ヤサのみゅん

February 01 [Wed], 2017, 2:16
妊活の時に、産み分けについてママ友から教えてもらい、本で詳細を知りました。上の子が男の子でしたから、次は出来たら女の子が良いなあ、と思っていました。

排卵日を特定したり、タイミングを調節するなど、産み分けに挑戦してみました。

無事に妊娠し、うれしいと同時に性別が判明するまで少し心配もしましたが、女の子だったので、とても嬉しく思っています。胎児が先天性障害を発症するリスクを低減するために大切な葉酸ですが、普段の食事だけでは不十分になりがちです。

ですから妊娠前から妊娠初期の期間は、普段の食事以外に、サプリによって摂取するのが良いでしょう。



サプリによる補給はお手軽ですが、飲むタイミングによっては思わぬ副作用を発症することもありますから、注意が必要です。葉酸サプリメントの効率的な摂取のためには、サプリは食後30分以内に摂るようにしましょう。

普段の食事から摂れる栄養素の働きによって、葉酸の働きを十分に生かすことが出来るでしょう。では、空腹時に葉酸サプリを飲んではいけないのでしょうか。胃に何も入っていない状態で葉酸サプリを飲むと、胃が荒れてしまい、食欲不振や吐き気といった症状があらわれることもありますから、サプリの用法を守り、食後の摂取を心がけるようにしてください。
お腹の中で、胎児は目覚ましいスピードで細胞分裂を繰り返しながら成長します。この時に葉酸が大変重要な働きをするのです。

葉酸は食品に含まれているほか、葉酸のみを抽出したサプリ等も販売されています。ですが、この葉酸は単体では吸収率が低下するという特徴があるために、総合サプリメントで栄養を補給するのが一番だと思います。
しかし、不足しがちな栄養素を考慮した時に、葉酸のほかにどんな栄養素が必要であるのか分からないという方が殆どだと思います。

総合サプリの選び方で悩まれている方は、大手メーカーの粉ミルクの成分表を見て、総合サプリを選んでみることをおススメします。



スムーズに妊娠できる体を作る食べ物といえば、大豆食品(豆腐・豆乳・納豆)とお魚が挙げられます。
レバーも良いのですが無理だという人は、卵やごまなどはどうでしょう。
妊娠に欠かせない栄養素を含むので、毎日の食事でとっていきたいものです。

ただ、総合的に言えば、偏らない食事にするのが理想的な食生活というのに変わりはありません。

逆に、妊娠を妨げるような食品(飲料)は産後までは我慢したほうが良いですね。


妊娠に不可欠な栄養素として有名な「葉酸」は、色々な食品に含有していますが、水溶性ビタミンであるために、熱に弱いという側面を持っています。ですから、葉酸摂取を目的とした調理において、注意してください。それは、出来るだけ加熱を避けるという事ですね。

葉酸摂取を目的とする場合、野菜や果実などの、そのままで食べられる食材を選ぶのもポイントです。とはいえ、どうしても加熱の必要がある時には出来るだけ早く加熱を終わらせられるように、サッと熱を通す程度にした方が良いです。しかし、毎日の食事で、こうした調理を続けるのはなかなか大変だと感じる方も多いのではないでしょうか。
そんな時は葉酸のサプリメントを活用するのが確実に補給出来るという点において、最も優れた摂取方法だと言えますね。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Miori
読者になる
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる