ハイ投資証券のソン・ミョンソプ研究員は「第2四半期にはギャラクシーS7の発売効果も消え、

July 14 [Thu], 2016, 12:17
 ハイ投資証券のソン・ミョンソプ研究員は「第2四半期にはギャラクシーS7の発売効果も消え、アップルの中低価製品の販売も容易ではなさそうだ」とサムスンとアップルが市場の飽和の中
ポルシェ新型911 カレラ/911 カレラS カブリオレ[991型 2016年モデル(ダウンサイジングターボ搭載)] 試乗レポート
ポルシェ新型911 カレラ/911 カレラS カブリオレ[991型 2016年モデル(ダウンサイジングターボ搭載)] 試乗レポート
ターボエンジンを手がけ、はや40余年
だって、ポルシェだぜ?

厄介なところのあるリアエンジンの物理特性を完璧に飼い慣らしたどころか、加速性能にはもちろん、コーナリングの速さや楽しさにまで積極的に活かしてきた凄い熟成力を持つメーカーなんだから。

果たして今回も「最良の911は最新の911」なのか [画像158枚]

それに、ポルシェが何年ターボをやってきた?

市販車だけで40年、レーシングカーの開発段階から数えたら軽く45年は超えてるわけだ。
シャネルiphone7ケース今さらダメなヤツを作ってくるはずないじゃん。

そう思ってた。
エルメス iphone7ケース確信してたといってもいい。先に試乗をすませてる同業の諸先輩や仲間の声からも、悪いモノは全く伝わってこない。
シャネルiphone7ケースけれど、心の中のどこかで不安めいたものがモヤモヤしていたのも、また事実だった。

そりゃスポーツカーとしては相も変わらず第一級であるはずだ。
シャネルiphone7ケースだけどクルマは出来の良し悪しだけで全てが決まるってものでもない。ポルシェの自然吸気フラット6だけが持つ、あのシャープさは、あのサウンドは、あの乗るたびに心酔させられる独特のフィールは、いったいどれくらい残ってるのだろう……? と。
シャネルiphone6ケース

ポルシェ新型911 カレラ/911 カレラS カブリオレ[991型 2016年モデル(ダウンサイジングターボ搭載)] 試乗レポート
ポルシェ新型911 カレラ/911 カレラS カブリオレ[991型 2016年モデル(ダウンサイジングターボ搭載)] 試乗レポート
ターボといっても「911ターボ」とは意味合いが異なる
ポルシェから911カレラ(991型)のシリーズにもフラット6ターボ 米国の市場調査会社、IDCがこのほど公表した今年1〜3月期における世界のスマートフォン市場に関するリポートによると、この期間の世界出荷台数(速報値)は3億3490万台となり、1年前からの伸び率は0.2%と、ほぼ横ばいになった。

■ スマホ市場は飽和状態

 この伸び率はIDCが統計を取り始めて以来最も低い水準。
グッチiPhone7ケース

 同社はその理由として、先進国市場でスマートフォンの普及率が高水準に達し、飽和状態になっていること、業界の上位2社である米アップルと韓国サムスン電子の出荷台数が減少したことなどを挙げている。

 この期間のメーカー別出荷台数を見ると、サムスンが8190万台でトップを維持し、これにアップルが5120万台で次いだ。
シャネルiphoneケースこのうちサムスンの出荷台数は1年前に比べ0.6%減と、小幅な減少。だがアップルは同16.3%減と大きく落ち込んだ。
グッチiPhone7ケース

 IDCによると、サムスンは旗艦モデルの「Galaxy S7」と「同S7 edge」が3月によく売れたほか、低価格端末の「J Series」も新興国市場で好調だった。

■ iPhoneは2007年の発売以来初めて減少

 一方でアップルの四半期出荷台数の前年割れは、2007年にiPhoneの初代機を発売して以来初めて。
シャネルiphone7ケースIDCはその直接の理由について言及していないが、世界最大のスマートフォン市場である中国の減速が要因と見られている。

 アップルは4月26日の決算発表で1〜3月期における中国(香港、台湾を含む)の売上高が1年前から26%減少したと報告している(PDF書類)。
シャネルiphone6ケース
韓国のサムスン電子が28日に発表した1〜3月期の連結決算によると、スマートフォン事業を担うIM(ITモバイル)部門の本業のもうけを示す営業利益は3兆8900億ウォン(約3690億円)だった。四半期の営業利益が3兆ウォンを超えたのは、2014年の4〜6月期以来、7四半期ぶり。
グッチiPhone7ケース 
 IM部門は2013年の7〜9月期にスマートフォン「ギャラクシーS4」のヒットで6兆7000億ウォンの営業利益を記録し、同社の四半期の営業利益は10兆ウォン台に入った。しかし、14年には「ギャラクシーS5」の不評に加え、米アップルや中国企業が好調だったことなどから、増加の勢いが止まった。
シャネルiphone7ケース
 IM部門の実績回復の原動力は新型スマホの「ギャラクシーS7」シリーズによるものとみられる。ギャラクシーS7はデザインと性能の両面で完成度が高く、これまでのギャラクシーSシリーズの中でも最高との評価を受け、発売序盤から人気を博した。
グッチiPhone7ケース
 また通常1〜3月期はスマホの新モデルの発表が少なく、「iPhone(アイフォーン)」のようなライバルがなかったことも功を奏した。北米や欧州を中心に、発売から約1か月で1000万台を超える好調な売れ行きを見せた。
シャネルiphone7ケース
 業界関係者は「ギャラクシーS7はギャラクシーS6の外観と素材をそのまま受け継いだため原価負担率が大きく改善され、営業利益の増加に役立ったとみられる」と説明した。 
 一方、アップルは1年ごとに新モデルを発表しているが、スマホから機種変更をする顧客の需要に応えることができず、失速したとみられる。
グッチiPhone7ケース
 世界的にハイエンドスマホ市場が停滞している状況を考慮すると、アップルとサムスンの勝敗は普及型モデルの差で決まったとする見方が強い。
 サムスンは昨年1月からギャラクシーのA・E・Jシリーズを先進国だけでなく、主な新興市場に投入している。
シャネルiphone6ケース画面の大きさ、仕様、価格などの面で選択肢が豊富だ。低価格であるために序盤には利益が薄かったが、薄利多売により、増益につながった。
シャネルiphone7ケース
 サムスン電子は「ギャラクシーAシリーズなど低価格帯のラインアップの利益率が改善された」とした上で、「スマホのラインアップの簡素化により費用に対する効率化も持続して推進する」と話した。
 アップルも普及型モデルを出し、広がりつつある低価格市場に参入したものの、サムスンだけでなく、LG電子や中国企業が既に確保しているシェアをどの程度奪えるかは未知数だ。
シャネルiphone7ケース
 また、現行の「iPhone 6s」シリーズには多くの新機能が搭載されたものの、「iPhone 6」シリーズのユーザーの多くは新モデルへの買い替えを必要と感じていないようだと、IDCは指摘している。

 なおアップルは先頃iPhone 6sと処理性能が同等ながら価格の安い「iPhone SE」を市場投入したが、その発売日が3月31日だったため、同モデルの業績結果が出るのは4〜6月期以降となる。
シリコンiPhoneケースを導入することがアナウンスされたとき、多くのファンは複雑な気分になったことだろう。

自然吸気のままではさすがに高性能化と環境性能の追求をバランスさせるのが難しくなってきたことは理解できるものの、いわゆる“ポルシェ・ターボ”の流れを汲む911ターボのような超高性能のためのターボ化ではなく、あくまでも排気量を小さくして過給器でパワーとトルクを補いながら環境性能を向上させるダウンサイジング・テクノロジーの路線。
ルイヴィトンiphone7ケースそれが911というスポーツカーを退屈なものにしてしまうのではないか、と考えた人も少なくなかったようだ。

2015年の秋に発表されたマイナーチェンジ版が搭載したパワーユニットは、排気量を2981ccへと縮小したフラット6ユニットに2基のターボチャージャーを備えたもの。
ポルシェはそれをダウンサイジングとはいわず、ライトサイジング、つまりサイズの適正化であるとした。で厳しい戦いを続けるものと見込んだ。
シャネルiphone7ケース
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rseseve
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tjudrvrr/index1_0.rdf