久々すぎです 

January 24 [Thu], 2008, 22:42
月は流星の思惑通りに、大切な相手を見つけそして笑んでいる。
たまに流星の事を小さく呼んでは、寂しそうにしているがそれも時期に収まるだろう。
流星にとって月との年月は本当に欠片のような短い時。その中で月が小さい頃共に過ごしただけの流星を思い、あのにぎやかな人間の屋敷で寂しがるのはもっと儚い時なのだ。
じっと、山の中で今まで通りに過ごしていればきっとすぐ。
そう、すぐに月は流星を思い出さなくなる。
そうして幼子が大人へと成長し、一生を終えるのを見届ければ満足なのだと流星は考えた。
考えていた…。

「阿呆だな」

小さく呟く。
それに返すのは風音だけで、流星は笑った。
自分の心は正直だった。
小さく小さく呟くのだ。
『寒い』と。
幼子と共にいることで得た懐かしい暖かさ。そして、失う冷たさ。

「あの水の冷たさはまだ忘れられないか…」

流星はそう自嘲気味に零した。
その時だった。

「この涼しい中水に浸かられたのですか?」

不思議そうな、そして困ったような声に流星はハッとして相手のいる場所に目を向ける。
木の下。
それも流星の真下に男はいた。
線の細い、綺麗な男…。
月明かりに照らされたその『人間』は儚くそして美しかった。
一瞬、男の容姿に目を奪われたが流星はすぐに表情を硬くした。
この男の気配は一切感じなかったのだ。
天狗の流星に気配を悟られぬ者など、只者ではない。
そして何より、男は目にしているはずなのだ。
流星の背中に生えている漆黒の翼を。
『妖』の証を。

「美味しそうですね」

険しい表情で男を睨む流星に、男はにっこりと笑ってぬけぬけと言った。
一瞬、何を言われたか理解できずに流星は固まる。

「柿。一つわけてください」

そのまま、にこにこと男は流星のほうに手を伸ばす。
思わず呆けてしまった流星は、ハッとして声を荒げた。

「ふざけた事を抜かすな!!…お前…おどろかぬのか?」

流星の様子に男はムッと顔をしかめる。

「いいじゃないですか。柿の一人じめはずるい」

論点のずれた返答をされ流星は、ため息を付く。

「…貴様にはこの翼が見えんのか…」
「あぁ、綺麗な翼ですね。便利でしょうね…翼があるというのは」
「そうじゃない…」

流星の言う事をさらりとかわす男に、流星は頭痛がしてきた。
こんな事は初めてなのだ。
人を襲い、喰らう天狗として村人には恐れられてきた。
実際に会った人間は怯え、許しを乞い、泣き叫んだ。
流星は何もしなかった。
けれど、人々の反応はどの時代もずっと変動する事はなかったのだ。





*****************************************************************


久しぶりにブログ更新。
しかも続きです。
ちょっとこちらに書いてみました。
また続きを書いて、この分をUPしたいと思います。
ほんとうに亀脚ですみません。
見に来てくださっている皆様ありがとうございます、

お待たせしました! 

November 21 [Wed], 2007, 22:44
久しぶりにHP小説を書きました。
というわけで!長らくお待たせいたしました!
『月の童謡』の続編(になるでしょう。たぶん)です。

『流る星』の連載がスタートです!

題名からして、なんだかもーそのまんまやんけ!って感じですがお許しくださいませ(汗)
流星のなまえ『ながれぼし(りゅうせい)』には色々仕掛けがあるので、その関係でコノ名前になりました。
仕掛けはおいおいオープンしていきたいです。
今回のお話は流星メインで、月はあんまり出てこない予定。
月は幸せになりましたとさ、でお話が終われるけれど月を今まで育ててきた流星はひとりぼっちになってしまいました。
それが本人が望んだ事でもひとりぼっち。
それはかわいそうなので、流星の過去、現在、未来を通して幸せになるように書いていく予定です。
プロットは上がっていたのですが、なかなか文章に出来る時間が無く始まるまでに時間がかかってしまいすみません。
これからまた徐々に書いていくつもりなのでよろしくお願いします(>_<)
っていっても今回は(1)なのでさわりだけ…。
次回はなるべく早くUPできるように頑張りますー。

さて、卒論頑張らねば!はやくおわして更新したいっ

なめてました… 

November 19 [Mon], 2007, 17:33
実家に引越しが終わり、最近は12月締め切りの卒論に終われる毎日です。
なかなかこちらまで手が回らず、本当にすみません。
毎日来てくださる方がいるなかで本当に心苦しいです(>_<)
卒論早くおわしたい!
うちの相棒とはやく仲良くできるように頑張りたいです。
あ、車買ったんですよー★


さて、実家でやはり色々片付けなくてはいけないものも引越しに辺りでてきておりまして。
その一環で昔の本たちを思い出しまして、今日倉庫の中を漁りました・・・。
私では降ろせないところに7,8箱確認。
5,6箱だとおもってた私はうわぁとか思ったんですが…。
さらに祖母の発言で3.5箱分の書物を発見いたしました…。
どんだけ本持ってんだ…昔の私。
とりあえず、3.5はすぐに見れる場所にあったので中身を確認…。
漫画は少なく、おもに小説箱たち。
なつかしー!と面白くあさってました。
昔はコバルトっ子だった私の所持率かなり高くて…一時期は本屋の本棚がほとんど持ってるもので埋まってたような現実。そのため蔵書もすごくなってました。
懐かしいよ…榎木さん、本沢さん、金蓮花さん、藤原さん…他にもたくさん。
とりあえずコバルトは今でもラヴな樹川さとみ先生と朝香祥先生の作品だけ抜き出しておきました。
が、こんなことをいうのはなんだけど…売れないんだよねコバルト…。
あと他の文庫さんもたくさんあって…えぇ。人に見られると困るような文庫も…。
どうしようかと困り中。
とりあえず漁ってたらあとは漫画はコナンとか、女神候補生とかクランプ系がたくさんでてきました。
漫画はるろ剣と封神のみ抜き出す…。
で、やっぱり困るようなもんでてきたー!!

同人のアンソロとか…。
すでに旬をかなりすぎたジャンルさんのが多数…。
持ってたのか…と自分でも見に覚えがないアンソロが多数…。

3,5箱でこんなのなので今後あと残りの箱を開けるのが怖いです…。
しかし…よく集めたなぁ…。
引っ越す際に同人から手を引く予定でいたので…それでもオリジナルでやってましたが。昔の痕跡はだいぶ痛かったです。
けど、かずはじめ先生の漫画とかもってたのかー!とか色々楽しいのはありました。
なつかしす★こないだ古本屋で買おうと思ってたよー!

友達のみなさまよければなにか売る前にお貸しします。
声かけてね。微妙に古いのしか無いけどさ!



とりあえず本当に困る本どうしよう。
たぶん家に取りに来てもらって売る羽目になりそうだが…それでもいたたまれない場合はどうしたらいいでつか!

閉鎖いたしました 

November 01 [Thu], 2007, 11:23
といっても携帯用HPです。
MMの読者さま用に作っていたものなので廃刊したため閉鎖になります。
長らくのご利用がりがとうございました。
あとはこちらのPC用HPをよろしくおねがいします。

といいながら、何にも更新がなく申し訳ないです。
リアルが引越しだっためそちらまで手がまわりませんでした。
今日やっとPCがネットに繋がりました。なかなか手ごわかったです。
これでやっと出来ます。

とりあえず今日はココまで。
これから気張って電話します。繋がらないかなぁ〜。今回も5時間コースかなぁ。

とりあえず 

October 29 [Mon], 2007, 22:46
PC復活です。
どうなることやらと思ってましたが、大元さんは大丈夫なようです。
これでネットつなげるー!

さて、これから私のPCさんがネット接続できるようにしなきゃ…。

あはは 

October 27 [Sat], 2007, 23:30
部屋にただいま本気でなーんにもないため、携帯でひたすら動画鑑賞してます(^_^;)


某野球アニメ・・・今11話目。
学園天国とルル様の時と同じ状況だ・・・(汗)
今夜いくつまでいくだろう。やっとみんなの名前わかるようになってきたぜっ

あーあ 

October 22 [Mon], 2007, 23:19
今日はお友達とたくさんお話できて楽しゅうございました。
主に…アレなお話でしたが。。。

で、さっそくやらかしました。
見直しもなんも考えずにとりあえず打ち込み。
なんだかもーねー、な感じです。
いや、本気で作る気は2割くらいしかなかったのでつが…。
同居人がね、まだ色々終わらないのです。終わるまであたすも寝れないのです。
だから、暇だから打ち込みはじめたら終わりまでかけちゃったのでそのままここにUPします。
未だ彼女は終わらないので。これから別口の写真いぢりします。
さて…明日になったらけしたくなっそうだ。

















impatient


イライラする。
目の前の小さな頭を殴りつけて、怒鳴ってやりたい衝動に駆られた。
けれどソレをグッとこらえる。
そんな事をしたらさらに小さくなって、さらにこっちの話なんか聞きやしなくなる。
なんてやっかいなんだ。
思わず出たため息にも、目の前の小さな体はビクリと震えた。
小さな奇声たちが、こいつの今の心境を物語っていた。
他人に対して敏感すぎだ。

