5文字以外の愛の言葉 

December 10 [Tue], 2002, 15:35
「もしあたしが右も、両方とも、耳聞こえなくなったら、どうする?」
「そしたら手話を勉強して、一緒に、手で話そうね」

元カレとは一年半続いた。
モノスゴクスキ、だった。
でもあっさりオワッタ。
あんなにスキだったのに、あたしからフッた。
はっきり言って、未練が全くない。
はっきり言って、どうでもいい。
ごめんYくん。

「そしたら手話を勉強して、一緒に、手で話そうね」
でもきっとこの言葉は、あたしの、人生で一番の言葉。
一番の、『愛』。

神様からの贈り物 

December 11 [Wed], 2002, 12:00
昨日、彼氏の仕事が終るまで、ス○バでお茶してボォッと待ってたの。
そしたら、隣りに座ってたおばさんがたの話が耳に入ってきて、
(だって超うるさかったんだもん‥)
ちょっと感動しちゃいました。
「子供って、つくるもんじゃなくて、授かるもんなのよねぇ」
あたしはイイ言葉だと思いました。
子供は、神様からの、贈り物なんです。空からの。天からの‥。

でもそのあとおばさんたちは、あたしがしみじみしてる横で、
「だってさ、下の子なんて、いつのトキの子か覚えてないのよぉッ(バシッ)」
「やっだーうちもよぉッ(バシッ)そんなものなのよねぇっ!」
「気合いれていざヤルと、なかなかできなくって!!」
「そうなのよーぉ忘れたころに、陽性、っとかって(バシッ)」
「あはははははははは」(バシッバシッ)
おばちゃーん、みぃんなに聞こえてるよぉぉ(^^;)

右から左へお流れ 

December 12 [Thu], 2002, 15:27
ところで、昨日、彼氏に会って、何度も同じことをゆわす彼に
ものすごいイラだちを覚えました。
「ダカラ、『来週のバイト』は月木日だから。いつもと一緒」
「そうかまだ学校あるもんな。再来週は?クリスマスとか、年末は、
 どうしようか?‥‥」
「そうだねぇ、それもいいかも。混みそうだけどね。みんなと忘年会するんなら
 早く決めてね。でも土日にしてね。バイト再来週は、冬休みだし、平日全部で
 希望だしてるから」
「そりゃ土日だろう。だから‥来週の土曜か、再来週の土曜か‥。あ、おまえ、
 『来週のシフト』はどうなった???」

この人、バカ???(=_=+)とか思っちゃったよー。
なんか思わずとおーい目で彼氏をみたってカンジ。
気づいてる人いると思うけど、あたしの会話の一番始め、「ダカラ」がついてんの。
その前にも聞かれてるわけであります。

あたし自身、実は左耳が聞こえない人間でありまして、
ちょっと回りがうるさいと聞き取れなくて、何度も聞き返すことがあるんですが
そおゆうときに、「だからぁ‥」ってイヤそうにゆわれることがあるんです。
何度も何度も聞き返してしまうあたしもなんだけど、
その、「だからぁ」って言葉、スキくないんだよね。

でもサァ??
明らかに、回りは静かだったし、彼はちゃんと両耳聞こえるし、なんてゆうか‥。
あたし、一昨日、来週のシフトが決まったときもちゃんと伝えてあるんだ。
きっと話は聞いてるんだよね。ちゃんとした反応、返事が返ってくるから。
‥。ちょっと前から気になってたんだよね。
なんで三度も四度も五度も同じことゆわすんだ?トシか?ボケか?
なんなんだァァァァァァァ!??

お食事会とゆう名の合コン 

December 13 [Fri], 2002, 15:29
あたしは合コンってどうも苦手だ。
愛想ふりまいて、なにがおもしろいのかわからない。
どうしようかなー。
めんどくさいな。でもこれもつきあい?
行くかぁぁ。でも医者、とかゆってたけど
どんな会話するんだろう?
つまんなさそー(-_-)でもどうせヒマだし。

彼氏に言っても「おお行ってきな」ってかるーく流されるんだろうな。
「いいなぁオレも行っていい?」とか真面目な顔してゆいそう。
言わなくってもいっか。
妬かせようなんて思って言ってみたりすんのやめよう。
どうせあいつ妬かない。そうゆう幸せな人だ。
30にもなると、自分に自信がついてくんのかね?

