UGG ブーツ

November 21 [Wed], 2012, 17:25
UGG ブーツきつい、汚い、危険の3Kスポーツとも言われてきたが、ラグビーを愛する人はそんなことは思っていない。愛好家が作った「ラグビー」の当て字には、いくつかあるUGG クラシックトール。楽しさと苦しさを備えるスポーツだから、「楽苦備」。楽しくて、苦しくて、でも美しいスポーツだから、「楽苦美」。苦しいのは当たり前、UGG クラシックショート楽しくて、美しいから、「楽美」。本コラムでは、筆者の好みによって「楽苦美」を採用。さまざまな角度で語っていきたい。

さて、毎年6月と11月、世界のラグビUGG ブーツー界は国代表の交流月間である。日本代表は欧州遠征で、ルーマニア、グルジアに勝利した。1973年に始まった日本UGG クラシックトール代表の欧州遠征で、欧州の国代表の勝利するのは初めてのこと。もっとも、フランス、ウエールズなど強豪国と主に戦ってきたので当然の結果ではUGG クラシックショートある。

今遠征はターゲットが明確だった。欧州の大型選手のパワフルなプレーに慣れ、その圧UGG ブーツ力のなかで正確な攻撃を磨き、日本の弱点とされるスクラムを強化する。過去によくあった「若手を試す」という冒険的なUGG クラシックトール遠征とは一線を画していた。遠征前、世界ランキングは16位だったが、18位のルーマニア、15位のグルジアを破ったことで15位に上がった。試合内容も良かった。強力FWの圧力に耐えながら、前半最後、試合終了UGG クラシックショート間際の疲れが出てくるところで、ミスのない連続攻撃を仕掛けた。地に足着いた強化がようやく動き出したという気がする。

ここ数年の日本代表強化はマッチUGG ブーツメークに苦しんできた。1987年から始まったラグビーワールドカップ(RWC)で過去1勝しかしていない日本代表は、強豪国との対戦がなかなか実現できなかった。しかし、2019年RWCが日本で開催されることが決まり、世界のラグビーUGG クラシックトールを統括するIRB(国際ラグビーボード)も、日本代表強化、日本国内でのラグビーの盛り上げに積極的になっている。日本代表の岩渕健輔GMが世界を飛び回ってネットワークづくりに奔走していることも奏功。来年6月には世界ランキング8位(11月21日現在)のウエールズが来日する。

蒸し暑い時期に、世界一のフィットネスを目指して鍛える日本代表が走り勝つ。エディー.ジUGG クラシックショートョーンズヘッドコーチの筋書き通りに事が運べば、日本ラグビーにはさらなる追い風が吹く。日本ラグビーを盛り上げるには、一つずつ進歩が確認できるチーム作りと、ファンを惹きつけるマッチメークが必要だ。いい流れができつつある。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:timber0444
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/timber0444/index1_0.rdf