ソクーロフ&花の子ルンルンと浦鉄

November 16 [Mon], 2009, 0:58
 
  <郊外からうまれる想像力セカイを考えるの巻>

  
 
     


                     
 です

 

こないだ

映画監督アレクサンドル・ソクーロフ
Александр Сокуров

 『日陽は静づかに発酵し…』Dni zatmeniyaをば観賞しましったーるたー

全集に入ってる作品

ペレストロイカ下でだったみたひ〜
             
       
       
         
     
         
 でね!!内容意味がーわからーんねん きいろーい映像が。ひたすらー黄色ーひ

YELLO-----W

せやけどー、意味を色々お芋、とりどり読み取れるような作品




   最初冗長と感じるのだけど、中盤から不穏感に覆われましゅ、自分が。

   ふおーんーぢゃすこージャスコは郊外型店舗ーフレール・フレール





悩ましいです、ソクーロフがあたしを悩ませまっする、あたしのお脳お味噌花丸木


     花丸木らむ〜
  と言えば!
    だよねー

 浦安鉄筋家族と言えばー
       

     春巻先生
      



春巻って、ちょー貧乏なおうちに住んでましよね。

バイショおおおおおおおおおおーー!

だっててちんぺーーーーい谷村さーーーん

って具合に、よく、ベランダとかぶち壊れてるもーん。もんもん。


公務員さんのわりには貧乏すぎりゅから、


本当は春巻は、わっ!


アフリカの難民の子とかにお給金の殆どを寄付していて、

それでああいう生活していらっさるんならばば


そうであったなら、メルヘンやよねー

 春巻きメルヘンフレール・フレール



 

 メルひゅンと言えばば高田の馬場


最近Youtubeで見つけて嵌りまくリスティーな『花の子ルンルン』!様さまー


すってーきらぶり〜にゃお話と、そして絵と世界観となんと言ってもお歌!!




素敵なアニメですー ルンルン





るるるんるんるんるんるーん


ルンルン繋がりでいけば、ルンルンソング作曲者の小林亜星☆なのだけども、
         
                
                 
            
     
        

このさんってすっごいよね、ルンルンだけぢゃあなくってーもうCMソングだのダノだノンビオ的な感じで

すんごい作ってる。もの作ってる

あわてんぼうのサンタクロースとか名曲さんもー

ぱっとサイデリアーとかの珍曲もー


ジャスラック云々のお話も木にはなるけども桃鉄、いいものはいい!

悪いものは悪い! なな感じでデ、好きな感じの☆ソング多いニャーにかにかとしてはっ。


ぱっとさいでりあ〜的に

☆のお話に戻ると、


『新・仁義なき戦い』の組長の首
   


に一瞬出てきたけどもー

あの意味なし出演はなに??

  

いみわかんにゃーい

って、意味わかんないことしか書かにゃいおまえが意味わかんないって言うなよって☆だって思うよねー

 だよねー





仁義なき戦いは、本当によよ


深作監督ぱないぱなっぷパイナップルすぎますね!人生が詰まっているこの映画には


ー、るるるる〜るるるる〜るるるるる〜
ルルルンルンルンルルルンルンルンルルルンルルルンルンルンルンルーン


やはし、ルンルンちゃん最強

        






  ぴこん また浦鉄
(ほら、浦安鉄筋家族って郊外からうまれた想像力ぢゃあないですかあ・・・)


「浦安市民最強を決める格闘技大会」出たかったなあ、バキ!
土井津 仁とボギー愛子が最強に好きなのでん、わたち。

仁とボギー、同じ声優さんなんだってー

    


