コオリガモとまみっこ

June 19 [Sun], 2016, 12:14
一般に高給取りだとされている看護師ですが、その給料は職場の規模の大小、公立か個人病院かなどによって、全く異なってくるようです。退職時につく手当、退職金はどうかというと、国立や公立の医療機関の場合は、勤続年数や、どのような立場でしごとをしてきたかなどにより金額が決められていて、沿うした規定に沿って支払われます。



翻って個人病院の状況ですが、退職金について、はっきりとした決まりもないことがあり、とにかく最高責任者である院長先生の考え方一つ、といった面があります。



つまり、規定に沿う額の退職金がきちんと支払われるのは公立病院で、アトは病院によるようです。同じ看護師であっても、正社員とパートでは少し差があります。
正社員ですと月給制で安定した収入を得られますが、週に何日か働くパートですと、給料は時給計算になります。

その時給ですがこれは日勤のみですが、1300円、1500円、少し良いところで1800円くらい、というのが相場のようです。

パートとしては高い時給だと一見思えるかもしれませんが、看護師として、人命にかかわる業務をこなし、すごくの激務をこなしていることを思うと、あまり良い時給ではないのかもしれません。

看護師の職は普通のしごととはちがうと思われやすいですが、やっぱり、いわゆる労働組合のようなものが存在しなければ雇用条件において不利になることも生じて、患者にも悪影響となる場合もあるかもしれません。看護師がストライキを起こすというのも中々難しいので、雇用する側が、きちんとした配慮を行うことが大事なことだと思います。看護師でも転職回数が多いと悪いイメージに繋がるかというと、確実に沿うであるとは限りません。自己アピールを上手に行えば、意欲が高くて経験(子どもには色々なことをさせた方がいいといいますが、それも程度問題かもしれません)が豊富にあるという印象を持って貰えるかもしれません。


とは言っても、勤務の年数があまりにも短い場合は、雇ってもすぐにやめてしまうのではと思われてしまう場合もあるでしょう。



それに、結婚する際に転職を検討する看護師も非常に多くいます。


パートナーとの関係が悪くなって離婚となるよりは、転職する方がよいでしょう。
今後、育児を行っていく気があるのなら結婚を機に自由時間を多くとれる職場に転職をすると生活しやすいですね。
イライラが溜まっていると子どもを授かりにくくなるので、気を付けるようにしましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:龍生
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tneli7dsubo1eo/index1_0.rdf