アキと春子と私の青春

July 12 [Tue], 2016, 14:41
『黄色いマンション黒い猫』より
(小泉今日子著)

 アキと雨の表参道を歩いた。私はオレンジ色の傘、アキは青い色の傘をさして。
 アキと同じ年くらいの頃、私は表参道の真ん中にある横断歩道で信号待ちをしているふりをしながら芸能事務所にスカウトされるのを待っていた。持っている洋服の中で一番可愛い服を着て、お気に入りのタータンチェックの帽子をかぶって。アイドルに憧れて、夢は必ず叶うと信じていた。だからいつも胸がドキドキドキドキしていた。ドキドキしながらいつも何かを待っていた。でも、思い描く未来は明る過ぎて眩しくて真っ白く光っているだけで目つぶしを喰らったみたいに何も見えていなかったのかもしれない。
「ママ、どうしたの?」
 振り返るとアキが心配そうに私を見つめている。あの頃の私にとっては思いもよらない未来に今私は立っている。アキが私ぐらいの年になった時、オレンジ色と青い色の傘をさして二人で歩いた表参道を思い出してくれるかな。未来のアキはこの表参道を誰と歩いているのだろう。
 約一年間、朝のドラマでヒロイン「アキ」の母親役「春子」を演じた。若い頃アイドルを目指して、故郷を捨て、親を捨て、家出までして上京した東京で夢に破れ、タクシー運転手と結婚して娘を生み家庭に入った専業主婦。そして年頃になった娘はかつての自分と同じアイドルの道を目指し始める。私は子供を持たなかったが、役を通じて母親の気持ちを体現できるのは女優という仕事の面白いところである。ヒロインを演じた能年玲奈ちゃんの瑞々しさはアキそのもので、この子を全力で守りたいという気持ちにさせる魅力的な女の子だった。ドラマの中でアキの成長はそのまま能年ちゃんの成長だった。これはもうドラマを超えたドキュメンタリー。大人たちの中で懸命に頑張る彼女の姿を見ていると過去の自分をよく思い出す。
 私は春子の目指したアイドルになって16歳の時から大人たちの中でたった一人闘っていた。楽しかったけれど辛かった。辛かったけれど楽しかった。
今となれば宝石箱にしまっておきたいくらいキラキラした時間だった。その頃の私は時間があるといつも表参道を歩いた。行きつけの美容院の帰り道、歌のレッスンの先生の家からの帰り道、お店のウィンドウに飾られたディスプレイを見ながらぶらぶら歩いていた。中学生の頃から原宿が好きで日曜日には毎週のように友達と遊びに来ていたこの街を歩いていると、自分を見失わずにいられるような気がした。歩き疲れると歩道橋に上がって行き交う車や、歩道を歩く人々や、真っ直ぐに並んだ街路樹を眺めながら一休みした。
 春子がなれなかったアイドル。私がならなかったお母さん。人生は何が起こるかわからない。どこで何を選んで今の人生に至ったかはもうわからないけれど、ほんの小さな選択によって、春子が私の人生を、私が春子の人生を送っていたのかもしれない。私が選ばなかったもう一つの人生。だから、春子とアキ、私と能年ちゃん、二つの関係が物語を通して同時に進行するという不思議な体験をしている。
 例えば、春子は過剰なほどに娘を守ろうとする。自分と同じ苦い思いを味わってほしくないという思いが春子をそうさせる。娘を傷つけようとする敵に対して牙をむき暴言を吐き大暴れする。母親ならではの戦いっぷり。でも私の場合は、苦い思いも挫折も孤独も全て飛び越えて早くこっちへいらっしゃいという思いで能年ちゃんを見守る。まさに「その火を飛び越えて来い!」という心持ちで待っている。すぐに傷の手当ができるように万全な対策を用意して待っている。先輩ならではの立ち振る舞い。こんな風にフィクションとノンフィクションが同時に起こっている不思議な体験はなかなかできることではない。あまちゃんマジック。いやいや能年マジックなのだと思う。彼女が私の心を動かすのだ。
 先日、全ての撮影が終了して、スタッフ、キャスト、関係者各位勢揃いでの打ち上げパーティをした。これだけ注目されたドラマだから芸能マスコミも黙っていない。一次会会場のホテルは勿論、二次会の会場にも潜入者が交じっていたらしく、その模様が雑誌に掲載された。別にいいんだ。悪いことしているわけじゃなし、撮りたきゃ撮ればいいさ。載せたきゃ載せりゃいいさ。そんなことはどうでもいい。だって楽しかったんだもん。
 二次会が終わり、能年ちゃんが帰った後、大人のキャストと現場にいたスタッフだけが残り三次会が始まった。大きなカラオケルームだったけど、歌を唄う人なんか一人もいなくて、撮影を振り返って楽しい会話が弾む。みんな朝まで帰らずにずっと笑顔で語り合っていた。どれだけ楽しくて幸せな日々だったのだろう。
能年マジック恐るべし。
 撮影中に二十歳になった能年ちゃんに、三つの鍵のついたネックレスを贈った。大人になるために必要な鍵。ゆっくり慎重に楽しんで大人のドアを開いてほしい。ドアの向こうはいつでも未来が待っている。必要ならばいつでも私も待っている。
「その火を飛び越えて来い!」
  • URL:http://yaplog.jp/times6823/archive/20
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
>モスラさん

