大里と君島

October 26 [Wed], 2016, 14:52
一般的に不妊治療は費用もかさみますし、タイムリミットを考えると精神的にもつらいものです。行政からの助成金があるものの、ある程度の年齢(40歳前後)から支給回数が減らされるケースが多いです。私は40歳以上の人こそ給付回数は減らすべきでないと思うんです。私だって来年には四十になるので、役所にまでリミットを設けられたようで悲しく、いっそう精神的に疲れてきました。ところで、葉酸とはどのような栄養素なのでしょう。葉酸は、ビタミンBの一種で、代表的なものですと、ホウレンソウやブロッコリーに多く含まれています。葉酸は、特に妊娠初期の妊婦にとって欠かせない栄養分で、推奨量の摂取を続けることで、赤ちゃんの健康的な成長を助けたり、流産の危険性を避けるなどの、有益な効果が認められているためです。厚生労働省が推奨するように、妊娠を計画している(予定がある)方や、妊娠初期の女性は一日当たり400μgの葉酸摂取が推奨されています。また、厚生労働省が推奨するようにサプリメントを活用するのも良い選択だと思います。葉酸は様々な食品に含まれている天然の栄養素です。青菜系の野菜に多く含まれている事が有名ですが、フルーツでは、イチゴやライチに含有量が多いと知られていますね。それ以外では、アセロラや柿、キウイフルーツもそうですね。または、かんきつ類も葉酸が豊富な果物に当たります。葉酸の摂取の負担を少なくしたいとお考えの場合は、オレンジジュースを飲んで葉酸を補給するのも問題ありません。実際に妊娠してから葉酸を積極的に摂取し始めた、という妊婦さんのお話をよく耳にします。ここで疑問なのは「いつまで摂取を続けるべきなのか」という事ですよね。葉酸は母子の体にさまざまな効果が認められていますが、赤ちゃんのためだけに摂取をしているという場合は、葉酸摂取の期間を出産までと限っても大丈夫です。でも、葉酸には不可欠な栄養素の一つで、人体のバランスを整えるといった働きをしています。ですから赤ちゃんを産んだ後も、葉酸を摂取し続けることが健康の手助けとなってくれますから、ぜひ出産後も葉酸の摂取を続けましょう。妊婦にとって必要な栄養素はたくさんありますが、そうしたものをまとめて摂取できる総合サプリの代表的なものは、妊婦や赤ちゃんをサポートする製品で有名なピジョン株式会社の葉酸サプリです。ピジョンの葉酸サプリは幾つかの種類があります。葉酸だけが入っている製品は少ないですが、そのかわりに鉄分をプラスしたものや、カルシウムがプラスされたものなど、それぞれに特徴があります。どれも妊婦にとって不足しがちな栄養素ですし、こうした成分がまとめてまとめられています。こうした複数の成分を配合した葉酸サプリを使えば、何錠もサプリを飲む必要がなく、楽に栄養が摂れるので嬉しいですね。ピジョンの葉酸サプリは、葉酸以外に含有した成分に特徴があるので、ご自身の生活や状況に照らし合わせ、不足しやすい栄養素を補給できるサプリを選択するとより効果が高いです。一般的に、妊娠してから産婦人科等で行われる栄養指導を受ける方や、地域主体の母親学級などで、専門家の指導を受けた方も多いでしょう。このような場で、葉酸が赤ちゃんに与える働きと、葉酸が多く含まれる食べ物についての紹介もされた方が多いのではないでしょうか。一般的に、葉酸を多く含む代表的な食べ物としては、レバーを挙げることが出来ます。あるいは、野菜も代表の一つですね。普段の食事にこうした食材を取り入れて、葉酸を摂取しようと考えている方は、熱によって大部分が失われてしまい、実際に体が吸収する確率が低いということを理解して、食材を調理するようにしましょう。葉酸の摂取期間についてお話しします。皆さんご存知のように、葉酸の摂取は妊娠前から妊娠3か月まで期間において必須です。では、妊娠後期に入った妊婦に、葉酸が要らないのかと言うと、そのような事はありません。葉酸の働きである、赤ちゃんが先天性の障害を発症するというリスクを減少させるという有効性に限った話では、皆さんがご存知の「妊娠前から妊娠3ヶ月まで」が重要な期間だという事です。ですから、妊娠期間中のなかでも、特に妊娠初期の段階での葉酸摂取を意識しようという事なのです。不妊かなと思ったときには、まずは基礎体温計を購入することをおすすめします。簡単すぎるようですが、基礎体温の推移を見れば女性の体の状態がある程度推測でき、不妊対策のファーストステップとして有効なのです。基礎体温表を作るには、変化の少ない朝(起きたとき)に測り、毎日続けるといった注意事項もありますから、それに従って毎日続けるのが肝心です。いまはアプリもあるので気軽にできますね。妊娠が分かってから葉酸の摂取を心がけたという方も多いと思います。出来るだけ、普段の食生活で補おうと、葉酸をふんだんに含んでいる貝類やホウレンソウ、またはレバーを食べるようになったという妊婦さんも少なくないですよね。ところが、葉酸は加熱すると溶け出してしまう性質を持っています。そのため多くの食材を食べようと思っても、加熱してしまいますと葉酸が流れ出して無くなっていることもあるため、結果的に、摂取量が不足している、という場合もあります。近年、葉酸の効果への注目が集まっており、多くの産婦人科で妊婦への摂取が勧められているんですよね。葉酸サプリのサンプルを、産婦人科が配布する場合もあるそうですから、その効果のほどが伺えますね。ですが、妊娠中に葉酸を意識していなかった、という方も少なく無いそうです。万が一、サプリによる葉酸の摂取を怠ったと感じている方も、葉酸はビタミンの一種ですから、食品の中でも肉類やホウレンソウなどの青菜類に多く含有していることで知られています。なので、普段通りの食事をきちんと摂っていれば、ある程度の葉酸は補給できています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ハルト
読者になる
2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tlymfeknlevesa/index1_0.rdf