銀行自身に信用があって成功する

January 10 [Fri], 2014, 21:53
紹介のあった、第二種金融商品取引業者(第一種業者とは業として行う内容が異なる)がファンド(投資信託)を開発し、なおかつ適正に運営するためには、大変数の「やるべきこと」および、「やってはいけないこと」が事細かに定められていることを忘れてはいけない。
この「銀行の経営なんてものは銀行自身に信用があって成功するか、融資するほどの価値がないものだと理解されたことで繁栄できなくなる、二つのうち一つである」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン氏の言葉を引用)
ここ数年、偽造・盗難キャッシュカードによるものや振り込め詐欺、これに加えてインターネット上におけるIDなどの個人情報の詐取から発生した損害等今までなかった銀行取引に直接的に関係する悪質な犯罪が大きな社会問題となっています。
日が変わらない間に何度も売買を注文する作戦の「デイトレード」と比較して、10日程度までの短期的な日数の持ち越しをする手法を「スイングトレード」(数週間程度に長くなると「ポジショントレード」)と呼んでその日だけで何回も売買するデイトレードとは区別するのです。
【投資の前に】資産配分:許容することが可能なリスクの範囲に応じて投入できる資金を商品の性質が異なる二種類以上(できれば3種類以上)の商品に割り振って行う投資手法のことを、アセットアロケーション、つまり資産配分と呼びます。

体内に体脂肪が蓄積された状態
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tmdi8e8
読者になる
2014年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tmdi8e8/index1_0.rdf