杉本だけどあみょーん

August 15 [Tue], 2017, 5:07
入れ歯の装着に違和感があるという方、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にも選択肢としてインプラント治療があります。



チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから上部の義歯になる部分を装着します。
保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが入れ歯よりも周りにわかりにくく、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。

あくまでも見た目、もしくは使った感じを要求する方に向いています。


インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。
義歯を劣化させず長持ちさせるのは、患者さん自身のケアにかかっているのです。
口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、サボらず毎日のケアを行ってください。
自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。

自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。
他の歯科治療と同じように、インプラントにも様々な点で、失敗が起きる可能性があります。

治療が失敗すると、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損などインプラント本体の損傷、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど見た目の問題もあります。

こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはデータや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといって治療後はほっておいていいとは誰も言っていません。



小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。

残っている自分の歯と同じく、歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、完璧なセルフケアを目指してください。その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。


インプラント治療は、まず何が大切かというと、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。



かなり専門性の高い外科的治療を要するので、様々な症例を診てきた豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。
また、それに加えて、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底しているいつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも重要なチェックポイントになります。
この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院して手術することはまれです。


ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院設備が整ったところで手術する必要もあります。



あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。

腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院することや、複数の病院で手術することもあります。


もし、自分が該当すると思われるなら治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。



どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、インプラントの定着がみられなかった場合、再手術を迫られ、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。
インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染の心配はあるものです。ですから、歯科医院を決めるときにその医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことがキーポイントの一つです。感染症対策について、具体的な取り組みをウェブサイトの中で説明している歯科医院もどんどん増えているので、あれば必ず見ておきましょう。インプラント治療はどのような流れかというと、大きな3つの関門があります。

最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。
それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。
という段階を踏みます。長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。



インプラントの特長として、噛んだときに安定しており、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもこの治療の良さでもあります。両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったのでガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。
人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい丈夫に作られていることはいうまでもありません。



キシリトールガムも、問題なく楽しめます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Haruto
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tishmornoennog/index1_0.rdf