今日の商談

September 09 [Sun], 2012, 3:16
そういえばその昔、フジTのプロ野球ニュースで今日のホームランってコーナーがあったなぁうん懐かしいいきなり話がそれた。
今朝、仕事で客先に行くと、見慣れた顔の担当者がいつものように商談テーブルについた。
まもなく定年という絵に描いた様なオッサンで、ハゲにメガネがよく似合う。
そんな彼の顔を見るなり驚いた。
鼻の下と唇の下に、顔面でスライディングでもしたかのような擦り傷がびっしり尚且つ左目の内側あたりに結構な大きさの内出血。
これ、営業マンにとって実は困るのである。
例えばこれが手足の骨折等であればあれどうかなさったんですかと聞ける。
それは、事故だったり休日のスポーツで張り切りすぎたり、ケガの経緯を聞いて、当たり障りなく切り返せる内容だと容易に想像出来るからだ。
ところが顔面のケガとなるとそうはいかない。
浮気がバレて嫁にぶん殴られたか、友人の彼女を寝取って仕返しにぶん殴られたか、両手に荷物を持った状態でけつまづいたか、正義の味方を気取って喧嘩の仲裁に入ったら足がもつれ、屈んだ所に相手の膝が入ったとか、いずれにしても間抜けな笑いのネタになる様な出来事でなければ、大のオトナが顔面にケガなどしないからだ。
つまり相手も話したくないケースが多い。
でも目立っちゃうから、あからさまに無視するのもわざとらしい。
そんな事を考えながら淡々と商談を進めていた。
すると、終わりがけに相手から顔目立つって聞いてきた。
あったりめーだろ、バカいい年こいて何やりやがったと言いたいところをグッと飲み込みいえ、目立つというより痛々しい感じがお気の毒でさすが営業歴20年を超えるベテランの対応である。
聞けば、近所のスナックで酒を飲みクリスタル 詐欺、泥酔した状態にも関わらずチャリで帰宅。
その道中ですっころんだらしいのだが、本人は全く記憶が無く、朝起きて歯を磨く際に気づいたとのこと。
やっぱりロクな原因じゃなかった。
ドリフのカトちゃんおまわりさんじゃねーんだから、死ななかっただけラッキーだ。
定年間近のオヤジが酔ってチャリで事故って死んだなんていったら家族は恥ずかしくてご近所に死因も話せない。
しかもこのオヤジ、何度か一緒に飲んだのだが、確実に酒に飲まれるタイプで、飲む度に必ず泥酔する。
居酒屋でしこたま飲んだ後に、必ず瓦町あたりのスナックをハシゴし、吉幾三の酒よを訳の分からない替え歌にして熱唱したかと思えば、スナックのおねーちゃんにボディータッチを繰り返し、それを見て呆れ顔の俺を見つけるとほら、まーさんも触って触ってと、強引に手を引っ張る。
この、実に生産性もプライドも羞恥心の欠片もない行動が、午前3時頃まで延々続く。
帰りがけ、無理矢理タクシーに押し込み、後部窓ごしに見る赤ら顔には毎回殺意を覚える。
そんなバカオヤジの話を笑っている読者諸兄、自らの事に置き換えて考えた方がいいヤツは何人かいるぞ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tkiuk47vst
読者になる
2012年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tkiuk47vst/index1_0.rdf