FRIDAYものんちゃん側に廻りましたし、少しでも明るくなればいいですね。

ところで。私は、赤ポチ部長からおかま担当部長に任命されました。
宜しくお願いします。

詳しくは部長のところで😃。

July 24 [Sun], 2016, 11:37
こんばんは。
さんかくさんから、モスラさん宛ての
質問コメントがまた入っていますので
連絡させていただきました。
July 21 [Thu], 2016, 22:31
こんばんは。
私のブログに「さんかくさん」という方から、
モスラさん宛ての質問コメントが入っていますので
連絡させていただきました。
July 20 [Wed], 2016, 19:51
>みよさんさん
深いです😃
このまま味わって読めるとてもいい文章です😄
「この火を飛び越えて来い!」

ついに飛び越えましたね。

週刊文春のインタビューと併せて読むととても味わい深いです。

では。
July 14 [Thu], 2016, 5:15
みよさん
モスラさん
やっぱし改めて読むと深いですね。
>私は春子の目指したアイドルになって16歳の時から大人たちの中でたった一人闘っていた。楽しかったけれど辛かった。辛かったけれど楽しかった。

当時のアイドルみんなこうだったのかなぁ。
でも、真に楽しいってのはこういうことだと思います。

そして打ち上げのくだり…
二次会にもマスコミ来てて、雑誌に載せられたって分かったら腹たちますよね。それも飲み込むほどの楽しさ、そして能年ちゃん帰った後の大人たちだけの会話。
それを能年マジック恐るべしと言い切っているあたり、やはり能年さんの存在感、表情、演技の素晴らしさに皆魅了されていたんですよね。
全力で守りたいと思わせるなにかがあるのよねー。えーえー。小泉さんの芸能界を知り尽くしてる力量に、能年さんをお願いしたいですね。
July 13 [Wed], 2016, 23:01
お晩です。
三つの鍵のついたネックレス
頼んまっせキョンキョン!
お疲れさまでした。m(__)m
July 13 [Wed], 2016, 21:55
>サンペガさん
今読むとより沁みてきますね。
小泉さんの文章、含みが多くていろいろ想像しちゃいます。
July 13 [Wed], 2016, 21:27
こんばんは
小泉さんのエッセイ紹介してもらってありがとうございます
小泉さんがかっこよすぎて感動しました!
みんなが能年ちゃんの力になりたいと思わせる能年マジックの凄まじさを感じます
大きく歩みだした能年ちゃん。
能年マジックがあればどんなことも乗り越えられると思います
July 13 [Wed], 2016, 21:12
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:モスラ
  • アイコン画像 血液型:B型
読者になる
2016年07月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像ジョニ吉
» バウスシアターとPARKS (2017年06月24日)
アイコン画像サンペガ
» 漫画アクション5/16日号買いました😊 (2017年05月07日)
アイコン画像モスラ
» 町山智浩トークライブLECTURE.3 (2017年05月07日)
アイコン画像バイク馬鹿
» 町山智浩トークライブLECTURE.3 (2017年05月07日)
アイコン画像バイク馬鹿
» 町山智浩トークライブLECTURE.2 (2017年05月03日)
アイコン画像モスラ
» 町山智浩トークライブLECTURE.3 (2017年05月02日)
アイコン画像サンペガ
» 町山智浩トークライブLECTURE.3 (2017年05月02日)
アイコン画像モスラ
» 町山智浩トークライブLECTURE.2 (2017年05月02日)
アイコン画像バイク馬鹿
» 町山智浩トークライブLECTURE.2 (2017年05月02日)
アイコン画像モスラ
» 町山智浩トークライブLECTURE.2 (2017年05月02日)
ヤプミー!一覧
読者になる