江島と水落

April 26 [Wed], 2017, 14:41
お手元の金製品を買い取ってもらうにあたり必ず気にしなければならない点としては、何と言っても相場の見極めに尽きるでしょう。
なるべく高価の買取になるように、毎日変動する相場を入念にチェックし、最も得する時を狙って売却するのです。
買取市場では、買取申込の際の相場で買取額を決められるのが一般的といえます。
上手く相場の波に乗り、可能な限り高い値段で売りたいものですね。
近頃では、「ご自宅に眠っている金・プラチナを買い取ります」といった宣伝を行うお店が急増してきたイメージです。
WEB上でも、自分の地域プラス「金買取」などで検索したら、高価買取を謳う宣伝のページがたくさんヒットします。
もう使わない宝飾品が少しでもお金になるのなら、お店選びにまでこだわる必要はないと感じるかもしれませんが、金の相場が大きく変われば当然、買取金額にも影響が出るので、相場の変動を確認しておき、高くなった時に売るのが賢いといえます。
金やプラチナ製のアクセサリーは、家にずっと眠ってはいるけど、時代遅れのデザインだったりして長らくご無沙汰という場合もあるでしょう。
家にそういうものがあれば、買取ショップを利用してみてはどうでしょうか。
でも、ここで落とし穴があります。
メッキ加工の偽物の場合もあります。
鑑定士にそのように言われたら、買ったときに騙されていたのだと諦めるしかありません。
デザインが古いとか、年齢が合わなくなったとかで、もう使わない金製の指輪やネックレス、イヤリングなどをお持ちの方も多いと思います。
そんなときは買取ショップで換金しましょう。
ここ十年くらいで、そうしたお店は一気に増えてきたので、ウェブサイトなどに載っている買取価格を参考にして、より高い値段で買取してくれるのはどの店か比較検討するのが賢いやり方です。
店によっては手数料や査定料を買取価格から差し引いてくるので、よく調べて、有利な店を探してください。
ここのところ金買取のCMをテレビでもよく見ます。
先日、私も買取店を利用して、古い指輪やネックレスを買取してもらいました。
なにぶん、そうしたことは初めてだったので、売却先をどこにするか、自分では思いつかず、色々なホームページをネットで見て調べてみました。
調べた結果、御徒町のあたりに、金の買取店ばかりが集まっているエリアがあることがわかったので、中でもお勧めと書かれている店に持っていきました。
専門の鑑定士の人が丁寧に査定してくれて、買取金額も高かったので、上機嫌で帰りました。
要らなくなった金のネックレスがいくらで売れるか気になる人は、刻印を見てみるのがいいと思います。
それが本当に金製であれば、「K24」や「K18」など、刻印が入っていると思います。
Kはカラットの略で、この数値は金の純度を表しています。
K24なら24分の24で100%が金、K18なら24分の18で75%が金というのが一定の目安になります。
同じ金製品でも、何割の金が含まれているかによって市場価値は変わってくるということです。
ここ十年ほどで金の価格が上昇し続けていると聞き、タンスの奥に眠っていた金製品を、金買取ののぼりを出している店に持って行ったら、純度を示す刻印が入っていないから、値段は付けられないと言われてしまいました。
中には刻印ありの品もありましたが、数が少なく、査定金額も低くなる上、手数料を引かれるとほとんど残りません。
それよりは一括で買ってくれる店を探した方がいいと思って、金買取で有名な御徒町まで足を延ばしてみました。
すると、買取店のスタッフや設備も流石にレベルが違い、町のショップではとてもできないような専門的な検査をしてくれて、無事に全ての金製品を買い取ってもらうことができました。
金買取業者は大抵の場合、未成年者とお店自身、両方の安全を守るため、年齢による利用制限が設けられている場合が多いです。
このため、未成年者は買取の利用を断られてしまうことになります。
ごくまれに、成人していなくても、18歳から利用できる場合もあります。
しかし、法定代理人である親が署名捺印した同意書が必要です。
この場合でも、18歳を超えていたとしても、高校卒業までは駄目というケースがほとんどです。
金買取といっても様々な形式があります。
今、少しずつ流行り出しているのは、直接お店に行かなくても、郵送で金買取をしてくれるスタイルです。
このサービスは、売りたい商品を郵送や宅配便で業者に送り、あとは店頭に持ち込んだ場合と同様に査定を受けるというものです。
買取金額の連絡が来たら、その額で買取してもらうかを決めればいいのです。
店まで行くのが大変という人も多い店頭買取と違って、時間を気にせず利用できるので、地方にお住まいの方や、お店に商品を持って行くのが億劫だという方のための形態と考えてもいいかもしれません。
金買取業者を名乗るものが突然自宅を訪れ、使っていない金製品を買い取りますなどと言い、二束三文で買い叩いていく、こちらの無知や気弱さに付け込んだ悪質な事案が増加しており、警察や消費者センターの対応も追いついていないようです。
お年寄りや主婦など、与しやすそうな相手を狙って訪問し、断ろうとすると、強引に買取を強行してくることもあるのです。
当然、こういうことをする業者はまともな商売人ではなく、普通のお店なら出してくれる契約書なども渡されないので、怪しい業者が訪ねてきても相手にしないようにしましょう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:カズマ
読者になる
2017年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる