ディスク売上 レンタルショップの扱い

February 09 [Thu], 2017, 20:05
DVDやBDの売上にはレンタルショップの売上が加味されない。
大手のTやGは1,000店舗以上直営店やフランチャイズ店がある。
少なくとも2,000枚は売上が増えるはず。
昔は、個人経営店も多くレンタルショップの売上だけで元が取れるとも追われていた。

しかしレンタルショップとの話し合いでレンタル専用のDVD,BDは元値の3倍で卸すことに
 交渉が成立したらしく、個人店舗は経営できなくなったらしい。
その後は大資本の大手が営業するだけとなってしまった。
しかし毎年数百本、数千本の新規作品を購入することはレンタルショップにも痛手である。
それに購入すれば固定資産となり税金対策上は不利となる。
そこでリースが適応されることになり、リースアップ品は数本を買い取り
 それ以外はリース会社に引き取りとなるらしい。
そこでリースアップ品を安く買い取って販売する業者が出現したのだった。
しかしまとめ買いらしく、全ての内容を確認したわけでもないので、
 不良品もあるらしく購入時は注意が必要となる。

どうやら3倍の値段で購入する品は今ではハリウッドの大作だけらしい。
アニメなど1本500円で購入らしいとの噂もある。
そうならば500円で2,000本が売れても正規品の140本程度でしかなく、
 ランキングには影響しないと考えても良さそうである。

ネット配信

December 28 [Wed], 2016, 21:49
かつては試験的側面が強かったが、最近は商売が本格化している。
ネットインフラの設備投資も進んで、高速化が達成されてきた。
しかもMPEG4の開発で高画質データを圧縮して配信することも可能になってきた。
今までは、登録しなくても視聴できたり、無料で視聴できる作品も多かったが
 最近では有料化が進んできた。
もう無料で視聴できるほうが少ない。

そんな動画配信サイトで急速に人気を集めているのが、Abema-TV。
ここはTVと同じで配信時間に合わせてPCで視聴するタイプ。
ただし無登録で無料で、CMが含まれるが視聴できる数少ないサイトの1つ。

かつて、TVの難視聴地域で販売を伸ばしてきたBS有料放送。
ケーブルTVにネット配信サイトにBS有料放送、さて住み分けが出来るのか。
それとも勝者が決まるのだろうか。
今後は某国営放送の支払いを止められれば、有料放送に加盟するのも良いかもしれない。
しかし某国営放送の支払いを辞めるのは難しそうでもある。

キュレーションサイト

December 13 [Tue], 2016, 14:40
最近、サイトが閉鎖になって話題のキュレーションサイト。
キュレーターが語源らしく、まとめサイトのことを指すらしい。
外部のライターに依頼した内容が不確かで問題発覚。
医療関係の内容だっただけに問題が公になったらしい。

どうやらライターには詳細な指示があったらしい。
文字数やタグ、写真などの細かな内容でSEOを意識した指示らしい。
これは誰か、買収した会社の関与が疑われる。
しかもプロに比べて遥かに安い単価だったらしい。
驚いたのは、ライターを紹介する会社まであるらしい。

同様に閉鎖されたサイトは、内容に著作権違反の疑いがあるかららしい。
ライターが勝手にネット上の画像などをフリーだと思ってコピーしたらしい。
コピーされ過ぎて別のサイトが権利を持つように記述されている画像もあるらしい。

ある意味、ネットの発達は膨大な著作権違反を生み出したとも言える。

個人的には、まとめサイトって内容が浅く好きではない。
本当に知りたければWIKIを読む。
Wikiも間違った内容を記述していることがあるが、まとめサイトよりは信用できる。
簡単に知るためのサイトらしいが、片手落ちだったり、それこそライターの
 知識に依存する内容もあるので、信用しづらい。

どこかのサイトではライターを格付けするらしい。
その評価自体に問題はないのかと考えてしまう。

無用の長物 原作厨

November 29 [Tue], 2016, 15:23
原作大好きでブログにネチケットも理解せずに書き込んでくる原作厨と呼ばれる輩がいる。
いきなり原作の設定を書き込んでくる、失礼極まりない。
それもアニメでは描いていないが原作は素晴らしいと豪語する。
不愉快です。