「…ほら、立てよ」

とりあえず、立たせようとして腕をひっぱれば激しく首が振られる。
あんな細い体のどこにそんな力があるのかというくらいそれは力強い。
その力強さが、前向きに使われりゃこんな苦労をしなくてもいいのにと思う。

「立てって。怒ってねぇよ」

だけれども、あいつはブンブンと激しく首を振るだけだ。
しゃがみこみさらにコンパクトな体がさらに縮こまってしまっている。
薄い体。
小さい頭。
細い首。
バカな考えだけれど、千切れないか少しだけ心配になった。
小さなことでまた怒鳴ってしまった。
こいつの態度が俺をイラつかせる。
イライライライラ。
けれども、それを沈めるのもこいつ。
大きな目が見開かれて、零れそうな涙を見たとき。
罪悪感とまたやっちまったって後悔。
そして…

いくつか声をかけてやれば、俺の思惑に乗ってだんだん強張りが取れてくる。

正直な体。
先程泳いでいた目はしっかりと俺を見据えて、そうして笑う。
満面の笑顔。
こいつって子供なんだって、思う。
子供だから大人の言う事は絶対で大人の対応一つで敏感に反応する。
嫌われたくないから一生懸命。
そして、子供だから表情を偽る事はない。

悲しければ、すぐ泣く。
力の加減なんかしないで、物事に取り組む。
怒られれば、際限なく落ち込む。
ほめてやれば、理解しようとしてやれば…。

満面の笑顔。

小さい小さい子供なんだこいつは。
だから…。
まだこんな感情はこいつには早いんだろう。

だからまずは『親』でいい。
とりあえずはこのポディションでいい。
一番の信頼を置く、その位置を俺にすれば満足してやる。

だから、その一番の笑顔を作らせてやれる事ができるのが誰だかちゃんと教え込んでやる。
イライラさせてもいい。
その後怒るかもしれないけれど、ちゃんとお前を笑顔にもどしてやるんだ。

だから、今は…。

今は。




END



あれ?何だろねぇ?これは。
結局おかしなところにいっちゃってマス。
あれれ??オチもおかしぃです。
ひさっっびさの版権です。

…本格的にハマリそだな。だけど、未だに名前言える人が4人から増えません。
あ、今日2人新たに覚えました(笑)

とりあえず約束はまもるな 

October 18 [Thu], 2007, 21:32
今日はリンク先の風原さんが御家にきてくれて、いろいろおそわったのな。
色々おしえてもらって、しかも色々面白HP見せてもらっておもしろかったのな。
けど、よくわからない約束もしたんだよな。


バット、結局ブラックキャット屋さんがカムするまで居てくれて、しかもダンボールを運ぶのをヘルプしてくれたのです。
オンリーワンだとディフィカルトだったからベリーベリー助かりました。
サンキューです。
しかし、5ボックス運ぶのに6140円とられました。
ちょっとアウチです。主に懐が。



一番上より二番目のがやりやすいっすよ!!
けど約束はまもりましたぉ。

ひどいね 

October 15 [Mon], 2007, 22:18
話題の五話寺くん見ました…なんですか?あれ…マジック??
かばん消えすぎだよ…食べてるもの違うし・・・・。

あれがまかり通ってたのが不思議…時間無かったのかなぁ…。
いいもの見せて抱きました。
さて、OP、EDは見えてません。

そして執事喫茶で食べれると言うケーキたべました。
薔薇の形がなんとも可愛らしくて素敵です。
紫芋とマロンのケーキ。ブルーローズです。

好物 

October 11 [Thu], 2007, 21:18
あの人の大好物という話を聞いたので、今夜の夕食はハンバーグです。
約束はまもりましたぜ!!
あと、さらに私信ですがまだアレ見てません。
そしてまた例の場所に色々UPしたのでよかったら覗いてみてください。

P R
2008年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:たね
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:8月27日
  • アイコン画像 血液型:B型
読者になる
趣味はライヴ・音楽鑑賞・映画鑑賞などなど。観覧も大好きです★ 基本楽しい事が大好きな人なので、楽しい事を発見すると飛びつきます!
Yapme!一覧