   えっと、越冬つばめ、言いたかったのはー、ソクーロフ『日陽は静づかに発酵し…』は、
このにかにかのエントリーぐらいわけわかめーしょんだってことなのダーミーアーン

ほーんと、セカイって不思議 




ぱっとさいでりあー

ではねー

良い一日を過ごしてくだちゃいね

るるるんるんるんるんるーん


    でちたー


表現の自由うー!!はぁー




ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 感想びゅ☆前半

July 20 [Mon], 2009, 0:18
わほーい

やぴぃ〜〜


地球のWEBのみなみなさまー
こんばんわヱヴァsummere

   わわちわわわんこっ


お脳おみそ、さくらんぼの如き、

甘あますっぱ、

マチュピチュききららお地蔵様ぴちょちぽにかにかです

 へこっ

焦げそうに暑っついのでので、

暑中お見舞い申し上げますねWEBみなさまーぴんぽーん
 えちごせいかっ!

地球のどこかで夏ぢゃないseasonをお過ごしの方には、

一年中はっぴはぴJOYJOY免許証をお贈りしたい所存候


破っ、どっこい、 それはそうとして。爽
http://www.evangelion.co.jp/



観ったよ、観ったたよ、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』ーはー!!


映像表現力、強しぃ、ちでじ

デジタル発色みつばちまーやすんごごおおぉぉお。お

無限に広がる感じの虹っぽぽい、ほほほい! なイメージの色彩感覚が

「希望」に繋がって、て!うつくしれいんぼ


キンキキキキキン ぴぷぴぷぴぺぽースピード感、画面の切り替わり、構図、

普通に、映画力、たかたかし。みきみきお。




この『破』を鑑賞すりゅ前まではね、ヱヴァンゲリヲンは、

リカちゃん人形や、バービーが演じているる、
絵で表現すりゅお人形クラシックバレエみたいな作品ね、って思っていたったんよ。

だけれど、ちょっと、ちょっと、その絵お人形劇から『破』は出たのです、自分の中で。

あ、あと、完全にイメージなのだけれど、

ヱヴァーってば、ジョンレノンの歌声や世界観っぽいって感じましたの、わたち。

日本人っぽい平べったい感じの繊細な声や、彼の愛にまつわる精神性、とか、とか。

素敵キラリ


うんと、うんと、『破』も、今までのヱヴァーも、絵と台詞回しに重力が妙に無くて

(最近のハリウッド大作SF映画やは、重力感ぱないぱなっぷだから)

そこはそう感じて。

ひらひら〜って! 体重30`グラム台ぐらいのヴァージンのピュア女の子(綾波やアスカ)
と、
男の子ピュアの子(シンジ)達が、演じてるの、

やはし何か、絵で書いたお人形さん劇ぽいぽい、といふところは相変わらずなのだけれどりるら

は、た、でもね、
にかの中で、ヱヴァーのキャラクタ達は、そうやってこれまでずっとお人形さんであり続けて、

一度も自分の中で生きてなかったのだけれどもも、

今作のラストシーンで、初めて、シンジと綾波が完璧に人間になったでし。

ラスト以外も、他のキャラクタたちやセカイが、ちゃんと実感をもって観る事ができたの、ヱヴァーでは初めて。

はい。

体温の無いっぽいキャラの綾波が、「ぽかぽか」って言葉をば

使ってシンジとの関係性を、アスカに吐露すりゅですよね。

お? おおい! をををん? ココロで体温、感じ始めちゃった? 綾波ちん……って思ったのー、

あそこの場面で。

Aqua Timezの何年か前にすんげくヒットしたした『等身大のラブソング』の、

抱きしめる、温もり、それが何よりも大切でいいよね、的ななりアル体感志向へと思考ロケットぱこーん飛んでたアルね。

それで、アスカは綾波のそのキモチをば、恋愛感情って思うのだけれど、

思春期の恋愛感情って、ずえんずえん「ぽかぽか」ぢゃあないちぽよね? ね。

全力で痛くてキツキツ、うがうが、きにゅきにゅ、ぎゃーす、そんな感じだったはずにゃん。うにゅ


(大人熟成カップルはポカポカ愛もあるると思いまするが。)