アニメと原作は異なるものです。
アニメでカットされれば、その内容は無いことになります。
それも理解せずに原作は素晴らしいと延々とブログに書き込んでくれます。
私は原作になど興味が無いのです。
アニメをアニメとして純粋に楽しみたいのです。
描ききれないのならば、公式サイトで補完してねとテロップを流せばいい。
そうでないなら、アニメはアニメ単体で楽しみたい。

アニメと原作を分けて別物と理解できない小学生レベルの幼稚で未熟な者とは関わりたくない。
それが私の趣旨となります。
なので原作厨が嫌いです。

原作厨がブログに書き込む作品は偏ってます。
有名な作品としては、
 とあるシリーズ、とある科学の超電磁砲、とある魔術の禁書目録
 FATE シリーズ
 デュラララ

それに最近加わったのが、「魔法少女育成計画」
本当に鬱陶しい原作厨。
彼らは原作を知っているだけで自分が教えられる立場にいると酔ってます。
まるで自分が先生にでもなったつもりです。
でも必要性はないので消えてくれ。

LDやVHS

November 14 [Mon], 2016, 16:17
今は無き化石の如きレーザーディスクとVHS。
先にVHSとβのビデオデッキが発売された。
画質はベータが圧倒的に綺麗で優位に立っていたが8倍速モードで
 長時間録画が可能になってVHSの天下となった。
このVHSの技術が凄い。
今までは磁気テープに平行にデータを記述していた。
しかし幅を十分に利用していないので、斜めに書けば良いと気づいたのだった。
VHSの長時間録画を可能にしたのはヘッドを回転させて斜めに書き込ませたからだった。
その後は、S端子で接続すると目を見張る高画質になった。
最後には情報をデジタル化したレコーダーが登場したが普及しなかった。

大阪万博、沖縄海洋博覧会、に続く万国博覧会だと思っていたポートピア博覧会。
調べたら国際博覧会は筑波科学博が続き、ポートピアは地方博覧会だった。
どうやら種別が異なるらしい。
このポートピアで始めて見た参考出展だったレーザーディスク。
その後、パイオニアはTVCMや一社提供番組で盛んに宣伝を開始した。
「絵の出るレコード」が当初のキャッチコピーだった。
「今夜は最高」などで関連のワーナー・パイオニア所属だった森高千里さんの
 PVが盛んに流れていた。
高中正義さんのTVCMも記憶にある。

このLDも最初は片面20分程度しか録画されていなかった。
それでは不便だと60分まで拡張したのがCLVディスク。
今までのディスクはCAVと呼んだ。
何が異なるかというと回転数を変化させて線速度を一定にしたのだった。
CDと同じ。

LDは当初はコンテンツが無くて苦労した。
そこでハードウェア販促のためにOVAを企画したのだと思う。
なので昔のOVAはパイオニアLDC制作が多い。
初期の頃はレンタル禁止でもなかったが、途中で禁止になって
 明らかにコンテンツ不足に喘いでいた感がある。

LDの音声はデジタルでドルビーサラウンドも早い時期から対応していた。
字幕のオンオフも可能で、最後には英語、日本語と複数の字幕をサポートした
 ソフトも発売された。
この機能は便利だったが、DVD,BDでは今ひとつ使いづらく非力に思える。
映像だけなら変換は可能だが、字幕も変換してくれると更に嬉しいのだが・・・。
そんなパイオニアもオーディオ部門はONKYOに販売された。


東京ガス訪問

October 07 [Fri], 2016, 16:15
何だか、外部と内部のガス器具、ガス漏れの点検が目的らしい。
しかしガスコンロを製造したわけでもないので機器を点検するわけではない。
ガス漏れ警報器を点検するのかと思ったら、他社製品らしい。
結局何をしに来たのか意味不明。
個人情報の修正を尋ねられたので、これが目的だろうか。
今後はガスも自由化されるので、顧客の囲い込みなのだろうか。
ハッキリ言って訪れた意味はない。
室内でガス漏れがあれば大変なことになっていそう。
直ぐに分かるのじゃないのだろうか。

