亮(りょう)で二瓶

May 29 [Mon], 2017, 13:58
よく業界用語ってありますよね。

その訳は、業務を滞りなく進めるためでいろいろな業界用語が使用されています。
医療の現場で働く方でも同じように業界特有の言葉が利用されています。例を挙げると、心マは心臓マッサージ、胸部の癌はマンマ、入院はアドミッションとか、たくさんのその業界でしか使えない言葉を利用しています。看護師の資格について詳しく言うと、看護師の資格と准看護師の資格の二種類があるのです。一般に、准看護師は、キャリアステージを上げるため、看護師の資格を取ろう取ろうとします。准看護師と看護師を比べると、専門知識はもちろんのこと、待遇面でも、差が大きいのです。病院ごとに看護師の働く時間が伸びる場合があります。


そういう病院は、人件費を節約するために最小限の看護師の数で回している病院が多いようです。
看護師が常に疲れていて、医療ミスが起こしがちだというデータがありますから、就職をするときは確認をするようにしましょう。
かつての看護師は女性が担うものというイメージがありました。



でも、今では看護師の名称が認知されていることからも分かるように、男性が働くことも多くなってきました。

看護師に求められる能力を考えてみると、看護師に関する変化は、時代の流れとして自然なものだと言えます。

母性を感じるような優しさはもちろんですが、それ以上に緊急を要する現場で必要になる冷静な判断力や瞬発力、十分な体力も今の看護師に求められる大切な能力だと言えます。


看護師が派遣で働く際には、良い点や悪い点が存在します。良い所は長期の間働く必要がなく、自身の条件や都合に合わせて自由に他の職場に移れることです。



悪い点は、昇給や賞与がないので、比較的、長期間の勤務には適さないということでしょう。

世間のイメージとは裏腹に、看護師の初任給は安いです。

実際に入院してみて看護師を観察してみると、重い症状の患者が入院治療中でなければ、定められた作業をするだけですが、その作業だけでも結構大変です。重篤な患者が入院している際には、ますます多忙となってしまい、精神的圧力が強まるでしょう。求人情報誌で探す利点は、手軽に手に入り、多くの求人情報の比較がしやすいことです。コンビニなどで入手して、家でゆっくりと看護師の求人情報を検討することができるでしょう。ただし、正社員の求人をしている所もあるものの、非正規雇用といった雇用形態の人材集めを行っている職場が多いです。
さらに、雇用条件と職場の雰囲気がわかりにくいです。ここのところ、看護師不足の傾向にあると考えられています。
看護師の免許を持っていても、看護師の職を選択していない人も多いのです。



このように看護師が足りなくなるのは何故かというと看護師の離職率が高いということが大きいと思います。
常勤看護師のケースでは、離職率が11%を超えています。女性の割合が多い仕事なので、出産または育児のために退職せざるを得ないという場合もあるのですが、それだけではなく、ハードな仕事であるということも離職率が高くなる一因でしょう。

看護師のための転職サイトの中に、お祝い金を受け取れるサイトがあります。

転職することでお金をくれるなんてハッピーですよね。けれども、祝い金を出してもらうためには条件を満たす必要があることがほとんどですから、先にチェックしておくようにした方がよいでしょう。


それとは別に、祝い金のサービスがない転職サイトの方が充実のサービスな場合があります。


看護師の資格のために受ける国家試験は、年に1度あります。看護師不足が問題となっている日本にとってはうれしいことに、最近の看護師資格の合格する割合は約90%と非常に高い水準を保っています。看護師の国家試験は、大学入学のような不合格させるための試験ではなく、一定のレベルをクリアできれば合格できるものです。
世間的に、看護師は収入面で安定している仕事だと認識されており「ローンを組みたい」という時でも審査で引っかかるということは殆どないでしょう。ですが、看護師の中でも非常勤の場合など、多少安定していないというケースではそう簡単にはいかないかもしれません。
ローンを組むことが容易なのは正職員という形で勤務中の看護師については言えることなのですが、たとえ看護師でも、非常勤で働いている方の場合は簡単にはローンが組めないということが起こり得ます。



