詩 『監禁少女ゆうとぴあ』

February 21 [Sat], 2009, 22:08
 詩 『 監禁少女ゆうとぴあ 』


おにゃかぐぅー、鳴って、

どしても、ど、しても、がまんできなくって、

ちぇりぃ、とばなな

ぶっちゅん

ゆびで、このユビで、つぶして、交差、させたさんどうぃっち

ぺろろん舐めたとき、

あたし、
ちょっと、ちょっと

えふふ

わらった、の。


それ、監視カメラで、見た、「彼@」はどうしても許せなかった。
ど、しても、ど、しても。

ゆるせなかったの、ヌスミグイの罪したあたしのこと。

だから、あたし、殺された

ね、

さくっり、安い包丁で、さされて、

そのあと、ぐいぐりいん、ひきさかれたの、おにゃか。ぽんぽん、ね。



ぶっわわつぶっつわわわっ、あぁあcふぁdtsdひぃいぶふぁdたfyああぁ


って、あたしの、よゆうのこのかお、と反面、


痛さ刹那さヤルセナサ哀しみアイろにぃだけどすっまぁーいる


ちぽちぽな血しぶきといっしょにお花やお鼻やいぶくろさんとまじって、


ぴよぴよながれて出てゆくの。



あ、いつも、ね、「彼@」にあたし、苺ヴァニラみっくすそふとくりーむくりぃーむみたいに、

独りともう一人、肉とねんまく、

くっちゃくちゃちゃ交じり合わされてるそのトキ、その鴇、その解き、




あぁ、あたし、

むーん、あっさむぅーん、ってきみどりの月に一人でおつかいに行ってせぇらむーん、

きみどり月の惑星むーんには、

そうだね、まぶたの裏、ぶるーはわいっていう暗号名前をもった、

2才で死んだいもうと、NANAの魂の化身、顔が栗りんで、サイケでりっく和服を着たGILR

あらわれて、


こっけこっここー☆こっけこっこおおおお

可愛らしい声で泣きながらっら、サイケでりっく和服めくって、ってけ、

おさないかはんしんアラワにして、そのGIRL


かえっておいで、ねぇ、ここ、ここに、帰っておいで、おねいちゃん、還ってオイデ、おいで、


って、のうみそめっせえぢ

ぷらす、ね、そのサイケでりっく和服栗りんGIRL

にんげんの香り、りるらら、ふっわぁ〜ふっんわ〜ぁあっり、満タンにしたざくろパフェ、差し出してくれるの。

いく十、いく百、いく千にも

そのざくろパフェは増えて、増えて、飛び血って!

ぶっひゅーん、


つぎつぎツギツギ無限大に大きくなって、

ざくろパフェざくろパフェざくろパフェのゆめのあらし、ざくろパフェゆめあられ。




たとえば、顔に「彼@」のなんか、びんた、されながら、かけられた、あの春寒(しゅんかん)、

たとえば、「彼@」に熱―いお湯、かけられ、腕に火傷したその怠無(たいむ)、

たとえば、「彼@」にこの、せなか、鞭うたれ、ひめいあげて、あたしの罪がふえたかつての団塊(だんかい)、




あぁ、ざくろが、ぷっつん! 割れて裂けて爆裂して、

どろどろろん、溶けて解けて説けてとけだして、

きゅうきょ飛び出てぬけでててぃーり〜ーん、と出現した

巨大ココナッツ星人が、おっぱいからぴゅぅ〜ん放出すりゅまっしろろん色なお乳

ざくろ色のどろどろが

どっくん、どっくん、しんぞおの音にこおうしながら、

みっくすそふとくりぃーむみたいにうずまくうずまく。


ざくろ色乳色がうずまいてついすたあ。


そして、ね、あぁ、あぁ、嗚呼、酸っぱいやさしぁーい、しとろんなピンク色のうちゅうがひろがった


ピンクうちゅう。


あたし、あたし、あたし、

あ、ぢつは、これ、顔、知らない、あたしの、おかあさん、なんぢゃないかなって

この、ぴんくのうちゅう、あたしをおにゃかに宿してうんだ、そのひとなんぢゃないのかなって。

あたしなんかにも、おかあさんはいるんぢゃないのかって、そうぢゃないかって、

気がつくのだけれど、あぁ、ねぇ、そうでしょう?



こんな、すてきなえいぞう、みれて、あたし、なんてこうふくな類の、にんげんなの。


あたし、きっと、えいえんに、

きみどり月の惑星からゆいつのおともだち、MyMelodyのぬいぐるみのって、


あー、あたし、ピンクうちゅう、に、ぢゃぢゃぢゃぢゃーんいでて、

あのざくろパフェ、銀のすぷうんで掬って、巣食って、棲くって、あたし、じぶんを救って、

夢幻になって、嗚呼、ぱすてるカラー、れいんぼーだらけの、

おほしさま、惑星、ぜんぶ、ぜんぶ、おはなしできるあたしのペット。

あかるい、あかるるい、闇なんてない、ぴんく色の、絶対いつもあかるぅいこのうちゅうにいでてゆける気がするの。

あぁ、なんて、このこうふく

あぁ、なんて、こんなゆうとぴあ。


知らないおかあさんのおにゃかの中、ぽんぽんの中に還って。

きっと、なにか、あたしの知らない、ぬくもりみたいななにかをかかえて、
おかあさんのおにゃかでねんね。


ねえ、そうでしょお?

栗りんの顔したあたしより先に死んだいもうと、NANAと一緒に還ってゆけるみたいです、あたし。


ピンクうちゅうゆうとぴあ

ありがとう、このじんせい。

さよなら、このゆうとぴあ。







詩 『 りすとかっとぱらだいす 』

February 17 [Tue], 2009, 1:29
詩 りすとかっとぱらだいす



みるくぷりんのお風呂。
 
とろけそうなすいーとな香りの素敵なお風呂。

わたしのうで、しゅっ、切ったら、しゃぁー、ジュースみたく、



は、お風呂でちゃんとみるくになりながら、

ね。


ちゃぷちゃぷみるくぷりんのお風呂につかりながら、


それで、ひまわり妖精が化けた

ちいちゃなちいちゃなキューピー人形と一日中おしゃべり。


ゆだってきたら、

じゅうお花を集めて、おねがいするるんだ


亡くなってさんねんまえ、優しさたくさん持ってたおばあちゃんと

みんみんなくせみ夕方の木からとって

うす桃色のリズリサのモコモコかばんにぽーん入れて

かばん、おもくなったね

みんみんかばんだね、んふふと笑ったの


そして甘いのに、さっくりしているのに

もっとも太らないおやつをななじゅう並べて、

それはとてもからふるで、ね、



この地球の大地じょうには、

わたしおかあさん、それしかgirlsはそんざいしなくて

あとは、ね、おとこの人しかたぶんいないの

けっしてけして,

ほかのひととでていったおとうさんもわたしには手にはいることのないえいえん

わたしおかあさん以外を愛さない


けっしてけして


ね。ほら。

らぶで満たされた地球

すてきな地球

すてきなちきゅう

大好きになれる地球

やっと大好きになれる地球

きらきらきらりんってかがやく地球


みるくぷりんのお風呂でわたし、ねがうの、このちきゅう



映画祭りあーんどアート祭りだよ、全員集合!!パート2

February 11 [Wed], 2009, 16:51
『ロルナの祈り』 http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tydt/id331785/

をば映画館にて観終えて、

うるるんしゅるしゅる感涙にむせびながら


ふはっ、は? 


恵比寿の夜風はめらっそつべたい凍るよこおるー母さぁーんぱふぉーん状態になりながら、

『ロルナの祈り』 撮ったダルデンヌ兄弟メーンは、

マイらぶりー北野武監督王の

『あの夏、いちばん静かな海』や『ソナチネ』の影響受けてこれ作ったんだよおー、

まぢそうに違いなちぽちぽ、そうなはずるるんば、間違いナ一いわーいるねっさーんすちんちーん

みたひなみたしな。


にか脳みその中だけでは、この考えが絶対ぱんやーうおに。

まぢ鉄板。な事実となったので。


こういう僕チンお得意の

妄想らぶりぃ超特急列車にJR恵比寿駅より移動してばばんばばん、

その夜のうちに絶対武映画観たぁーひなりましてて。


ずきゅーんずきゅーん胸打つ、DVD鑑賞大会へと突入したのでござるでござる。

にん。にきき。


なんで、にかが、

ダルデンヌ兄弟メーンが、北野監督の影響受けたって決め付けたかはね、


 まず、第一に。

登場人物たちの顔つきね


無表情で何事にも抑制がききすぎデマクリエーションで、

観ていて苦しいぐらいの両映画。


『あの夏〜』 の、真木蔵人
(サーフィン奥様のブログ、面白いね!ね!)