誰かのことを見返りナッシングで想い、「ぽかぽか」すりゅのって、

  母性愛、家族愛かな、って。


うおあー、そうだった、綾波ちんってば、ばんばばん、

シンジのお母さんのクローンか? ですよねメイビー多分だけれども。


(間違えていたら、光の速さで謝りたひ、って言うかいいえ寧ろろんばん、ごめんなさい、先に謝っておきますね)


そうイメージしたらら、もう、ね。

ラストシーン、、でたの、ぽろろん。ぽろろん

ほんと、泣いちゃったです、またまたたまたーtear。

 ここからは、かなり強め電波ユンユン出すから注意して下さいませ。
(既に常にデムパ、出しておりまするが……) といふことで!  にか電波発令ちう。

  

   作中で、「セカンドインパクト」というワードや核爆発っぽい描写が、過去のものとして

描かれているのだけれどもも、

にかは、第二次世界大戦と原爆投下や東京大空襲などなどを想起したんです。

うんと、単に架空の戦争ならば、「セカンド」にしないで、他の言葉、使うんぢゃ?

と勝手に思って。

うんと、えっと、それでね、


太平洋戦争時、旧日本兵だった若い子(敢えて子、と表現しますね)たちは、

多くが「おかあさーん」って叫びながら敵に突っ込んでいったり、
自害して、

民間人の子たちも、捕虜になるぐらいなら、って「おかあさーん」って言いながら

崖から飛び降りたりしたそうですよね。

(本当に、本当に、やるせない史実です……)

「お父さん」と叫んで死んでいった方もいるとは思いますが、一般的には、

母を思いながら特攻したり自死に向かったようなので、

当時の父は、全般的には威厳があり、仕事人間で、

子供にとっては怖い存在で、子を承認しようとしない、
そう、まるでシンジのお父さんゲンドウのような感じだったのかなとも。

なんだか、そのセカンド=第二次世界大戦で、お母さんを思いながら

死んでいった子達がシンジで、

この世で一番大切なお腹を痛め、生み育てた我が子を失ったお母さんたちの「想い」が綾波レイ

そうやって完全にシンクロさせて観てしまったんです。


そうしたら、ラストで、昔第二次世界大戦で(仕方なくだけれども)不義理をして、
最大の親不孝をして死んでしまった子供たちの魂(シンジ)が、
子供に先立たれ、心の支え(自分の分身の子供)を失ってしまい、

生きる亡霊(お人形)として残されたお母さんたちの

あの時の悲しみを救って、生きよう、お母さん、お母さんは戦後ずっと生きてたんだよ、

命は受け継がれたんだよ、受け継ぐよって
……そういうメッセージとして受け取ったんです。

そこで冒頭で書いた虹っぽい無限に広がる感じの色彩とも重なって。




嗚呼、戦争で心を残骸にされた名も無きお母さんたち、シンジが今度は救ったよ、

戦争でお母さんに失望を与えてしまった死せる名も無き子供たち、今度は救えたね。って。



でもも、サードインパクト(未知・現在)が始まったらら、どうなっちゃうんだろ、ね。



こわひー 心配アルよ



 最後、観念的描写なのだけれど(すごい力入った表現でちたね)、

綾波がシンジの中にヴァージンのまま溶けてゆく感じが、

お腹の中に、子供をもう一度、身体的な意味じゃなく(SEXや妊娠ではなく)

生命を宿しなおして、子供といっしょのところ(原点)に還ったのかなあ、

そうだったら感動ときめきだな、って思いました、にか。



 ……しっかし、おかし、かしおか、われながりゃ、ゆんゆん、出しまくりまくリスティーだ、な、


あ! あと、あと、ね、

マリさんっていふ眼鏡かけたた、
レイやアスカより身体的に成熟しているように見える女の人、

出てきたりり、

宇宙で不敵に構えちゃおるるイケメーンラー麺二郎ななカヲルが出てきたりりで、

それってば、当然次の『Q』へのpieceなのだろうけれどもも、


あるりら? アニメ的ユニクロ(分かり易い定番商品展開でしかもちょっと遊び心もお約束の範囲内である)

