レイモンド・ウェルズ

February 13 [Wed], 2013, 11:28
レイモンド・ウェルズ(Raymond Wells, 1880年10月14日 - 1941年8月9日)は、アメリカ合衆国の映画監督、脚本家、俳優である。

本名フランク・ウェルズ・マーティン(Frank Wells Martin)、レイモンド・B・ウェルズ(Raymond B. Wells)とも名乗った。



人物・来歴

1880年(明治13年)10月14日、イリノイ州アンナに生まれる。



満35歳を迎える1915年(大正4年)、ミューチュアル・フィルム配給の短篇映画 Rose Leaves に主演したのが、映画界でのもっとも古い記録である。

1916年(大正5年)、ユニヴァーサル・フィルム・マニュファクチュアリング・カンパニー(現在のユニバーサル・ピクチャーズ)に移籍、ルース・ストンハウスを主演に The Law and the Lady を監督して、映画監督に転向する。

ユニヴァーサル傘下のブルーバード映画では、1917年(大正6年)、ルース・ストンハウスを主演に『美人の犯罪』を監督、また同年、ジョセフ・ド・グラス監督、フランクリン・ファーナム主演の『恐ろしき里』に俳優として出演、いずれも日本でも公開された。

同年中にトライアングル・フィルム・コーポレーションに移籍、短篇映画を量産する監督となる。

満39歳を迎える1919年(大正8年)にはまたユニヴァーサルに戻り、ハーバート・ヘイズ主演の短篇映画 The Ranger of Pikes Peak を監督して、映画界を離れる。

同作をもって映画監督は休業する。



1926年(大正15年)、満46歳のとき、俳優として映画界に復帰する。

満48歳となる1928年(昭和3年)、9年ぶりに映画監督として復帰、ガードナー・ジェームズを主演に Souls Aflame を撮る。

1929年(昭和4年)、自らの製作会社レイモンド・ウェルズ・プロダクションズを設立、自らが主演・監督するサイレント映画 The Lure of the South Seas を世に送るが、同作をもって監督業は廃業となった。

4年の沈黙ののち、1933年(昭和8年)、ジェイ・ウィルシーの監督・主演作 Trails of Adventure に出演、同作はウェルズにとって初のトーキーであったが、同作をもって事実上引退した。



1941年(昭和16年)8月9日、カリフォルニア州ロサンゼルス市で死去した。

満60歳没。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆうま5upe
読者になる
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tl5iws73/index1_0.rdf