最後にステッカーを渡されたが、色んな場合に連絡する場所が異なっている。
5箇所くらいの電話番号が記載されているのは無意味だと思う。
そして近所のライフバルの電話番号ステッカーも渡された。
これだけ十分にも思える。

ガス暖房は高くて月額で1万円は高くなるから使わないと嫌味も伝えておいた。

地元商店街

October 01 [Sat], 2016, 3:52
駅前の地元のアーケード商店街。
そこの一等地にあった本屋が閉店した。
少し離れた場所にあった個人書店も閉店。
これで本屋は3軒が閉店して残り1軒だけになってしまった。
やはりコンビニに雑誌販売を奪われているのが大きいのだろうか。

年齢と後継ぎ不在のせいか、閉店するお店が多い。
玩具店が2軒閉店して玩具店は存在しなくなった。
レコード店が閉店してもう存在しない。
帽子屋も閉店した。
八百屋、魚屋も閉店した。
おかき、あられを作って販売する店も2軒閉店した。
和菓子、団子屋さんも閉店した。
大型の家電ショップも2軒閉店。
ゲーセンも3軒閉店した。
パチンコ店も4軒閉店。
手芸、裁縫店も2軒閉店した。
個人メガネ店が閉店したが、大手系列が3軒増えた。
写真撮影店も閉店した。

ある意味コンビニと100円均一ショップしか残らない気がする。
でも100円均一ショップも3軒中の2軒が撤退した。
コンビニも実は2軒が閉店して別の系列に変わっていたりする。
増えるのは美容院と飲食店ばかり。

商店街には歯抜け箇所も多く、レンタルスペースとして週替りで
 他店舗が利用している。

某J:C○Mが工事日回収に

August 29 [Mon], 2016, 7:46
日曜の昼間にモデムとSTB設置工事の申し込み用紙回収に営業が訪れた。
必要ないので断ったら、CSも無料で見れるのにと捨て台詞を残して去っていった。
STB経由なら視聴可能放送が増えるような口ぶり。
でもSTBを経由すると専用のBD内蔵STBで番組を録画することになるらしい。
STBには種類があって、この機器が貸出無料とは限らない。
一部の無料CS番組の視聴が可能でも何も嬉しくない。
STBを通した映像はアンテナ経由ではなくHDMI,D5端子で供給される。
それもあまり嬉しくないので、従来の機器には、その前で分配してアンテナに接続することになる。

ネット回線も同軸だとノイズに強いと思われるが、最大共有数がCATV会社の場合は
 多いと想像できるらしい。
インターネット接続会社の光回線は最大32分岐らしいが、CATVではこの数を超えているとか?
また建物外部までの接続回線は光でも建物内部の接続は同軸で分配される。
この同軸には流合雑音なる弱点があるらしい。
上り回線にノイズが積算されて遅くなる、それを防ぐためには各室のTV端子に
 ノイズフィルタを挿入するらしい。

しかしこれが簡単でもないのか、ネットでは遅いと評判のようですね。
現状でTVもネットも利用できるので、CATV社のハードウェアは何も必要ない。

某ケーブルTV,J:C○Mからのチラシ

August 20 [Sat], 2016, 16:02
部屋にJ:COMからチラシが入っていた。
何だか部屋にモデムとセットトップボックスを無料で設置するので
 都合の良い曜日を教えろとの事だった。

確かにマンションは地上波だけをケーブルテレビから供給されている。
実はJCNと契約したらJ:COMに買収されたのだった。
ただしBSはマンションの屋上のアンテナで受信してミックスして配分しているはずなのに
 そちらも合わせて供給していると書いている。
マンションのアンテナは古く新しいDlifeが受信できない。
管理会社にクレームをつけたが、交換はしない様子。
今もDlifeは受信できないのでケーブルTVから供給されているとは思いがたい。
どうやらSTBを通じてなら供給できるらしいが、問題は結線でHDMIが
 ついていない安物なら低画質になりかねない。

