岩崎が櫻井哲夫

June 12 [Sun], 2016, 14:26
辞書を引く前にネットで調べるような現代では、どんな事でもネットでできるようになりました。結婚する相手をさがす場合は、インターネットの合コンサイトに申込んで探すことができます。匿名でメル友を探すには、出会い系サイトがあります。また、従来のeメールに変わってスマホで使えるLINEという通信手段が流行っています。ですが、婚活や出会いが手軽になった反面、良くない事も増えてきています。ネット上での「おしゃべり」だけのつもりがリアルな浮気につながったり、結婚サイトで結婚詐欺に遭う事もあります。
便利なインターネットで、調べる事が不可能な事と言えば自分以外の人が今何をしているかという事ではないでしょうか。政治家や社長さんの中には、食べたものやお店について公表している人もいますが、他人に知られたくない事までは、わざわざ発信しないでしょう。他人に知られたくない事まで細かく調査してくれる機関が、探偵社や興信所と呼ばれる調査会社です。
探偵事務所・興信所で取り扱う調査で主なものは何かといえば、浮気調査だそうです。モラルセンスの欠如によって不貞行為に走る人が増えたのが要因ですが、個人が持つIT機器の普及により自分と相手だけで第三者の取次ぎなく通話できるようになった点が挙げられます。かつては夫の浮気調査の方が多かったのですが、ここ数年は夫から妻の調査依頼も増えています。この結果は女性が出会い系サイトを利用している事に因るものだと考えられます。顔の見えない世界では女性がちやほやされるので病みつきになるのでしょう。
今の時代、素性調査や行動監視についての需要は増え続けていますが、わざわざ調査を依頼する気がない人の方が多いのが実情です。おそらく探偵には悪い人間が多いなどと勝手に思っているのだと思います。人間、自分が体験した出来事について、知人に話す事がよくあります。ところが探偵や興信所に調査を頼んだとしても、人に話したりはしないかもしれません。それ以前に、一生利用しないで過ごす人もいるでしょう。それ故に、尾行や張り込みなど警察まがいの活動だけが注目され、悪いイメージが増幅されてしまっているのかもしれません。
相手と一生添い遂げるつもりで結婚を意識したのに、その時になって相手の素性に疑問を持つ場合があります。古い話ですが"いいなづけ"というものは、家柄や経歴については親の主観とは言え保証されていて安心でした。でも近年増えている、ウェブサイト上でマッチングするカップルの場合は、まだまだ相手について知らない事が多いと思います。だから、嘘で固めた理想の人物になりきる事だってできるかもしれません。この様な嘘を発見するために探偵や興信所が使われるのです。失業中なのに一流企業に在籍しているように見せかけたり、最悪なのは結婚しているのに独身と偽っている者もいます。こういった調査は初めに戸籍謄本などを照査する事から始めていきます。さらに対象者の通勤や休日に尾行して調査していくことになります。




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:颯一
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tlkit6mduasnay/index1_0.rdf