交流してるるキャラクタたちの外側にもセカイ、人、あるんだなーって意識できたから、

今回の『破』は、ちょっと人形劇から出れた感じしたのかにゃ、ッテモオモッタアルヨ、アタチ。


だけれどもモンキーウキー

なんかよく理解できないにょろにょろを出すきんもももい敵
                        
    
こいちゅみたひのとか

なんかよく理解できない事態の中(メイビー深刻な戦争)で、

で!

ヱヴァーに乗って戦ふ、そういふおはなちなのは相変わらずずん。

(合ってる? 分かりません。にかはさくらんぼなので何にも分かりません!ぴこ

映画的にはかなり完璧に把握されてアウトプットされたっものなのにに、

これぞ、すきぞ、大作アニメーションだわっ、って感じの

ペンペン場面は癒し

絵的にまさに破! って感じの特化した箇所も非常に多しなのでちぽすが、

安心ユニクロな感じのずっこけ的なキャラ同士のコミュニケーションしょんべうあー場面や、
(決してけなしているわけぢゃないの



萌え?ねぇ、これが萌えっていうの、な感じの

軽い胸キュン定番場面が、多し、

故に観易し、しー!なのでちぃぽ、

エンタメアニメとしてちゃんととどまれテルル。るるらら。


そこが、後半、比較的観念的な表現や宗教的な要素が入りこんできたどどもも、
(絵表現としては、実は前半から観念的表現多し)

桃ピーチ、

崇高な映像詩に舵をきった『イノセンス』と決定的な差異がでたとこかな、と、にかにか


ちょっと、ちょっと思った。ちぽ。


話、変わるけんども、ももんが、

えっと、こないだ『起動戦士ガンダム』全部観たのねDVDで。

したら、したららばななまん、ガンダムは、敵も

ザク! とか グフ! とか

昔流行りまクリスティーであったルーズソックス履いてるみたいに、なんか足とかもぶっとくて、

ガシッ!! ガ、ン、ダ、ム!!!ってfeelingで分かりやすいのだけれど、

さっきも書いたように、ヱヴァーは、なんかよく理解できないにょろにょろを出すきんもももい敵



なのね。

ひゃ、きもきもぽぽぽぽぽおうお、ってことだけは確かなのだけども、何にもわかんない感じ。

あ、そういえば! ガンダムはポールマッカートニーの太くて奥行きのあるる

わっかり易い声質みたひな感じー。

ガンダムも最後、ララっていう女の子が出てきて、

観念的な交わりをアムロとしてたですよね、そういえば。

あの場面も好き


ララは死んでしまうけれど。


 
ふにゅ〜〜、意外と、例によってヱヴァの感想、無駄に長くなりそうなりそ、


だから気が向いたららばい、次の記事に続くことにしちゃいます。


ごめ〜〜ん、いつも勝手で、ごめーん、生きてて、生まれてきて。

あははー

ではまたね〜〜

さくさくパンダ食べて気が向いたら書くよお、だってまだ思い浮かんでること十分の一も書いてないの。
 しゅん

にゅるにゅる〜〜


あ、アスカの台詞まわしってすてーきで!

「愚民」とかか、「馬鹿シンジ!」とか、きゃー、すてきちるどお。

わーぃコールドストーンアイス31のキャラメルリボンなみに素敵かわい


続くよヱヴァレビュー、メイビーさくさくぱんだ

(たぶん文太すがわら…・・・)

  ではねー、きのこおおおーーちゃおぴ〜〜




こんなひどいにか語、読んでくれてありがとね。

映画祭りあーんどアート祭りだよ、全員集合!!パート2

February 11 [Wed], 2009, 16:51
『ロルナの祈り』 http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tydt/id331785/

をば映画館にて観終えて、

うるるんしゅるしゅる感涙にむせびながら


ふはっ、は? 


恵比寿の夜風はめらっそつべたい凍るよこおるー母さぁーんぱふぉーん状態になりながら、

『ロルナの祈り』 撮ったダルデンヌ兄弟メーンは、

マイらぶりー北野武監督王の

『あの夏、いちばん静かな海』や『ソナチネ』の影響受けてこれ作ったんだよおー、

まぢそうに違いなちぽちぽ、そうなはずるるんば、間違いナ一いわーいるねっさーんすちんちーん

みたひなみたしな。


にか脳みその中だけでは、この考えが絶対ぱんやーうおに。

まぢ鉄板。な事実となったので。


こういう僕チンお得意の

妄想らぶりぃ超特急列車にJR恵比寿駅より移動してばばんばばん、

その夜のうちに絶対武映画観たぁーひなりましてて。


ずきゅーんずきゅーん胸打つ、DVD鑑賞大会へと突入したのでござるでござる。

にん。にきき。


なんで、にかが、

ダルデンヌ兄弟メーンが、北野監督の影響受けたって決め付けたかはね、


 まず、第一に。

登場人物たちの顔つきね


無表情で何事にも抑制がききすぎデマクリエーションで、

観ていて苦しいぐらいの両映画。


『あの夏〜』 の、真木蔵人
(サーフィン奥様のブログ、面白いね!ね!)

演じる主人公も、ロルナも、

特に映画の前半は生気や覇気が皆無な表情。

ひゅ〜るりひゅるりら〜。


 第二に境遇ね。

貧しい国からの移民で、ベルギー国籍とるという目的のために

――太陽の当たらない生活――

を好きでもないジャンキーと過ごしているロルナ。


聾唖者でごみ拾いの毎日、

――希望の音が訪れない生活――

をしている『あの夏〜』 の主人公。


んっんっ。

類似点は他にもたくさんあるのだけれどもけれども、


とりま、やぱり 第三音響の面。


『あの夏〜』はご存知ぢぢぢぃな方が多いと思うけれども、

久石譲様の冴え渡ってれぼりゅーしょなりーはんさむーん! な音楽が

基本的に静かな画面展開の中に効果的に使われていますよね。

一方、

『ロルナの祈り』の方は、映画を盛り上げる効果音として、音楽をほぼ排除していて、

淡々とドラマがすすんでゆくぽなの。


だけれど。ど。


ロレナが決意(それはただの狂気かもしれないけれどもど……)をする

ラストシーンにこの映画で初めて、 最初で最後の【音楽】 が流れるの。


(そこで、涙君、どばざどっつばざざざんになるのだけれども、ね)



そこでダルデンヌ兄弟メーンが流した音楽は、

なんとっ。

てぃり〜〜。

ベートーベン ピアノ・ソナタ32番。


聾唖だったベートーベンの最後のピアノソナタ作品。


孤独と向き合った末にベートーベンがたどり着いた悟りの境地的な音と

ロレナの心境と境遇の重ねあいはお見事なること富士山の如し

まぢ心の中でひとり劇場でスタンディンオベーションれのんしたわ、僕。


それに、邦題は、『ロルナの祈り』 なんだけどももすもも、

原題は↓

『LE SILENCE DE LORNA/LORNA'S SILENCE』


……そう、まさに 『ロルナの静寂』 なのでしゅよ。


ぷらす!

ミニマムなソナタ(響鳴曲)たるるーと意味の 『ソナチネ』


もここで繋がってくるるんぱなわけで。


おまーじゅでお? おっおとお? ねぇ、そうでそ? そ? ダルデンヌ兄弟メーン。


と音繋がりで語らずにはいられない不肖にかにかなのであったちぽっ。


音、以外でも、やっぱり北野武監督王へのおまーじゅやんかやんかな

ところ、あるのだけれど、またまた長くなっちぇきたから、

映画祭り3に続いちゃうよおやつほほい! 

