水虫を治すには、竹酢液入りの水虫薬がおすすめです。

June 03 [Fri], 2016, 22:12
水虫って、繰り返すからイヤですよね。
市販の水虫薬をつけると、数日間は水虫のかゆみが収まって、
「治ったかも」
と思いますが、また数日すると足指の間がかゆくなってきませんか?

市販の水虫薬は、水虫菌を殺菌する作用があるのですが、殺菌力が
強すぎるので、皮膚に見えないほどの傷が付くことがあります。

傷が付いたままで日常生活を送ると、また菌が傷口に入り込んでしまって、
水虫が再発しています。

そうならないためには、竹酢液が入っている水虫薬が良いです。
竹酢液(ちくさくえき)は、竹から出来る植物性の液体で、肌の角質層の
奥深くまで浸透して、水虫菌を追い出してくれる働きがあります。

また、なめらかな肌に整える効果もあります。

竹酢液入りの水虫薬でおすすめなのが、「クリアフットヴェール」です。

クリアフットヴェールをおすすめする理由は、この竹酢液のほかに、
CPLという成分もはいっていることです。

CPLは、水虫菌から肌を守るための成分で、水虫菌が入り込むのを
ガードしてくれます。

竹酢液で、肌の奥深くの水虫菌を追い出し、CPLでしっかりガードしてくれる
ので、繰り返しの水虫の悩みを解消してくれます。

何回も水虫になってイヤな思いをしている人には、おすすめできる
水虫薬ですよ。

詳しくは、以下をご覧ください。
▼ ▼ ▼



足の匂いが気になる。もしかして、水虫?

June 03 [Fri], 2016, 22:11
パンプスや革靴を履いてると、足が蒸れます。
女性の場合は、ストッキングも履くので、よけいに蒸れやすいです。

それで最近、「足が匂うな〜」と思っている人は、水虫菌にやれらている
かも知れません。

痒みはないのに、足の皮がめくれてくる場合でも、水虫を疑った方が
いいです。

水虫は、放っておいても自然に治ることはありません。
水虫の原因になる白癬菌は、カビの仲間でしつこい菌です。

水虫だと思ったら、皮膚科に相談するのが一番手っ取り早いですが、
水虫で病院に行くのが恥ずかしい人もいますよね。

ドラッグストアでは、水虫薬がたくさん売っているので、市販の
水虫薬を付ける方法もあります。

でも、水虫薬は殺菌力が強すぎるので、肌に傷がつくことも。
そこから、白癬菌がまた入り込んで、水虫を繰り返す場合もあるので、
あまり使いすぎるのも考えものです。

殺菌するだけの水虫薬じゃなくて、菌そのものを足から追い出して、
足の傷をガードする水虫薬をおすすめします。

クリアフットヴェールなんかは、そうした、「根本的に水虫を治す」
ための水虫薬です。
水虫の最終兵器と言われているだけあって、効果てきめんですよ。

バスマットは、水虫菌の温床です。

June 03 [Fri], 2016, 22:10
バスマットは家族みんなで使うので、水虫菌が発生しやすい環境に
あります。

特に、最後に使う人はバスマットが湿っていて、水虫菌が繁殖している
危険性も。

足の裏に小さなキズが有ると、そこから水虫菌が肌に侵入してくるかも
しれません。

なので、バスマットはいつも清潔にしておくこと。
また、速乾性の高いバスマットを使うと、菌の繁殖を抑えることが出来ます。

最近は、珪藻土のバスマットが流行っています。
すぐに乾くし、表面もさらさらして気持ちいいです。

珪藻土のバスマットなら、水虫菌の発生を抑える効果がありそうです。
とにかく、水虫になりたくなければ、ジメジメした環境を避けること
が大切です。