休みを自由にとれて、やりたい仕事をかなり自由に選択可能、というのがあえて派遣で働くということを選んだ看護師にとっての、主なメリットでしょう。仕事は、単発のものや短期のもの、長期で働ける方歓迎、というものもあって自分の条件に合わせて選ぶと良いですから、仕事を探しているけれど、条件にぴったりくるものがなさそうな場合は望めば派遣で働くこともできる、ということも考慮に入れて求職活動をしてみてはいかがでしょうか。

男性も増えてはきたのですが、まだまだ看護師として働くのは女性が大部分を占めているため、結婚や出産を機に仕事を一度やめる人もたくさんおり、離職率が高めの仕事であると言えます。
さらに、働く時間帯がイレギュラーであることや、ハードな仕事内容であることが原因で離婚に至ってしまう人の割合も高いと言います。たとえシングルマザーであっても十分子育て出来るくらいお金が入ってくることも女性の離婚の決意の後押しになっているともいえるのではないでしょうか。



日々、病院に伺うとどんどん患者さんがくるので、看護師さんは常に忙しそうにしています。手際よくされていたり、声を大きくして名前を呼んだり、患者の方に説明したりなどと、この仕事は、しっかりしていなければできない非常に大変な職業だと思います。


とはいえ、その代わり、非常にやりがいがある仕事だと感じました。
外来を担当するナースなら、医師の問診補助にあたりますし、入院病棟の場合には、患者の容態をみたり、患者さんの食事、ベッドのお世話なども看護師の腕の見せ所です。医師よりも、患者さん側の人間として回復度合いを始め、心、体ともにチェックをし、状況に応じて、機敏に対処するのが、ナースの役割です。
外来の看護師の業務は、病院を訪れたことがあるならばご存知のように、血圧測定や問診、注射、点滴などを行ったり、患者に医師の指示で処置をします。さらに、検査や手術時の移送も看護師がやるわけです。患者と過ごす時間も多いため、病気の治療だけではなく精神面での気配りも必要です。高齢の方たちの増加が進み、福祉の現場でも看護師たるものはとどまることを知らないのです。
それに加え、大企業になると医務室には看護師がいて、健康面やストレスチェックなどのケアをやっています。
このような時は、社員として入社するということもあり得るでしょう。私の叔母にあたる親戚が、離婚をすることになって地元に帰ってくることになりました。
久々に会った叔母は想像していたよりも元気そうで、「私は看護師資格を持っているから、どんなところへ行っても仕事に困らない。あんな男といなくても十分に生活していけるわ」と吹っ切れたように笑っていました。転職を考える看護師がいる場合にも、公共職業安定所で相談したり、求人情報誌などに目を通して転職先を探すというのがありふれた光景だと思います。

でも、驚くことにこれらのところで求人する病院は珍しいくらいです。
公共職業安定所や求人情報誌などで募集をかける病院は労働条件や職場環境がよくなくて人を集めるのが困難な病院が多いのです。

患者という立場から見ると笑顔で患者一人一人を支えてくれる看護師は、時には医師よりも信頼が持てる事もあります。
ですが、実際の勤務状況は過酷で辛いものも多く、たくさんの覚えなけばいけない事や器具のチェックなど仕事は多岐に渡り、それが患者の命にかかわる事もある為に、優しい言動とは裏腹に、ひどく緊張しストレスを感じている場合もあります。こうした仕事のストレスから、看護師の中にはうつ病になっている方も少なくないそうです。
責任感が強く、真面目で頑張りすぎる方やストレスを溜め込みがちな方は、あまり考え過ぎないように、また気持ちをうまく切り替えられるように意識してみましょう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ann
読者になる
2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる