ステロイド系の塗るタイプの薬は効き目が早いのですが、刺激

July 20 [Wed], 2016, 20:02

私が20歳のこと、背中が痒い為みてみると、たくさんの吹き出物ができていたんです。







すぐに皮膚科に行きました。







診察をして、先生から、「多数の吹き出物をニキビと診断します。







こうなったのは食生活の偏りなんですが、脂もの中心の食生活になっているんじゃないですか?」と聞かれてしまいました。







チョコが何よりもニキビができやすいそうです。







角栓が毛穴をふさぐことが、ニキビをつくる原因のひとつなのです。







気になるため思わず指で角栓をはさんで押し出してしまうと、その場所にニキビ跡ができる原因になります。







角栓をつくらせないように、そして、悪化させない為には、しっかりとした保湿を怠らないこと、毛穴に皮脂が詰まらないようにすることが、大切なのです。







私のニキビケア方法は、どんなに眠くてもメイクは必ず落として床につくことです。







化粧をすることにより、肌へのダメージが大きいと思うので、お肌に休む時間をあげたいのです。







メイク落としにもこだわっています。







オイルがベースのタイプや拭き取るタイプなど様々なものを使ってきましたが、ミルクタイプのメイク落としがお肌に優しいと思いました。







ひどいニキビができた場合は、洗顔石鹸を使ってピーリングをしています。







ピーリングを初めてした時には、お肌が少しヒリッとしました。







それで、怖くなってしまって即止めることにしたのですが、肌が正常に戻ったら、そんなヒリヒリ感は消えて、とてもきれいにニキビが改善できたのでした。







それからは、ニキビができるとピーリングをしています。







ニキビも間違いなく皮膚病の一種です。







たかがニキビで皮膚科に診てもらうのも、と少し尻込みしてしまいがちですが、皮膚科に通院すると早期に治癒しますし、ニキビ跡も目立ちにくいです。







おまけに、自分で薬屋などでニキビ薬を手に入れるよりも安い費用でよくなります。







ニキビと食事内容は密接にかかわっています。







食生活を健全にすることはニキビのケアにもなります。







食事は野菜中心の献立にして、なるべくビタミンやミネラルを取りこむようにしましょう。







食物繊維が多く含まれる野菜は、便秘解消の見地から言っても、ニキビの改善につながります。







ニキビにヨーグルトは良いものではないといったことが言われていたり、逆に良いとされますが、こういった情報の真偽というのは定かではありません。







実際、限られた食品にだけ頼るのではなく、日頃からバランスの良い食事を努めるようにすれば、ニキビの防止に繋がると私は思うのです。







あまり、ニキビが気にかかるからといって顔を洗いすぎてしまうと、必要となる油脂も落としてしまい、ニキビがひどくなる場合もあります。







多く洗うとしても洗顔は一日に二度ほどにしておきましょう。







大切なのは十分に洗顔料を泡立て、肌にはじかに手を触れさせずに、あくまで泡で洗顔をすること、そして洗顔後にはすぐ保湿をすることです。







ニキビが眉上の目立つところにひどく出た時に、あまりにも見苦しい状態だったので、皮膚科に行ってみることにしました。







先生から、塗り薬を出しますので、塗って経過を観察して下さいと言われ、ステロイド系の塗り薬を与えられました。







ステロイド系の塗るタイプの薬は効き目が早いのですが、刺激があるので、状態の改善が見込めたら塗布する割合を少なくしていかなければならないそうです。







ニキビに使用する薬は、色々なものがあります。







当然ですが、専用のニキビ薬の方が効果は強いです。







だけど、軽度のニキビだとしたら、オロナインを使っても大丈夫です。







きちんと、効能・効果の所に吹出物ややけど、ひび等とまとめて、記されています。







ひどいニキビに悩まされているからといって顔を洗いすぎてしまうと、必要となる油脂も落としてしまい、ニキビがひどくなる場合もあります。







多くても顔を洗うのは一日に二回までにしましょう。







大切なことは洗顔料をしっかりと泡立てて、肌にはじかに手を触れさせずに、あくまで泡で洗顔をすること、そして洗顔後にはすぐ保湿をすることです。







ニキビができるのはアクネ菌のせいなので、フェイスタオルやスポンジなどのメイク用品を他の人と共有で使用していたり、肌が直接触れてそのまま洗わなかった場合などに、ニキビの原因であるアクネ菌がうつることがあるので注意が必要です。







また、手で自分のニキビを触った後で、顔を触ってしまうと、その場所にもニキビができることがあるでしょう。







なぜニキビができるのか?その理由のひとつに、乾燥も含まれます。







ニキビは余分な油脂が原因でできているんじゃなかったの?と不思議に思う人も少なくないかもしれません。







もちろん、余分な油脂によっておこる毛穴の詰まりも原因のひとつとなっているのは事実ですが、だからといって逆に油脂を落としすぎてしまうと、今度は肌が乾燥しすぎて、それがもとでニキビができてしまうのです。







ニキビが出来てしまうととても気分が滅入ります。







ですが、実はお肌の調子ってお腹の中の調子と結びついているらしいので、腸内環境を良くしたら、結構きれいになくなってくれます。







快便生活を始めるためにりんごなどの食物繊維豊富な果物を食べて、不要なものを体外へ出していったら、吹き出物も消えてなくなります。







ニキビが炎症を起こしてしまうと、顔を洗う場合などにほんの少し触っただけでも痛みを感じてしまいます。







そのため、炎症を起こしている場合は、いくら気になるからといって絶対に指で触らないでください。







触ると痛いのももちろんですが、指から雑菌が入るために、ますます炎症がひどくなります。







白く膨らんだ痛々しいニキビを見つけるとついつい中身を出してしまいます。







ニキビの中から白い中身がピュッと出てくるのが大好きなんです。







ただ、五回に一回はつぶしても中身が残り、意地でも芯を出そうとしてしまい、ニキビが治っても肌に跡が残ってしまうのです。







鏡でニキビ跡を見るたびに、無理にニキビをつぶしてはいけないと反省するのですが、白いニキビができるとどうにもこうにもつぶしたくなって、また中身を出してしまうのです。







私の母親の肌はとてもニキビができやすくて、私も中学校の時からニキビに悩まされ、二十歳を越えた現在でも、よくニキビができるので、顔のお手入れは注意してやっています。







また、三歳になる娘も早くも鼻の周りの毛穴に角質がつまり始めています。







不憫なことに必ずニキビ肌になりそうです。







遺伝とは恐ろしいと感じました。







結構前の話ですが、私が20歳の頃、背中が痒い為みてみると、無数の吹き出物が確認できたんです。







すぐに皮膚科で見てもらいました。







すると、病院側から、「診察結果はニキビです。







原因は食事が偏ったせいなんですが、脂っこいものばかりの食事になっているんじゃないですか」と診断されてしまいました。







チョコがもっともニキビができやすいそうです。







悪化したニキビとなると、芯を持ったように固い状態になって、触ると痛いといった症状が見られます。







ニキビが出来ると、ついその箇所を確かめようと触ってみたくなりますが、触るとまた雑菌が入って長引いてしまうかもしれないので、ニキビケアのクリームなどでケアをして、清潔な状態を保つようにしましょう。







ニキビにヨーグルトは良いものではないと言ったり、逆に良いと言われたりとしますが、こうした情報の真偽というものは明らかではありません。







一つの食品だけにこだわるのではなく、日頃からバランスの良い食事を心がければ、ニキビの防止に繋がると思うのです。








http://adgjm.net/blog/?us=w9ocra7
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tj214hn
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tj214hn/index1_0.rdf