アルバイト探してる 

December 13 [Fri], 2002, 15:32
冬にPCのキーボードうってるとやたら指先が冷たくなって
ホントにカチンコチンに凍ったようになるから、
あたしは手袋をしながらやることにした。
あったかいが、打ちづらい‥。

バイトだった。
コンビニなので、おでんをやってるんだけど
片付けがかなりめんどくさい。廃棄もたくさんでて、心が痛む。
こんなに廃棄してて、世の中には食べられない人々が
たっくさんいるのに、それなのに‥、ホントに廃棄登録しながら悲しくなる。
たかがコンビニで、時給700円代のショボイバイトで、
いろんなヤな思いをしながらやってるのが苦痛だ。
ものすごい肩と頭が痛い。
でもやめられない。なぜ???
元カレのお店だったから?

大人の女への序章 

December 13 [Fri], 2002, 15:34
君は友達がたくさんいていいねぇ。
疲れてるから、だから、日曜はオフにしてくれーって
そうゆうから、ホントは会いたかったけど、じゃあオフってことでって。
それなのに、今日はしっかり飲みにいきやがる。
疲れてたんじゃないんかいッええ!?(タチワルイ*)

オレは友達とも親ともお前とも、仕事も、うまくやっていかせる、と
そうゆったあなたを、やっぱり大人だなぁと思った。
それで、ホントにうまくやってるからスゴイ。
要領いいんですね。ホントに。尊敬するよ。
でもね。なんかたまにムカつくんだよねッ!!
ただのヒガミだけど。彼氏にたいして*
あたしは違うんだもん。あなたと正反対。

友達少ないし(地元中心)親とはうまくいかないし(まだ反抗期)
学校つまんないし(就職難)。
唯一、うまくいってんのは、恋愛だけです。
一つのことしか考えられない。
でもその一つのことはトコトン。
それがあたしのウリなの。
だからさーそーなんでもかんでもうまくいってる、とゆうか、
うまくいかせてしまう君を、たまに羨んでしまうよ。
そうゆうの、でも、卒業しようね。って。さ。
つきあい始めよくゆわれたよ。
そんなんじゃ、もし、その一つのことを失ったら、なんも残らないよ。って。
わかってるっつーの。今までそうしてきたから、今こうなんじゃん。
だから、変わりたいから、あなたとつきあったの。
あなたとつきあったら、きっとかわれる。
自立した、大人になれる。
そう思った。

でも時間かかるの。
ずっとそうしてきて、いきなりはムリなの。
‥まだまだ、あたしは子供だよ。
飲んでくる、と聞いただけで、まさか女?と妬いたりするんだから。

なにがまずかったの? 

December 14 [Sat], 2002, 15:30
ううううう‥。ヤバイのど痛い‥。かなりイタイ‥。
最近コレやらなんやらにハマッてて寝るの夜中三時過ぎなの。
なんかやめられないじゃんッ楽しくって!
ちょぉぉぉぉぉ寒いんだよ、手とか足とか暖房つけずに、
イヤつけた方がいいなあぁって思うんだけど、でももう離れたくないの、
もういいやぁって、PC様に没頭!!!
時計を気にしながら、泣く泣くおわらしたころは
ホント体温34度もない、みたいな。
それがまずかったみたい‥(TOT)

今日、大学で一人でブルーになっちまったよ。
みんなホンット、大学生活エンジョイしてるってカンジ。
男女関係なく仲良くワッカになって座って、オシャベリしてて。
なんかやたら若若しく見えたりして。
あたしとかって、え?一人?隣、あいてますよー‥。みたいな‥。
大学入学したての時。
彼氏ができて、大学のハジメの大切ないろいろ(あるでしょ分かるでしょ)に
全然参加せずに、あたしは彼氏とばっか会ってたのよ。
その当時はそれはそれは幸せでした。
学生ってサイコォッ(ガッツポーズ☆)みたいな。
でもね‥。
それがまずかったみたい‥(TOT)

ああああ。いつしかあたしは一人。(4、5人くらいはいるけど)
気づいたらサークルにも入りそびれて、そしてあたしは一人。
まぁ。いいんだけどさッ。って、思ってたんだよ。イヤ強がりでなしに。
ちょっと前まではさ。ホントに思ってたんだよ。コレもあたし、って。
あたしはネ、どちらかとゆうとネ、地元の方がよくって。
地元をこよなく愛してて。(ジモッティー♪)(←死語?)
あたしと同じような仲間がいて。
そいつらがいてくれりゃあ別によかったんだよ。
「この地元を離れない宣言」までしたりしてさ。(単なるアホ)
ココがずっとあたしの居場所だわって、思ってたの。
でもさ?でもさ?でもさ?
その中の、もうホント15年来の仲良しこよしの親友がさ、
すっごいお目目をキラキラさせて、
突然あたしにこう言ったの。
「彼氏が会社辞めて地元帰るから、わたしもついてこうと思うの」
  へ?('';)??? はて??今なんと???
「だからわたしも青森行くの。向こうで就活する!」
  (TOT) 撃沈。

