弱い自分に 

2011年12月29日(木) 0時35分

自分の一つ年上の友人で、すごく物事をハッキリ言う先輩がいます。

彼女はいつもオイラに対してまっすぐで、悪いところや、弱いところを、なんのためらいもなく言ってきます。もちろんいいところも言ってくれます。

彼女とはかれこれもう5年程の付き合いもあり、遊ぶときは、お互いキングオブB型で
楽しめるんですが、なんかでもどこか苦手でした。

その理由を今になってよく考えたら、きっと、彼女に対してものすごく怖い気持ちがあるんだと気づきました。

理由は、例えばオイラが強がって「一人で頑張ってるよ、別に寂しくもないよ」というと、彼女は「お前はさびしがり屋じゃん」と言ってきます。

どんなに毅然といってもそれを否定してきます。

そんなところがほんとに嫌いで、何度も縁を切ろうと思ったことか

だけど、この年になり、自分自身に昔よりも向き合う気持ちが出来てきた時に、よく考えてみると、実際自分はさびしがり屋なんだと気づきました。

ただ、今の現状自分は、親が亡くなり、一人でやっていかなくちゃいけない状況で、寂しさに浸かっている余裕なんてない
自分のことは自分でやっていかなくちゃいけない現状、寂しさに負けたら、前に進めなくなってしまうんじゃないかと言う恐怖に負けないように常に気丈にふるまってきました。

だけど彼女はそれも全部分かっていて、自分が強がってなにかを言っていると、心の奥底にある本音をなんの躊躇もなくズバッと言ってくるのです。

だから、「本音をいいな、話してみて」と言ってくれます。

友人として、これ以上にないやさしさで接してきてくれてるはずなのに、自分の弱い部分をえぐりだされることに恐怖をかんじていたんだどわかりました。

嫌いといいながらでもやっぱりそこに耳を傾けてくれる彼女にこれからも、大事にしていこうと思いました。

弱い自分にちゃんと向き合うために
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tirta
読者になる
2011年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像しょーた
» いいな いいな〜 (2010年07月13日)
Yapme!一覧
読者になる