ほほほいっしっこくしっこく。


あはは〜〜



映画祭りあーんどアート祭りだよ、全員集合!!パート1

February 10 [Tue], 2009, 23:17
しゅったか!


僕ちんは加速すりゅりゅりゅん


鬱々としたびょーきな感じがあっという間に遠ざかって点になる。

いい感じだわんわん

このままアート人間べムになっちょおう。おう。

スキ好きすーな、木葉功一さんのDropな感じで、ブログをば僕チンは展開してゆくよ、いえーい


恵比寿ガーデンシネマにて

ずっきゅーん!

『ロルナの祈り』http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tydt/id331785/



まず役者がめちゃくちゃうまいでござる。

にかにかちぽちぽアカデミー主演女優賞と主演男優賞は、アルタ・ドブロシとジェレミー・レニエ

差し上げたひと存じます候でござるござる。


ラストシーン。

ー何もない、なのに生きる、なのに愛するー

ばっきゅんふらわー、まぢ胸打たれた。

ロルナは最初全然人間らしくないのだけれど、初めて劇中、すっごく素敵に

笑うシーンがあるのね。

あぁ、人間になったんだな、愛に出会ったんだなって共感したら、

その直後、静かな悲劇が待っているる。

うるうる。

自転車のシーンよかっただぁ。だ!

蒼い自転車だった。蒼い。涙色の自転車。

あの自転車のシーンとラストのシーンをば思い出しただけでで茶碗一杯分なみだ出るまぢ。


麻薬中毒のクローディが、「目標が欲しいんだ」って言いながら

ロルナにすがりつくシーン、見事なメンヘル表現最上級・・・・・・

リアルだわりあるダワりるリアル。

まぁ、真人間ナ皆様は、この感想を読んでも、ハテナはてなが点灯すりゅばかりで、

わけわかめーしょんだと思われますので、

とってもちゃんと感想とか説明とかとか書いてあるる


http://yaplog.jp/yapcinemage/tb_ping/114

↑このお方の記事や

一緒に映画をば鑑賞した

http://d.hatena.ne.jp/naoya_fujita/20090206/1233909374

↑こやつの記事などを

参考にされたらよいかと思われます。

北野武監督ファンにはほんとにほんとにおすすめしまふ。

苦しい物語や孤独を感じたくない方には、全然お勧めいたしません。

甘いお話ではないのねんねん。


にんにん。


ずばっしゅうめっしゅ。


長くなったので、映画祭り2へと誰にも頼まれていまへんが、


たぶん、勝手に続きまーすちーぽちぽ。


えへへ。



『ダークナイト』 レビュー

September 03 [Wed], 2008, 2:23
http://wwws.warnerbros.co.jp/thedarkknight/

映画『ダーク ナイト』をばば、池袋にて鑑賞して参りましちゃ。

お客さんの九割ぐらいが男性だったかな。

配役と演出がスンバらしいですなな

大人向けの考えさせられる完成度が高い映画でしちゃ。

はい。

でも、わたしは、個人的にはこの映画、好きじゃないです・・・

暗い、怖い、ちょっとグロいっていうのもあるんですが、

が!

一番のnon好きな理由は、ちょっと女性が肩入れしたり共感したりするポイント

あまり無かったかなーと思ったからです。

「愛」も描かれているのですが、

あまり思いいれできにゃかったです。

もうちっと女性も丁寧に描いてくれるとうれしかったかもかも。

映画全体を通して、女性不在な印象を持ちましたですちぽちぽ。

ただ〜〜し!

