つかれてる〜 

September 16 [Thu], 2004, 19:58
テスト疲れた!!!怒涛の四日間だったー(>_<)ビールのんで寝るぞ(v_v)zzz

my competence for the task 

August 23 [Mon], 2004, 0:42
自分の力量とその伸び幅を把握できる人になりたい。

つまり、何か自分が抱えているタスクがあった場合に
普通にこなした場合、どういう状態なのか。
またはすごく頑張った場合に、どれほど出来るものなのか。

それを把握していくには
ある程度の経験値が必要なのだろうと思う。
経験値をのばすこと、イコール失敗がつき物だということだろう。
失敗を恐れると、次の一歩が出せなくなる。
失敗を恐れずに邁進していきたいとは思う。

だが、その失敗が他人に迷惑をかけ、
その後、自分の責任感の無さに苛まれるものならば、
それは自分にとって、どんな結果へと導かれるのだろうか。

あることをきっかけに、そんなことをずっと考えている。
まだ答えはでていない。
そして、事態は良くも悪くもならず、歩みを止めている。
私は今後の成り行きに身を任せているところだ。
どうなるのか、とても怖い。

summer vacation 

August 22 [Sun], 2004, 0:35
翻訳に終われて、なかなか忙しかったけれど、
楽しい充実した夏休みだった。
そんな夏休みも今日で終わりだ。

ブログを更新するのも、勝手に夏休みしていたが、
今日からまた更新していこうと思う。

心機一転、スキンも変えてみた。

After rain comes fair weather. 

August 05 [Thu], 2004, 20:19


全然キレイにうつってないけれど、
実家の近くからの夜景☆
雨上がりに犬の散歩中さつえー。

あのひととの関係も今は
“After rain comes fair weather.”
だね☆

まだ翻訳、終わんない・・・。 

August 03 [Tue], 2004, 20:38


まだ全然翻訳終わらない・・・
なんだろう???この仕事の遅さは!!!
当初にたてた自分の計画の甘さにビックリ

そんな感じで仕事しながら、久しぶりにMariah Carryを聴いてみた
というのも、この間友達とカラオケに行って、
その子から「せっかく発音ネイティブなんだから、なんか洋楽歌ってよ」って
リクエストされて、試しにマライア歌ってみた。
そこで、なかなか好評だったので、
今度うたってみよーと思って、引っ張りだしてみたのです。

仕事中。。 

August 03 [Tue], 2004, 13:43


翻訳の仕事にここのところかかりっきりだ。
とりあえず、一週間くらい家にこもって執筆中。
あと半分くらいで完成だ
がんばれーーーー

夏の思い出 

August 03 [Tue], 2004, 13:38

去年の夏の思い出。
痛いなぁ

今はすごく良い関係だけれど・・・

いかんなぁ。 

August 02 [Mon], 2004, 10:37
ほぼ毎日更新するって決めたのに、
この頃はほぼ一ヶ月に一回の更新となっている(>_<)
だめだなぁ。

昔から思ってはいるが、
最近とみに実感として感じられることは、
【何かを定期的に“特に毎日”続ける事の難しさ】である。

自分で決めた事を続けることにネックとなる壁はいくつかある。
まず、思い立つかどうか。
思い立ちもしなければ、その後に行動などない。
次に思い立ったときに、即行動に移せるかどうか。
夢物語で終わらせるならば、それは完全なる理想であって、
目標を伴う行動ではないからだ。
そして、最後に一番難しいことが、それを続けること。

最初のモチベーションが続くことも難しいだろう。
気持ちにムラがあるのは、人間致し方ないことであるし。
やる気が弱っているときに、どう自分を行動に移させるか、
この方法を知っていたら
どんなに自分に強い自信を持つ事ができるだろう。
ちなみに、ここで書いている事は、根性論とはまた別のものである。

私の印象として、根性論は、「気持ちが弱いからできないんだ」
であるとか「頑張れば出来る!」といった現実状況を無視して
他人に根性で頑張れということを強制しているように感じる。
こういった励まして頑張れる人もいるとは思うが、
私は逆に嫌な気分になる。

