山岸の河内淳一

March 16 [Wed], 2016, 21:32
ご自宅で簡単にムダ毛処理を行えるレーザー脱毛器の存在をご存知でしょうか。

ご家庭用にレーザーの量を控えているので、安心してご使用していただけます。脱毛効果は医療機関より劣りますが、医療機関だと予約しないといけないので自身の発毛サイクルにはマッチしなかったりするものです。



ご自宅ですることが出来れば、自分の必要な時に処理出来ます。脱毛サロンで全身の脱毛を受けた際に、全身の脱毛が終了するまでの脱毛頻度とその期間はどの程度のものになるのでしょうか。





人それぞれ体質や毛質に個人差があるので、脱毛は全ての人が同じ期間で終わるわけではないのです。ただ、よく知られている全身脱毛では2〜3年のうちで合計12〜18回程度の回数が目安になります。永久脱毛というのはどんな方法で施術なされているのかというと、レーザーなどの機械を使って毛根や毛に含まれているメラニン色素というものにエネルギーを加えて、毛を作る組織そのものを壊して、永久に毛が生えてこないようにするための方法です。







レーザー脱毛だけじゃなくニードル脱毛という方法がありますが、ここ最近では、レーザーが主になっています。どちらにしても毛を作る組織を壊すことで、毛が生えないようにしています。



どうしても全身脱毛と聞けば、施術のときの痛みが、気に掛かってきます。





今では、多くの脱毛サロンで光脱毛と呼ばれるフラッシュ脱毛が採用されています。フラッシュ脱毛という方式では、一瞬のあいだだけ広範囲の脱毛部位に光を照射することによって脱毛処理が行われます。そのため、ほかの脱毛方法に比べてもほとんど痛みを感じることもなくて利用者からの評判も断然良いのです。





脱毛サロンに行ったからって、すぐに効果があるわけではありません。

毛には「毛周期」という、毛が生え変わる一定の周期があるのです。



これに合わせて毛を抜かないと、全部ムダ毛がなくなることはないのです。



ですから、一回のみの脱毛で毛が生えなくなることはなく、どんなに早くても3カ月以上はかかるのは仕方がありません。

最近の脱毛サロンは総じて、新規契約者数を伸ばすために体験キャンペーンを破格の値段で行っています。







このような体験キャンペーンを組み合わせて利用し、脱毛を安価で済ませてしまうことを「脱毛サロンの掛け持ち」と呼びます。







一見、脱毛サロンの掛け持ちは得なようですが、カウンセリングを複数の脱毛サロンで受けるのは、ちょっと面倒なことかもしれません。



ミュゼプラチナムはかなり知られている業界でも大手の脱毛専門サロンです。

全国的に展開しており、店舗数は業界でも一番なので通いやすくて人気です。店舗間の移動も自由ですので、ご自身のスケジュールによって予約できます。技術力の高いスタッフが多く在籍しているので、脱毛中も安心です。

ムダ毛の多いことが昔から悩みの種でした。



「脱毛っていいよ」と友達が勧めてきて、脱毛しようと決心して、最初の脱毛は、ワキにしてもらいました。



脱毛してもらったところが、ムダ毛のないすべすべの肌になっていったので、他の部分もやってもらいました。



肌の色も明るくなったように感じました。







脱毛してほしいゾーンがますます増えてしまって、結局、全身脱毛になってしまいました。







次第にツルツルしていくのを感じるのがとても楽しいなあ、と思います。

キレイモは痩せる脱毛を採用している脱毛ビューティーパーラーです。



痩身効果成分配合のローションを使用して脱毛を行うので、脱毛出来るだけではなく、減量効果を実感できます。脱毛と同時に体重が減少するので、大切なイベント前のご来店をおすすめします。月1度のご来店で他のサロンへ2回通うのと同じ分の効果があると評判です。

2か所以上の脱毛サロンの掛け持ちはナシなんてことはないです。掛け持ち禁止の脱毛サロンはありませんので、全く問題にする必要はありません。







実際は、掛け持ちをした方がお得にムダ毛の処理ができます。

脱毛サロンによって料金が変わってくるため、価格差を上手に利用してみてください。







ただ、並行して色々な脱毛サロンに行かないといけないので、労力が必要になります。

脱毛器を買うに際しての注意すべき点は、危険性はないか、使いやすいか、購入後のサポートは充実しているかの3つです。どれほど脱毛効果自体には満足できても肌荒れや火傷といった副作用の起きる脱毛器は利用することが不可能なので、買う時は安全性を確認してください。脱毛器が簡単に扱えるかどうかも購入する前に吟味しましょう。

買った後のサポートがしっかりしているとなにかあった時にも安心です。



脱毛のお手入れを自分ですれば、脱毛はいつでも行えるので、余計な時間を取られません。自己処理の定番として剃刀を使いますが、地肌を傷めずに簡単な処理方法は他にもあり、脱毛剤がお勧めです。

脱毛も技術の進化の恩恵を受けており、種類も豊富に販売されている脱毛剤には、毛を毛根から除去したり、溶かしたりするものがあります。

光により脱毛を行う脱毛器の場合、カートリッジがいるのが一般に知られています。カートリッジは消耗品のため、何回使用が可能なのかは商品ごとに差異があります。維持費を低くするためには、脱毛器の購入時にカートリッジの照射回数が多い商品を選択することが大切です。

医療脱毛は安心だといわれていますが、そうだからといって全然リスクがない訳ではありません。医療用脱毛でも、火傷、ニキビや毛濃炎などのリスクが伴います。医療脱毛以外でも、こういったリスクはエステでの脱毛でも起こりうるものです。

脱毛したいと思ったら、少しでも評判が優れるところで施術を受けるようにしましょう。





以前の脱毛は、「ニードル法」とよばれる針で毛穴を刺激するものなど、痛みを伴うものが多かったです。しかし、最近の脱毛サロンで使われているのは、「フラッシュ脱毛」というものです。

個人差がありますが、フラッシュ脱毛なら少々ちくっとする感じで、それほど痛いとは感じません。もっとも、Vラインなどの毛が濃い部分はちょっと痛みが強くなります。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:結菜
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tiupe56rflayeo/index1_0.rdf