FXの投資で自動取引が普及して来た背景 

2013年06月25日(火) 9時50分
最近になってFXの自動取引が増えてきたと言えるでしょう。


為替市場全体を考えてみても、コンピュータが一定のアルゴリズムに基づいて自動取引をしているという事は珍しくなくなってきました。


自動取引というと、大きな企業が大きな設備投資をして行うものだと考える人もいるかも知れませんが、最近ではそうでもないようです。


個人でも自動取引を行っている人が増えてきていると言われています。


その理由としてはどのような事があるのでしょうか。



まず、インターネットを利用するためのコストが小さくなってきたという事が考えられます。


最近では、FXの取引をするときにインターネットを利用する事が多いでしょう。


そのためのコストが下がってきたのです。


ですから、専用のサーバを設置して自動取引のシステムを組むための費用も低下してきています。


また、無料の取引ソフトウェアなどがあるために、大きな初期費用をかけずに自動取引のシステムを組む事ができるようになってきたのです。