一円にこだわる女 

March 24 [Mon], 2014, 15:10
私が自分で自分に呆れるとき、それはケチ根性を出してしまったときですね。出さずに内心思っていても閉じ込めることが多いですが。

たとえば友達と外食に行ったときに、最後に割り勘をすると思うのですがそれがいい加減な方法だととてももやもやするんです。よく、「きっちり割り勘すると他人行儀で冷める」ということを耳にしますが、親しき仲にも礼儀あり、一円単位できちんと割り勘したいのです。

人数が多いとき、酔っているときなんて、みんないい加減な計算しかできません。そこで自分が会計をかって出てお金を請求しても「一円単位まで請求するなんて細かいやつだ。」と、正しいことをしているはずの私が責められるという状況も想像できるのです。

でも、ここまで読んでもらった印象では、それほど私のことを「小物」だと感じないかも知れませんね。逆に、お金に関してしっかりしている人だという、プラスの印象を持っていただけるかも知れません。しかし、私が小物なのはこのポイントではなく「割り勘した時に、自分のほうが払った金額が少なかったらあまりもやもやしない」という点なのです。自分が払った金額が相手より1円でもすくなければあまりもやもやしませんね。「おつりは取っておいていいよ。」と言われると、うれしくなるんです。そういうときは断らずもらっちゃうんですよね。そんな自分のケチ根性にとてももやもやとしたものを持ちつつ、こればかりはどうしようもないのです。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tkn25z6paj
読者になる
2014年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる