー(正式名称は、サントリーホールディングス株式会社で、清涼飲料水や洋酒、ビールを中心に製造販売などを行っている総合企業グループです)オリジナルのポリフェノールを配合していることでしょう。ケルセチンは主に玉ねぎやりんごの皮に含まれているのですが、なかなか体の中で吸収されにくいとなっているのです。しかし、サントリーが開発したケルセチンプラスは吸収率をUPさせているため、ケルセチンよりも体内に吸収されやすいだと言えます。ケルセチンを体の中に吸収させることによって、活性酸素(呼吸をすると、その酸素の約2%が活性酸素になるのだとか。増えすぎを防ぐためには、ビタミンやポリフェノールなどを摂るといいでしょう)を除去し、体の老化を防ぎます。サントリー(山崎や響、トリスウイスキー、サントリー角瓶などが有名ですね)の「グルコサミン&コンドロイチン」は、素材選びからこだわっているかもしれません。毎日、安全にサプリメントを摂ることが出来るように、原料から厳選し、品質や安全管理を徹底的に行きいるそうです。このサプリメント(効果が期待できる反面、副作用が現れることもあるでしょう)が人気を集めているのは、以上のように信憑性の高い製品であることも理由の1つようですよ。関節痛や腰痛などに悩まされず、活動的に生活(変わらないことの繭り返しに思えても、実はそれが一番重要なのかもしれません)を送りたいと考えている方や、ちょっとご自身の年齢を感じ始めた方などにお勧めのサプリメント(時に医薬品と同じくらいの効果がある製品もありますから、服用の際には注意が必要です)です。サプリメント(体に何らかの問題がある方、または、医薬品を服用している方は飲むことのできないものもあります)と聞くと、何の気なしに不安(人に打ち明けることで多少は楽になることもあるはずです)を感じる人もいらっしゃるかもしれませんが、サントリー(鳥井信治郎さんが明治32年に、葡萄酒の製造販売を行う鳥井商店を創業したのがその始まりだそうです)が開発していますので、不安がなく飲んでいただくことが出来るようになるのです
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Hiroshi
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tnksusrdesetaa/index1_0.rdf