B.B. King『Live At The Regal 』

December 05 [Mon], 2005, 22:00

B.B. King
1925年9月16日米国ミシシッピ州生まれ。本名Riley B. King。名前の“B.B.”は、メンフィスでラジオ番組を行なっていた頃の愛称“the Beale Street Blues Boy”が“Blues Boy”となり、さらに“B.B.”と省略されたことによる。1949年初録音。ロニー・ジョンソンやブラインド・レモン・ジェファスン、Tボーン・ウォーカーらの影響を受けながら、シンガー・ギタリストとして自らのスタイルによるモダン・ブルースを確立。独特のスクィーズ奏法による切れ味鋭いブルース・ギターは、多くの若手ブルース・ミュージシャンやロック・ミュージシャンに影響を与えた。第一線で活躍するブルースマンの中で文字通りキングといえる存在。


ぼくはマディ・ウォーターズや、ジミー・リード、ロバート・ジョンソン等の曲をカバーしていたストーンズをきっかけにブルースを聴くようになったのですが、そのせいかダウンホームなスタイルのブルースが好きでした。そんな感じだったので、ブルースを聴き出した頃、B.B.はモダンな感じがしてちょっと敬遠していたところがあったんです。でも、いつのまにかぼくの耳も大人になったのか、B.B.のあのサウンドの良さがわかるようになっていました。太くてマイルドで暖かいあのトーン、ギターで女性を口説いているかのような饒舌な指の動き、B.B.のあのサウンドは一度好きになると他では味わうことのできない魅力に満ちあふれていると思います。音楽は好きだけどブルースなんてよくわからないわ、という人にはB.B.から聴き始めると良いかもなぁ、という気がします。ぼくみたいに初めてのブルース体験がロバート・ジョンソンだったりすると、ブルースなんて二度と聴くもんですか、なんてことにもなり兼ねないですからね…。
そんなB.B.が64年にシカゴのリーガル・シアターで行ったライブを収録したアルバムが『Live At The Regal 』です。彼のベスト・アルバムとして紹介されることも多いアルバムですが、ブルースのライブ盤のベストにもあげられる名盤ですね。とにかく熱いライブ盤で、女性客の黄色い声援が当時のB.B.の人気を物語っています。

“レディース&ジェントルマン、世界で最も偉大なブルース・シンガー、B.B.キングに暖かい拍手を!”というアナウンスの後に始まる1曲目「Everyday I Have The Blues」。ゴージャスなホーンセクションのイントロの後にB.B.のなんともいえない暖かいギターの音色が絡んできます。ブルース・シャウターぶりもなかなかのもの。そして“Real Old Blues”と紹介した「Sweet Little Angel」。まだ2曲目なのにこの時点でハイライトを迎えたかのような盛り上がり方は凄い!そしてまだ曲の途中なのかと思ったら、いつのまにか3曲目「It's My Own Fault」へ突入。この曲も最後に熱いギターソロを弾いた後、スローな「How Blue Can You Get?」へと移ります。2〜4曲目はブルース・メドレーだったんですね。5曲目「Please Love Me」はイントロがエルモア・ジェイムスを意識していますね。B.B.はスライド・ギターに憧れていたのですが、あまりモノに出来なかったらしく、その代わりにスクィーズ奏法をモノにしたようです。

ここでまだアルバムの半分ですが、続きはぜひ実際にアルバムを聴いてB.B.の熱いステージを楽しんでみて下さい。今年80歳を迎えたB.B.ですが、まだまだ現役で活躍しているのはファンとしては本当に嬉しい限りです。これからもブルースのキングとして後輩のブルースマン達を引っ張っていって欲しいものです。

ちなみにこのアルバム、輸入盤と国内盤ではジャケットが違います。上が輸入盤で、下が国内盤です。輸入盤の方が雰囲気があっていいですね。
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク 絵文字 プレビューON/OFF
画像認証  [画像変更]
画像の文字 : 
利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。

BBJBCDさん、こんばんは。やっぱりBBって最初はピンと来ない人が多いんでしょうかね。マディに比べたらBBは随分とっつきやすそうだけど、ディープな音楽が好きな人には逆に物足りないのかな。今となってはBBのファンですけどね。

by Okada December 07 [Wed], 2005, 0:19

私の最初のブルース体験はマディのあのLP(ベスト)だった
のでBBは最初は馴染めませんでしたね。何か小奇麗な音だなあ
と思いました。大体キングって凄い芸名だなと思ったくらい(笑)。
本名とは思わんよ、プリンスもよく名乗ると思ったくらいだから。
彼等が本名だと知った時はおかしいやら驚くやら。
アルバートにフレディにアールとキングさんは沢山居ましたが
最後に残ったのはBBだけなのは寂しい…。

ジャケは輸入盤がオリジナルで日本盤のは再発のジャケだそうです。
BBは日本のライヴも2枚組で出てましたね。発売当時は
ポスター付きだったそうで欲しいなあ。

by BBJBCD December 06 [Tue], 2005, 3:46

そうですね、ブルースのライブ盤は音が悪いものも結構ありますから、これは綺麗に録音されていて良いですね。よく考えたら40年以上も前の録音なんですよね。寺さんのカーオーディオは凄そうですね。ぼくは車は持ってないんですよ。移動中はもっぱらヘッドフォンでiPodです。羨ましいです。

by Okada December 06 [Tue], 2005, 0:43

こいつぁ録音もいいアルバムですよね(^^)ブルースを聴く時は自慢のカーオーディオもあまり全力を出さずに終わる場合が多いですが、3曲目「It's My Own Fault」では「It's my own fault, baby Treat me the way you wanna do」のTreatの声でサブウーファーがズシリと鳴り、驚いた事があります(^^)
私も最初はホーンセクションの入ったブルースとか苦手でした(^_^;)

by 寺さん December 05 [Mon], 2005, 23:47
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:Okada
  • 誕生日:1970年
  • 現住所:大阪府
読者になる
Instagram




2005年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Recent Comments
Okada
» Prince『Purple Rain』 (2014年07月02日)
Himiko
» Prince『Purple Rain』 (2014年06月29日)
Okada
» to be continued (2013年10月20日)
hiro
» to be continued (2013年10月20日)
Okada
» to be continued (2013年09月12日)
taco
» to be continued (2013年09月12日)
Okada
» to be continued (2013年09月11日)
Juke boxer
» to be continued (2013年09月11日)
coach sunglasses outlet
» Autumn Leaves (2013年09月10日)
Okada
» to be continued (2013年09月04日)
Music



























amazon



Allen Toussaint



Yapme!一覧
読者になる




My Photo Blog