チラシにはインターネットが無料で使用できると書かれている。
どうやらそれの利用にはモデムが必要で他のVODなどの有料サービスのために
 セットトップボックスを配置したいようだった。
インターネットはベストエフォート形式で1Mbの回線速度。
今時、そんなものは欲しくもない。
そんな遅い回線を餌に有料オプションを説明しょうと言うように思える。

かつてのJCNの時も似たような事があった。
機器の接続テストをすると言って何度も部屋内に入る口実を作っていた。
最初は信号が不安定で気になっていたので確認してもらえて嬉しかった。
しかし何度も訪れてはインターネットと電話の有料オプションを説明する営業マンだったので
 閉口したのを覚えている。
それにベストエフォート30Mbでは速くないのと、トータル金額が安くはなかった。
似たような金額だったが、少し高かった。

J:COMは実家でも地上デジタル放送に切り替わるタイミングで営業されて
 勘違いさせたキライがある。
地上波デジタル放送の準備などしなくてもケーブルテレビに入れば簡単とでも言われたようだった。

今回も胡散臭さを感じている。
ネット検索すると、色々と胡散臭い。
この会社に出向している友人曰く、一番給料の高い会社らしい。

ネットで調べたら、ローゼットの裏側で配線にフィルターを追加するらしい。
上りを阻止するためだとか?

聖地巡礼とは

July 05 [Tue], 2016, 6:51
最近アニメで町おこしなる文字を良く見かける。
いつからとも無く始まったアニメの舞台となった聖地探し、聖地訪問。
専門のサイトまである。

そもそも、聖地自体は昔からある。
有名な観光地ではドラマで撮影された場所の写真が貼りだされたり、
 ポップで案内されているのを良く見かけた。
町おこしとしては国営放送の大河ドラマや朝ドラが有名だ。
しかし、これらの番組は番組放送中の1年しか広告に使えない制限があるらしい。

確かにTVでみた風景が見られるのは嬉しかったりもする。
でも町おこしにまで利用されるのは如何なものかとも思う。
今では地元と密着したアニメなどもある。
制作現場では写真をトレースできるので想像力を必要としないので手間が減るので
 舞台を決めるメリットはあるだろう。
逆に舞台を決めずに架空の世界を想像する作品もある。
予算が豊富で長期の放送作品では可能、一例としてはプリキュアシリーズがある。
製作日数が足りなかったオールスター劇場版第1作と続編の2作品だけが
 現実の舞台を利用しているがそれ以外の作品は全て空想の町。
それが子供たちに夢を与え、贔屓をしない公平さを与えるためらしい。

そこで気になる成功例と失敗例。
成功とは何か?
番組の放送が終わっても観光客が訪れる場所らしい。
具体的な数字も分かりやすい。
でも観光客が増えて儲かるのは誰だろうか?
地元商店、役所?
少なくともサラリーマンにはメリットは考えにくい。
地元の紹介で話題にできる程度であろう。
よくゴミなどが増えて迷惑しているなどのデメリットが聞かれる。
でも観光地ならば当たり前の話で、観光地慣れしていないだけだと思われる。
それに観光化でメリットを享受する人たちが対処すれば良い。
ちなみに観光客が増えれば税収も増えるからサラリーマンにもメリットが生まれると
 考えるのは短絡的な話。
税収増額は都道府県レベルでは微々たるもの、行政サービスが向上することもない。

結局のところ、成功例とは、作品自体の魅力が大きくて、ヒット作は訪れる人も多いと思われる。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:てぃわは
  • 性別:男性
  • 血液型:A型
  • 現住所:東京都
読者になる
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
アニメ調査室(仮)
» 2015年夏アニメ 個人評価 評価室用 (2015年10月24日)
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
http://yaplog.jp/tiwaha/index1_0.rdf
カテゴリアーカイブ
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村