演じる主人公も、ロルナも、

特に映画の前半は生気や覇気が皆無な表情。

ひゅ〜るりひゅるりら〜。


 第二に境遇ね。

貧しい国からの移民で、ベルギー国籍とるという目的のために

――太陽の当たらない生活――

を好きでもないジャンキーと過ごしているロルナ。


聾唖者でごみ拾いの毎日、

――希望の音が訪れない生活――

をしている『あの夏〜』 の主人公。


んっんっ。

類似点は他にもたくさんあるのだけれどもけれども、


とりま、やぱり 第三音響の面。


『あの夏〜』はご存知ぢぢぢぃな方が多いと思うけれども、

久石譲様の冴え渡ってれぼりゅーしょなりーはんさむーん! な音楽が

基本的に静かな画面展開の中に効果的に使われていますよね。

一方、

『ロルナの祈り』の方は、映画を盛り上げる効果音として、音楽をほぼ排除していて、

淡々とドラマがすすんでゆくぽなの。


だけれど。ど。


ロレナが決意(それはただの狂気かもしれないけれどもど……)をする

ラストシーンにこの映画で初めて、 最初で最後の【音楽】 が流れるの。


(そこで、涙君、どばざどっつばざざざんになるのだけれども、ね)



そこでダルデンヌ兄弟メーンが流した音楽は、

なんとっ。

てぃり〜〜。

ベートーベン ピアノ・ソナタ32番。


聾唖だったベートーベンの最後のピアノソナタ作品。


孤独と向き合った末にベートーベンがたどり着いた悟りの境地的な音と

ロレナの心境と境遇の重ねあいはお見事なること富士山の如し

まぢ心の中でひとり劇場でスタンディンオベーションれのんしたわ、僕。


それに、邦題は、『ロルナの祈り』 なんだけどももすもも、

原題は↓

『LE SILENCE DE LORNA/LORNA'S SILENCE』


……そう、まさに 『ロルナの静寂』 なのでしゅよ。


ぷらす!

ミニマムなソナタ(響鳴曲)たるるーと意味の 『ソナチネ』


もここで繋がってくるるんぱなわけで。


おまーじゅでお? おっおとお? ねぇ、そうでそ? そ? ダルデンヌ兄弟メーン。


と音繋がりで語らずにはいられない不肖にかにかなのであったちぽっ。


音、以外でも、やっぱり北野武監督王へのおまーじゅやんかやんかな

ところ、あるのだけれど、またまた長くなっちぇきたから、

映画祭り3に続いちゃうよおやつほほい! 

ほほほいっしっこくしっこく。


あはは〜〜



映画祭りあーんどアート祭りだよ、全員集合!!パート1

February 10 [Tue], 2009, 23:17
しゅったか!


僕ちんは加速すりゅりゅりゅん


鬱々としたびょーきな感じがあっという間に遠ざかって点になる。

いい感じだわんわん

このままアート人間べムになっちょおう。おう。

スキ好きすーな、木葉功一さんのDropな感じで、ブログをば僕チンは展開してゆくよ、いえーい


恵比寿ガーデンシネマにて

ずっきゅーん!

『ロルナの祈り』http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tydt/id331785/



まず役者がめちゃくちゃうまいでござる。

にかにかちぽちぽアカデミー主演女優賞と主演男優賞は、アルタ・ドブロシとジェレミー・レニエ

差し上げたひと存じます候でござるござる。


ラストシーン。

ー何もない、なのに生きる、なのに愛するー

ばっきゅんふらわー、まぢ胸打たれた。

ロルナは最初全然人間らしくないのだけれど、初めて劇中、すっごく素敵に

笑うシーンがあるのね。

あぁ、人間になったんだな、愛に出会ったんだなって共感したら、

その直後、静かな悲劇が待っているる。

うるうる。

自転車のシーンよかっただぁ。だ!

