Baileyでハナジログマ

January 29 [Fri], 2016, 21:51
インプラント治療の大きな問題は、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。

ほとんどのケースは保険適用外で、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で費用の差はかなりありますし、歯科医院が技術料をどう見るかで費用が異なることはもちろんです。
治療が終わっても、ずっと定期検診がある点も知っておく必要があります。
インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってお手入れなしで長持ちすると思ったら大間違いです。義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。

異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。


成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、当然ながらデメリットもあります。
第一に、費用は他の歯科治療より高額です。ケースによっては数十万円の負担になることも覚悟してください。そして、治療にミスや失敗があると健康被害が起きると、かなり深刻化するデメリットも忘れないでください。

ごくまれなことですが、治療によって死亡したケースもありました。


人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。
外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を使っているためです。健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、その全額が自費になるのが普通です。


経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと一番良いでしょう。

インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、それも皆無とはいきません。



上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。これは担当歯科医の技量の低さに起因することが多いといえます。
技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯を入れた後、義歯だとわかることはまずありません。見た目からしても、自分の歯のように自然な印象を与えるのでインプラントだとカミングアウトしなければいかにも義歯だと思われることはいちいち考えなくて良くなります。



費用や期間より、見た目重視の方にとって最適な治療と言えます。
様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、インプラントの埋入まで行けないこともあります。
でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであればもう少し粘ってみてください。



歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療可能になっています。通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を十分調べてください。
歯科治療の一環として、インプラント治療も失敗のリスクをゼロにすることはできません。

治療が失敗すると、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体の損傷、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど見た目の問題が起きる可能性もあります。
問題が起こるリスクを軽減するためにも、まず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。費用や手間の面から考えても、インプラント治療はブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な方にすすめられる治療なのです。
クラウンやブリッジの支えになる歯がない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を選ぶしかない患者さんが多くを占めます。インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、より自然な噛み心地を得られるため食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。
完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるのがインプラントです。しかし、気に留めておくべきポイントがあります。それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあることです。後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。
いくつか例を挙げると、抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかる可能性は高いといえます。注意してください。人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、手術後しばらくの間、患者さんは人工物を入れられた違和感を感じています。腫れがおさまると違和感は薄れるため変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるようにじっと耐えてください。もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因を探り、対応していかなくてはなりません。



我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。

喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性はかなり大きいというべきでしょう。



インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが治療の一大関門となります。
周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質がかなりマイナスに作用します。


インプラント治療の成功を願うなら、治療を受けている間はがんばって禁煙に励みましょう。



全てのインプラント治療にとって大事なのが歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。

この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないため症例数が多ければ多いほど良く、経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。

また、できれば費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが最終的に歯科医を選ぶ決め手です。歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。



義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントが定着しなければ再び手術を行って骨を大きく削り直すことになります。インプラントの埋入も、骨を削るので埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。


全身麻酔になることはほとんどありません。麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。


あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院が必要になることもあるので、注意してください。このような難しい治療を行う場合、治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユウ
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tlncapetilrres/index1_0.rdf