藍色だけど小幡

July 10 [Sun], 2016, 2:12
妊娠や胎児における葉酸の重要性を踏まえると、妊娠中は当然のこととして、それ以前の妊活期間からの摂取が望ましい葉酸は、普段通りの生活を送っていると、十分に摂取できないという悩みも出てくることもありますよね。このような場合、使ってみると良いのが葉酸サプリを飲む事なんです。普段の食生活を気にかけることなく、簡単に葉酸を摂れますので、仮に食事での摂取が不十分だとしても安心です。2人目が欲しかったので早いうちから産婦人科に通いました。ひとりめが男の子だからか、夫は二人揃っての不妊治療は不要という考えで、くどく言うと怒られそうな気がしたので、まず、排卵周期を知る「タイミング療法」でトライしてみました。月に一度通い、一回3000円と手頃でしたが、なかなか妊娠には至らないものですね。それで、ちょっと出費でしたが葉酸サプリを導入。それが功を奏したのか、ほどなくして二人目の妊娠が判明。やったぁ!と思いました。嬉しかったです。妊活中は、ホルモンバランスを正常に整えることにも気を配る必要があります。ところで、ヨガがホルモンバランスを整えるのに効果的だという事をご存知ですか?ヨガは深い息遣いとストレッチによって、リラックス効果があると言われています。ヨガを行う事で自律神経のバランスが良くなりますから、ホルモンバランスの改善につながるという訳ですね。パソコンやスマートフォンでも動画が見れますから、自分の部屋で出来るのでお手軽ですし、軽く運動する事で、凝り固まった体を柔らかくほぐし、代謝を上げてくれます。身体のケアと共に、こころの安定を図ってくれますので、ぜひ妊活中の方にチャレンジしていただきたい妊活です。葉酸の摂取によって胎児の健やかな成長を促し、先天的な神経管異常の障害を抑える可能性がある事が科学的見地からも認められています。そのため、母胎のことを考えた葉酸の摂取を厚生労働省が推奨しており、葉酸のサプリメントや補助食品も多く売られていますし、そのうち特定保健用食品として、赤ちゃんのために、妊婦が摂取しているといった話も少なくありません。冷え性は不妊を招くと言われています。体が冷えて血のめぐりが悪化すると、代謝が落ちて、生殖機能が落ち、妊娠しにくい状態になります。最近、冷え性の緩和にお灸が脚光を浴びています。血行を良くして、新陳代謝を促し、施術中のリラックス効果もあるのが魅力です。冷えた体は芯から温めてバランスを整えることが必要なのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:フウタ
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tlaty71nsar56u/index1_0.rdf