蒼い自転車だった。蒼い。涙色の自転車。

あの自転車のシーンとラストのシーンをば思い出しただけでで茶碗一杯分なみだ出るまぢ。


麻薬中毒のクローディが、「目標が欲しいんだ」って言いながら

ロルナにすがりつくシーン、見事なメンヘル表現最上級・・・・・・

リアルだわりあるダワりるリアル。

まぁ、真人間ナ皆様は、この感想を読んでも、ハテナはてなが点灯すりゅばかりで、

わけわかめーしょんだと思われますので、

とってもちゃんと感想とか説明とかとか書いてあるる


http://yaplog.jp/yapcinemage/tb_ping/114

↑このお方の記事や

一緒に映画をば鑑賞した

http://d.hatena.ne.jp/naoya_fujita/20090206/1233909374

↑こやつの記事などを

参考にされたらよいかと思われます。

北野武監督ファンにはほんとにほんとにおすすめしまふ。

苦しい物語や孤独を感じたくない方には、全然お勧めいたしません。

甘いお話ではないのねんねん。


にんにん。


ずばっしゅうめっしゅ。


長くなったので、映画祭り2へと誰にも頼まれていまへんが、


たぶん、勝手に続きまーすちーぽちぽ。


えへへ。



詩 『 チンチンおじいちゃん 』

February 04 [Wed], 2009, 0:06
    『チンチンおじいちゃん』


チンチン! という音が鳴るから、チンチン電車というらしい。

チンチン電車に、早稲田駅から乗り込んで、わたしは、ゆっくり運ばれてゆく。

抹茶クリームパフェ色の、チンチン電車は、空いていて、平和で、たった百六十円の運賃で、ぽっかりと、東京の穴に入り込んでしまう。

いつもの指定席に座って、ほんの、ちょっとだけ、口元が緩んでしまって、

でもいいんだ、ってひらきなおって、

わたしは、白と黄色のチェックのリボンがついた籠バッグから、

マルキ・ド・サドの、『悪徳の栄え』(上巻)を取り出す。

大好きなKittyちゃんの栞の鋏んである、「犯罪友の会のこと」の章を開く。

早稲田の古本屋さんで、上下巻合わせて、五十円で買った古本だから、

前の持ち主らしき人が、本に度々、黒いボールペンでラインを引いている。

これが読む上で、とっても邪魔。

みなさま、本を買ったら、なるべく、ラインは、引かないようにしましょうね。

「犯罪を犯したことは?」
「数えきれません」
「あなたは鞭打ちを好みますか?」
「与えるのも受けるのも、どちらも好みます」
虚偽は女の本質的な性格の一種である。


なぜか、この五行には、もっとも、濃いラインが引いてある。

……。

わたしは、怖くなんかないんだからね、とツン、とした顔をして、

も一度、口元をひきしめて、頭をくらくらさせながら、サドと、前の本の持ち主に

「人間を大切にしなきゃダメ」

とか。陳腐な、お説教を、したいなぁと考えた。

と、油断してたら、東池袋四丁目〜。

うぉ、今日もこの瞬間が、き、た!

わたしは、きのうのように、おとといのように、ちょっとだけ、緊張する。

ふぅ、っと、息を、小さく、小人っぽく、吸い込む。

わたしのお目当ての、その、シルエットが、チンチン電車に乗り込んできた。


陽光が電車の入り口に差し込むから、まるで、神様のような、仏様のような、

ただでさえ、わたしが、恋してるその人は、老人だから、ゆっくりと、わたしの前を通り過ぎてゆく、その様は、あの世の中を歩いてるよう。

わたしの恋してる、おじいちゃんは、彼のいつもの指定席に座って、手にしている、単行本を、はらり、と、開いた。

ら、もう、本の世界に、彼は、夢中。

彼が読んでいる本は、やっぱり、マルキ・ド・サドの、『悪徳の栄え』(上巻)。

いつも、おじいちゃんが、読み始めた本のタイトルを、盗み見て、次の日から、わたしも読み始める。

それなのに、わたしの方が読むのが早いから、いつも、おじいちゃんのページを、追い越してしまう。

だけど、わたしは、待ってることが大好きだから、一向に、気にしない。きにしない。きにしなぁい。

その前は、『ガンジー自伝』。
で、その前は、『不思議な国のペニス』。
その前は、『資本論』で。
その前は、『毛利先生』で。
その前は、『ABC戦争』で。
その前は、『介護入門』で。
その前は、二人がはじめて、同時に、読んだ本、『悲しみよこんにちは』。


おじいちゃんと一緒に、チンチン電車で、わたしは読んだ。読んだ。そして、おじいちゃんに、恋をした。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ni_ka
  • アイコン画像 現住所:東京都
読者になる
AR詩とかモニタ詩とか DOMMUNEオフィシャルブックガイド2 「2012年の日本を発電させるカルチャーベスト100」の016でni_kaのAR詩を紹介していただいたり。 メールアドレス nika_nika_tipo(あっとマーク)yahoo.co.jp ご連絡、お気楽にどうぞです。
2009年02月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

La lune♡rRse&Papillon

La lune♡Blue rose&Ribbon

*White Rose Fountain*

Ice Flower

顔文字(♡・ω・♡)

顔文字♥

ありがとう

はじける キティ!

パンダが弾ける!

chouette 可愛いお花

La lune♡キティ花火

キラキラシャボン

ピンクを盛った打ち上げ花火

蝶々があふれ出すカーソル

chouette クリア

☆天使の羽(紫)*HoneyCandle☆

わあ

キラキラ★スターシャワー

キラ花火2段打上_寒色

キラキラハート

キラキラ宝石シャボン

マリオBダッシュ

Courtship♥