千田がくれあ

April 22 [Fri], 2016, 10:31
最近では、バストサイズをあげられないのは、遺伝の関係というよりも生活習慣が近いことによる原因というのが主流となる考え方です。栄養の偏り、運動の不足、不規則な睡眠などが、胸が成長することを妨げているのかもしれません。親子、姉妹間のバストサイズの違いは、よくみられますから、生活習慣を見直していきましょう。

バストサイズをアップすることって、可能なのでしょうか?胸が大きい家系でないと、巨乳になんてなれないと思う人もいるかもしれません。

ですが、努力次第で胸を大きくした方もいますから、遺伝なのだから胸が小さいのもしょうがないと断念することはないのでまずはいろいろと試してみることが大切です。おっぱいを大きくするには、キャベツを食べることが望ましいという説が一般的です。

キャベツには、ボロンという栄養の素が入っているのですが、このボロンと呼ばれる栄養素が女性ホルモンのエストロゲンの分泌を促す働きをします。
でも、ボロンの一日の摂取量で理想なのは、キャベツ1個分に及びますので、サプリとの併用が望ましいです。
バストが小さいことを気にしている女性なら、バストを大きくしようと努力したことがあるのではないでしょうか。しばらくがんばってみたけれど、思ったような成果が得られないので、貧乳は遺伝だという人もいるので諦めたという女性もいるかもしれません。

でも、胸の大きさが決まるのは遺伝によるというわけではなく、不規則な生活によるものであることも多いです。生活習慣を整えれば、貧乳の悩みが解消できることもあります。
近年、このプエラリアは、バストアップの効果がある成分として注目されて来ていますが、副作用の心配も認められています。

女性特有のホルモンであるエストロゲンの分泌を促す作用をしてくれるのですが、ニキビができたり肌荒れが起きるそうです。なので使用には注意する必要があります。冷え性に悩んでいる女性は多いですが、冷え性で血のめぐりが悪くなると、どんなにバストを大きくするに役立つ栄養素、成分を摂取したところで、胸まで届かないのです。
そして、老廃物が体外に排出されずとどまるため、新陳代謝が衰えてしまいます。なので、入浴はシャワーのみではなく、しっかり湯船に浸かって血のめぐりを良くすることが大切なことなのです。

バストアップのクリームには女性ホルモンの分泌を促す成分が含まれていて、胸を大きくするという効果が期待されます。適当にバストアップクリームを塗るよりは、皮膚から内部へ浸透するようにソフトにマッサージをする方がより効果があるでしょう。


とはいえ、使ったからといってすぐ胸が豊かになるわけではありません。
豊胸手術では切開のためにメスを体に入れたり、注射するため、感染症を起こすリスクがあります。



確率はとても低いものですが、どれほど注意して衛生管理をしていたとしても、絶対に安心とは言い切れません。


また、プロテーゼやヒアルロン酸の使用においても後遺症が残る可能性があります。


絶対に安全で誰にも気づかれない豊胸方法は確立されていません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユイ
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tni5plehocooeb/index1_0.rdf