観て良かったと思えるできの良い映画だったことはたしかでちち。

ジョーカー、怖ひー。夢に出てきそう。演技もうまーい。

はらー。

GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊2.0

July 24 [Thu], 2008, 18:07
YESTERDAY、新宿にて映画を2本観て参りましたちぽ〜〜


夕方、新宿ミラノ座GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊2.0


夜、新宿ピカデリー(写真)オープンしたばかり



すごい綺麗でおされな映画館ばぶばぶ!

おトイレも綺麗だし、また行きたい〜〜

色々売っているスナックなんかもいちいち美味しそう



崖の上のポニョ

をばば鑑賞。

すったか。


結論!

両方観て損は無し梨ナッシングぐう


やあー、いやー、特に攻殻機動隊は感動しました。


底辺に流れる宗教観やCGや世界観、ひっくるめて

すっげぇなぁあちぽす。

面白かったです。

星でいったら、五つ☆


こんなすごいの作ったスタッフさんと監督さんに拍手


崖の上のポニョも、にか的にはそれなりに楽しめました。

さすがジブリ様、駿様。


二つの映画に奇妙な共通点。

「童へ帰る」


う〜〜ん。考えさせられたなー、若干無理目なわたくしの脳みそでありますが。


やっぱりぱりぱり、映画っていいやん、新宿って夕方になっても暑いやん、


な満足DAYでござ。


ふふら、にか


北野武監督

March 10 [Mon], 2008, 5:38

『監督・ばんざい!』のDVDを鑑賞しましたでーちぽっ。

れぶぅー。

公開された時に、確か池袋の映画館で鑑賞済みでありましたが、

改めて観たらば、

ひど面白すぎるちぽでち(笑)

映画館にも、お客さんがまばらだったのにに、

中年のご夫婦が、映画の途中で、

まぢあきれ返ったようなお顔で席を立った光景が目に今でも浮かびまする。

ほんとにほんとに、ひどいのだけれど、

ひどさを追求したらばなぜか哀しいのですよお。るる。

井出ハカセだよ〜〜

の連発の後半とか、掛け値なしにひどいです(笑)

レビュー書いておいてなんですが、人様にお勧めをはいたしませぬ。

だって、ほんとにひどいから。

個人的にはひど面白がったのですが。がっぐえっがちょう。

江守徹さんとか、よくこの役引き受けたですよなあ・・・

役者魂よのおちいぽ。

(作為か分かりませぬが)ギャグとかセンスも古くて、もお、それも

哀ぴいよのお。うるるうる。

井出ハカセだよお〜〜

井出らっきょが、井出博士って名前だからだとかそうでないちぽだとか。

作品中にも、北野監督お得意の差別ギャグみたいのが

ちりばめられているのでちぽですが、

個人的には、う、う・・・んとちょっと距離を置いてしまう部分もあるのですがが。

なんだしょ。

クレージーな脳みそパッカかっぽじ開けて、

その中のイメージを映像で見せてもらった感じな映画でございました〜

ひどおもしろぶっ壊し映画大賞

にかちぽぽだよ〜〜

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ni_ka
  • アイコン画像 現住所:東京都
読者になる
AR詩とかモニタ詩とか DOMMUNEオフィシャルブックガイド2 「2012年の日本を発電させるカルチャーベスト100」の016でni_kaのAR詩を紹介していただいたり。 メールアドレス nika_nika_tipo(あっとマーク)yahoo.co.jp ご連絡、お気楽にどうぞです。
2009年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

La lune♡rRse&Papillon

La lune♡Blue rose&Ribbon

*White Rose Fountain*

Ice Flower

顔文字(♡・ω・♡)

顔文字♥

ありがとう

はじける キティ!

パンダが弾ける!

chouette 可愛いお花

La lune♡キティ花火

キラキラシャボン

ピンクを盛った打ち上げ花火

蝶々があふれ出すカーソル

chouette クリア

☆天使の羽(紫)*HoneyCandle☆

わあ

キラキラ★スターシャワー

キラ花火2段打上_寒色

キラキラハート

キラキラ宝石シャボン

マリオBダッシュ

Courtship♥