ステキなえっち 

December 15 [Sun], 2002, 15:57
昨日(土曜)、彼氏とデイトしました。
まぁ、きっとみなさんと一緒でしょう。
恋人同士がするようなことをしたんです。
昨日はたまたま、三時過ぎに会ったんです。
いつもは若若しく(まだあたしは二十歳ですから)一時なんです。

で、彼、あたしがチョイ風邪ひきさんでゴホゴホしてる横で、
超元気にニコニコニコニコしてんです。
たくさん寝れたみたいなんです。
「今日はそーとー寝た!!『ゲンキ』だぞう!!」と言ってました。(汗)
「二十歳のころにかえれるぞう!!」とも言ってました。(汗)
「覚えとけよーぅ」と言ってました。(汗)
柄にもなく「ウシシシシシ」とも言ってました。(寒)
調子に乗っていた彼は、居酒屋でそーとー飲みました。
もともと強いんですけど、でもトシとるにつれ弱くなったと聞いてます。
大丈夫なのかな、と思いました。

で。イイ時間になりまして。
「さぁレッツメイクラブ!!」で。
『ホロ酔い』がますます彼を調子に乗らせて、
あんなに飲んだのに、さらにお酒を買って、グビグビ飲んだんです。
500の缶三本、飲み干したんです。

で。もー超いい気分になって、
‥準備万端。‥‥。
ええあたしもいい気分になってました。
一緒になって飲んでました。
‥‥準備完了。‥‥。
「今日はマジ、もーやめてとゆわすから!」
彼はそんなことを言い残しました。

さぁ快楽の世界へ‥‥‥‥‥
ダァアアアイブッッ


アアッ もう超イイッッッ
およ???

ちょっとすると、気持ちよくならなくなったんです。
あら大変あたしゆるくなった???
そう思ってると‥。

アッ‥ッ

にゅるッ。‥(。 。)

あたしのあ○からでてきたのは
とてもとても小さな物体がはねかえされて出てきてました。

彼氏‥
不発弾をかましやがったんです。

きゃああああああ

考察と結論 

December 15 [Sun], 2002, 16:02
あたしはさ。
自分は、そんなものすごくヤな女じゃないと、思ってた。
うん思ってた。
でも、不発弾彼氏に(?)向かって
「バカじゃん」ってゆったんです。‥。

彼氏、飲みすぎるとホントダメなんです。
実は、もう三回目です。
調子にのって飲みすぎて、イカなかったの。
全く同じことを三回も繰り返したんです。
こっちの身にもなってくれぇぇぇぇぇぇとゆうカンジです。
そしたらついゆってしまいました。

でも彼氏はケロッとしてました。
まだ酔いがまわってんです。
なにが起きたか分かってないんです。
あたしはスネて寝てました。壁側を向いて。

そしたら、お風呂場から、オタケビが聞こえてきました。

チクショオオオオゥゥゥゥゥ
そのあと、「オイおまえ‥トシか?まだいけるはずだよな?」って、
きっと鏡の向こうの自分に問い掛けているのであろう声が聞こえてきました。

ちょっと言いすぎたかなと思い反省です。
でも三回もやられたら、こっちだって凹む。
でも愛情が減ったからじゃないよ、とその言葉を信じます。

「不発弾彼氏」のイイトコ、一つだけあるんですヨ。
浮気しないこと。てゆうか、そんなんじゃあ、デキナイでしょ。
ま。見逃してやるか。

あたしvsおかあ 

December 16 [Mon], 2002, 15:38
そうはゆったけどあたしはセコセコと会いに行く準備をしだして、
ちょっとイヤかなりルンルンで鼻歌とか歌ってて、
準備してる間、先ほどのメールをまた読み返したりして、
保護っちゃったりなんかして、
でかけようとしたら、‥
(♪スターウォーズ、ダースベーダーのテーマ)

「どこ行くの」
「え。ちょ、ちょっと‥コ、コンビニ‥?」
「なにしに」
「コ、コピー?」
「どれくらいかかるの」
「ご、五時間くらい‥???」
「なっんでたかがコピーに五時間もかかるのッッ!??
 あんた、風邪なんでしょ!?バイト休んだんでしょ!?イイと思ってるの!?
 だいたいなんであんた、遊びにいくことしか‥‥〇×☆±△♀∵★□‥」
「う、うそだよどこにも行かないよ‥ちょっとピーちゃんにエサを、と思っただけだよ‥」
‥‥‥とゆうわけで、会いたいけど、ダメなんだ‥
お前のお母さんか‥それなら仕方ないね‥
恐るべし母50才。
   P.S. うち、なんも飼っていません。(汗)
2002年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tink-tink
読者になる
Yapme!一覧
読者になる