「天地人」雑考

February 09 [Mon], 2009, 2:16
日曜日の夜は、所属するアマチュアオーケストラの練習があるので、大河ドラマはほとんど見ることができないのですよ。

でも、先日月曜日に所用があって前日の日曜日に上京した際に、今年の「天地人」を初めて見る機会に恵まれました。


よく言われるように、題材はいいけどキャストが微妙・・・
越後の上杉氏なんて、もっと朴訥とした人たちだったと思うのですよ。
ところが、妙に「都ぶり」な人々ばかりなんですよね。。。
柿崎とか北条(「きたじょう」と読む)といった端役の家臣たちだけ、妙にそれっぽかったりw

上杉謙信なんて、ドラマではやたら神秘的に描かれるけど、要は戦闘能力が高いだけで大局的見地に欠けていた単なる田舎大名だったと思う。
逆に言えば、あそこまで行き当たりばったりで戦闘をしておいて、よくあそこまで勢力を保てたものだと感心するがw

あと、実際に住んだことのない人間が言うのもナンだけど、裏日本ってもっと薄暗いと思うのですよね。
とくにこの時代の越後なんて、一年の半分近くは薄暗いどんよりとした世界だったと思うのですよ。

陰鬱とした薄暗い環境での、朴訥とした人々…これが戦国時代の上杉氏の本来の姿だと思うのだけど、まあそれでは絵にならないってことでしょうな。
でも、絵にならないのならそんな題材を取り上げるなって話だし。。。

まあ結局、昨今の大河ドラマの例に漏れず、「時代劇の舞台を借りたホームドラマ」という趣向なのでしょう。


P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tk
読者になる
日本美術史を専攻する大学院生です
2009年02月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる