肩こりと頭痛の関係性とは?

July 25 [Mon], 2016, 18:19
肩こり(実は肩だけでなく、首もこっていることがほとんどです)と頭痛(安易に頭痛薬に頼りすぎるのはよくありません。生活習慣や体の歪みなどを改善することで起こらなくなる場合もあります)に深い関わりがあると感じている方は少なくないと思います。肩こり(筋肉の疲労が原因であることが多いものの、病気が原因で起こることもありますから、自己診断は禁物です)から頭痛(誰でも一度くらいは経験するものですが、その原因は様々で時には深刻な病気の症状であることもあります)になるという経験をする方が多いからなのですね。それも当然の事でです。なんと肩こりが原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)の頭痛(誰でも一度くらいは経験するものですが、その原因は様々で時には深刻な病気の症状であることもあります)は、頭痛(外傷以外の原因で頭部に痛みを感じる症状をいいます)全体の7〜8割とも言われるほど多いためす。肩凝りが原因で起きる頭痛(外傷以外の原因で頭部に痛みを感じる症状をいいます)を「緊張型頭痛(誰でも一度くらいは経験するものですが、その原因は様々で時には深刻な病気の症状であることもあります)」と呼んでいるみたいです。首から肩のこり(血行不良(血液の循環が良くないことをいいます)や筋の緊張)や、極度の精神緊張によっては起きるなのですよ。頭痛(外傷以外の原因で頭部に痛みを感じる症状をいいます)に肩こり(長時間同じ姿勢を取り続けることで筋肉が疲労して起こることが多いようです)を伴うと感じることもあるそうです。緊張型頭痛(安易に頭痛薬に頼りすぎるのはよくありません。生活習慣や体の歪みなどを改善することで起こらなくなる場合もあります)の特徴としては、頭(日本では、脳の死が人間としての死だと定義されていますよね)がドクドクと脈打つような痛みではなくて、ギリギリと絞めつけられるような痛みだと言う事が多く、目の疲労や目眩を伴うこともあるかもしれません。偏頭痛(一般的には、頭の片側だけが痛む、脈打つように痛むというのが特徴です)みたいな吐き気を伴う事がなく、これにより偏頭痛(時には嘔吐などの症状を伴うこともあるでしょう)と区別されています。また、緊張型頭痛は慢性的な頭痛であることも特徴です。その原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)の多くが、姿勢や眼精疲労(病気の症状の一つとして眼に出ているのかもしれません)、ストレス等です。特にパソコン(アップル、デル、NEC、富士通、東芝、ソニー、パナソニックなどがメーカーとして有名ですね)やテレビゲーム(日本では、任天堂のファミリーコンピューターが最初に家庭に普及したテレビゲームではないでしょうか)が普及し始めた頃から、子供(出生率が下がっているといわれて久しいですが、保育園などが少なくて、育児環境が整っていないこともその一因でしょう)でも発症する子が多く見られるようになりました。長い時間ずっと同じ姿勢でのデスクワーク(事務仕事のことをいいますね)は当然として、TV画面やPCのモニター(商品を試して感想や意見をいう人のことですね)画面を見続ける事で、筋肉への負担だけではなく眼精疲労(病気の症状の一つとして眼に出ているのかもしれません)も加わり、引き起こしやすくなってしまうでしょう。肩の凝りをほぐすことで改める事も多いですから、時折軽く身体を動かしたり、首を回したり肩をもんだりして血行を良くするのも効果的です。ひどくなると改善も大変になるので、早いうちから肩の凝りを溜めないようにしたいですよね
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ハルト
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tneltlmngilire/index1_0.rdf