リフォームを視野に入れた新築

April 10 [Wed], 2013, 10:26
家を建てるということは人生に何度もあることではありません。大きなお金を使ってやっと作った家は、一生を過ごすことになるかもしれません。少しでも快適に過ごせて長持ちしてほしいものです。

そのため、家は出来上がったら終わりではなく10年程度経過するごとにメンテナンスが必要です。
10年ごとにメンテナンスリフォームをするという生活設計を組み込んでしまうことで、「衣食住」の、住の部分についての安心を得ることができるわけです。

家を建てるときには殆どの人がローンを組むと思いますが、家を建てて10年で、もうリフォームの心配をしなくてはならないのはちょっと滅入りますよね。
そういった人の中には、屋根や壁の塗り替えを先延ばしにしてしまい、家の老朽化を早めてしまうということにもなりかねません。

だからこそ、始めからメンテナンスリフォームは10年後にはやってくるものだと割り切る必要があるのです。
建築業者に今後必要となるメンテナンスについてよく聞いて、リフォーム計画を立てることが大切です。

ムダ毛、ムダ肉、世の中にはかなり無駄なものが多い。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:らんらん
読者になる
2013年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tisujas45s/index1_0.rdf