自分自身で自分の状況を踏まえて励ますことは、
もちろん必要であると思う。
やはり自分自身の気持ちがついていかなければ、何事も進まないからだ。
しかし、心も身体もクタクタであれば、そこで立ち止まったり、後ろを振り向いたり
励まさないで十分に休息をとることも、
将来、進むべき時が来た際に、それが糧となることだろう。
ばねを十分に縮めれば、それだけ前に進む力も強くなるというものだ。

こういった自分の状態を客観的に読むことも
続けるという行為に大切な要素となりうるのではないかと近頃思うのである。

思えば、ここ数年で、続けられなかったことを挙げればきりがないくらいである。
まず今年あと半年弱あるわけだが、今年一杯、続けるということを念頭において
生活してみたい。
それを乗り越えた時に何が見えるかはわからないが、
やってみることに価値がある場合もあるだろう。

事故 

July 09 [Fri], 2004, 0:08
7月8日の22:30頃、電話が鳴った。母からだった。
どうやら妹が事故を起こしたらしい。
停車中のタクシーによそ見をして突っ込むという
弁解のしようのない完璧に非は妹にある事故だ。
不幸中の幸いといえば、誰も怪我ひとつしなかったと言うことだろう。
とりあえず、明日妹が迎えに来てさっぽろに帰るつもりだったが、
予定は全て組み替えなければー

医療現場では現在、ヒヤリハットの事例を多く集め解析することで、
その裏に起こり得る医療事故を未然に防ぐというシステムが
上手く働いている。
患者さんに障害は及ばなかったが、
ヒヤリとしたことや、ハッとした出来事の中で
適切な処理をしなかったら事故になりうる
予想外の自態を食い止める動きである。
アメリカのハインリッヒという技師が発表した法則
ハインリッヒの法則を元にこのインシデントを解析している。
それは、労働災害の事例の統計を分析した結果、
重大災害を1とすると、軽傷の事故が29、そして無傷災害は300になる
という結果が導きだされたものである。

ヒューマンエラーは常にそこに起こり得るものである。
おこってしまったことは、取り返しのつかないことである。
もちろん、事故を起こしてしまった人はそれなりの責任をとり、
反省し、謝罪し、そして諸問題を自らの力で解決していかなければならない。
しかし、もう既に起こってしまったことについて、
その点において、ただ責めるのは発展性のないことだと思う。
人間だもの。
時には事故を起こしてしまう危険性を誰でも内に抱えてる。
原因・結果・起因する問題など分析して今後に活かす、
または、そういう事故の起こらない環境を作り出すことも必要だろう。

今回の妹の事故は、まだ詳しいことはよく分らないが、
ハインリッヒの法則のように、もしかすると、今までに小さなヒヤリの上に
あった事故かもしれない。
ヒヤリやハッに気がつかないで、大きな事故になってしまったのかもしれない。

今日からスタート!! 

June 16 [Wed], 2004, 23:53
仲の良いすごく尊敬するt先輩が去年から毎日ブログを欠かさず書いてる。
わたしも羨ましくなっちゃったから、今日から毎日更新してみよーかなぁ等と思ってます
いつまで続くかわかんないけれど、ほぼ日みたいに、
ほぼ毎日更新できることを目標に気楽ーにやっていこう

今までサイト運営を何回かしたことがあるけれど、
どれも定期的に更新しないままなんとなく忘れていき、
日常から自分のサイト運営が抜けていった。
そのときの教訓からいうと、
デザインとかに凝りすぎて、運営する前に力尽きていた感がある。
だから、今回はテンプレートで運営できるblogでもう一回、
サイト更新生活に入り、波に乗れたら今までの葬りさられたサイト達を復活させようかと考えている。
だからまずは一ヶ月続けられるかどうか、やってみよう
目標は短い期間で区切って成功させていくのも、達成への手だ!!
大きな期間をマクロな視点で見ていくのも大事だけれどね☆
2004年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:timewilltell
読者になる
Yapme!一覧
読者になる