これが健康だ!

October 25 [Wed], 2017, 15:07
虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがお手入れなしで長持ちするとは誰も言っていません。特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。自分の歯のお手入れと同じように歯科医や衛生士の指導に従って、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはめったにありません。

歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く自然な感じを保てるので自分から、義歯だと他の人に明かさないでいれば義歯だと気づかれることも気にする必要はありません。前歯など、自然に見せたい歯の場合はこの治療方法を選ぶべきでしょう。

どんな問題がインプラント治療にあるかを皆さん、入念に調べたと思います。その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという説があったのではないでしょうか。それは違います。確かに、MRI検査では磁気を使うので金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。

インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、なので、MRI検査には影響ないと考えてください。

どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのは自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるためたくさんの症例を治療してきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。それだけでなく、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども重要なチェックポイントになります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユヅキ
読者になる
2017年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tn0zrtabe3ty8u/index1_0.rdf