大高のトラト

February 29 [Mon], 2016, 10:10
女性の中には、スキンケアなんて今までした事が無いという人もいるようです。
スキンケアは全く行わず肌から湧き上がる保湿力を持続させて行く考えです。

では、メイク後はどうしたら良いでしょうか。


クレンジング無しという訳にもいきません。



クレンジングをして、そのまま放置すれば肌の乾燥が進んでしまいます。



週末だけとか、月に数回の肌断食はいいですが、肌の状態を見て、スキンケアをした方がいいでしょう。「お肌のためには、タバコは厳禁!」と言う話をよく耳にしますが、それは美白に関しても言えることです。

本当に美白したいのなら、タバコは今すぐ止めるべきです。
その理由として真っ先に挙げられているのが、ビタミンCの破壊です。

喫煙してしまうと、美白に重要なビタミンCが破壊されることになります。スキンケアといえば、保湿剤を使用したり、マッサージをするなどということが大切です。
ですが、お肌に内側からケアをするということも実はもっと重要なのです。
食べ過ぎ飲み過ぎや夜更かし、喫煙などは、どんなにいい化粧品を使っていても、肌の状態を悪化させる一方です。生活のリズムを整えることにより、体の内側からスキンケアを行うことができます。寒い季節になると冷えて血のめぐりが悪くなります。血行が良くないと肌細胞に満足な栄養を届けることができず、新陳代謝に支障をきたしてしまいます。
その結果、肌トラブルを起こしてしまうため、血行促進することが大切です。血のめぐりが改善されれば、代謝がうまく働き、健康的な肌がつくりやすくなります。

肌の状態をみながら日々のスキンケアの方法は変えなければなりません。ずっと同じやり方で、「おなじでもきっと大丈夫」とスキンケアをしていればいいわけではありません。



脂性なのにたっぷり保湿をすることはないと思いますし、お肌の状態に影響しそうな生理前などの体の状態に合わせ低刺激のケアをおこなうという感じに分けておこなっていかなくてはならないのです。また、四季折々に合わせてケアも変化させてあげることでお肌もきっと喜ぶでしょう。肌がかさつく人は、低刺激の洗顔料をチョイスして丁寧に泡立てて、肌をこすり過ぎないようにしてください。力任せに洗うと肌に良くないので、優しく、丁寧に洗うことがポイントです。

また、洗顔した後は必ず保湿をしましょう。化粧水しか使わないのではなく、乳液、美容液、クリームなどもケースに応じて使用してください。スキンケアを目的とした化粧品を選ぶにあたっては、肌を刺激するような成分をできるだけ含まないものを選ぶことを優先しましょう。


保存料などは刺激が強く痒くなったり赤くなったりすることがあるので、成分表示を、きちんと確認しましょう。

また、メジャーだからといって誰にでも合うわけではないので自分に合ったものを選ぶことが大切です。

みためも美しくない乾燥肌のスキンケアで肝心なことは常に保湿を意識することです。また、皮脂を必要以上に落とさないというのも日々チェックすべきことです。クレンジング・洗顔はスキンケアの基本ですが、だからといって強い製品を使うと必要な皮脂が落ちてしまってお肌の乾燥の元になります。
あと、洗顔のときのお湯についてですが熱すぎるお湯では洗顔料と一緒に皮脂も落ちてしまうので気をつけてください。
保湿に加えて、自分の洗顔方法をチェックしてみてください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:渉
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる